4分間のマリーゴールド 7話:藍(横浜流星)「おかわりあるから」に廉兄と視聴者涙!自分の道へ

2019年11月22日に放送されたドラマ『4分間のマリーゴールド』7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

7話では、藍と廉兄のお互いを思う気持ちに注目。
進路のことでぶつかりますが、お互い自分の道を進みます。

TV放送を見逃した方へ!

『4分間のマリーゴールド』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『4分間のマリーゴールド』7話のあらすじネタバレ

花巻家では、花巻みこと(福士蒼汰)と花巻沙羅(菜々緒)の婚約パーティーが開かれていました。パーティーでは、招待客達が2人の結婚を祝い、花巻藍(横浜流星)の手料理に舌鼓を打ちます。

そんな中、進路に悩む藍。兄の花巻廉(桐谷健太)は、藍の大学進学を望んでいました。しかし、藍は料理の勉強がしたいと考えており、みことと沙羅は、そんな藍を応援します。

一方、元カノ・千冬(磯山さやか)と食事をする事になった廉。千冬が結婚し、実家の旅館の経営も順調で、幸せな日々を送っている事を知った廉は、 「別れて正解だった」と考えるのでした。

翌朝、廉に料理の勉強がしたいという藍でしたが、廉は学歴がないと困るからと聞く耳を持ちません。高校中退で、就職にも苦労した廉は「学歴が大事」だという強い信念を持っていました。みことは、藍の話を聞くよう廉を説得します。廉は、みことの父親との思い出を語り、藍が一人前になるまで、自分が支えようと心に決めている事を、みことに話すのでした。

大学入試当日、会場の前には行ったものの、試験を受けずに帰宅した藍。どうしても料理の勉強がしたい藍は、廉に感謝しながらも、頭ごなしに反対する廉ではなく、母親に相談する事を口にします。母親に代わり、藍の面倒を見てきた廉は、激しくショックを受けるのでした。

その夜、1人居酒屋で酔っ払う廉の元に、千冬が駆けつけます。そして、酔い潰れた廉を家に送り届けた千冬。千冬との久しぶりの再会に、沙羅とみことは喜びます。廉は、昔から自分そっちのけで、千冬や兄弟の事しか頭になかったと話す千冬や沙羅ら。千冬は、10年前、廉と一緒に旅館を継ぐ事を望んでいたものの、兄弟を放って家を出る事ができない廉に、別れを告げたという過去を語ります。廉と千冬の様子を見た沙羅は、2人が未だにお互い想い合っていると感じます。

翌朝、廉の家族に対する想いを知った藍は、昨日の出来事について、廉に頭を下げます。藍は料理に対する熱い想いを語り、「自分の将来と料理を信じてほしい」と、廉に、一杯のお粥を差し出します。藍のお粥を口にした廉は、涙を流すのでした。

帰宅した藍に、料理学校のパンフレットを差し出す廉。廉は「やるからには半端で終わらすな」と、藍の背中を押します。

そんな廉に、みことは「後悔のないように、自分のために生きてほしい」と伝えます。すると、突然家を飛び出した廉は、千冬の元に向かいます。そして「ずっと忘れられなかった。ずっと好きだ」と本音を伝えます。廉の想いを聞いた千冬は、本当は結婚していない事を告白するのでした。

その頃、部屋で絵を描いていた沙羅の身体に異変が起こり、沙羅は倒れてしまうのでした。みことが駆け付けます。

『4分間のマリーゴールド』7話の視聴者の声は?

『4分間のマリーゴールド』7話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

藍(横浜流星)「おかわりあるから」が沁みる

まとめ猫

お粥の「おかわりあるから」がこんなに沁みるなんて…。廉兄のなかではずっと「ちびすけ」だった藍くん。「自分の将来と料理を信じてほしい」と自分の言葉で説得した藍と、大人になった藍くんを認めた廉兄の素敵なシーンでした。

『4分間のマリーゴールド』7話まとめ

救命士の話、みことと沙羅の恋愛パートがない分、家族物語に集中していて見やすい回でした。藍くんの進路の迷いがなくなり、家長の肩の荷が下りたような廉の様子が清々しかったです。廉は、彼女・千冬(磯山さやか)前では家族の話ばかりで、最終的に捨てられてしまいましたが、逆に、当時家族の前では千冬の話ばかりだったと、千冬が知ったのはよかったのではないかと思います。最後、廉の「よっしゃ」に私もガッツポーズでした。

まねき猫

廉主人公、千冬の旅館に婿入りサクセスストーリーが見てみたい。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。