4分間のマリーゴールド 9話:トラックが花巻家キューブに衝突!長い信号は事故のフラグか?

2019年12月6日に放送されたドラマ『4分間のマリーゴールド』9話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

9話では、みことと沙羅を襲ったまさかの交通事故に注目。
トラックが正面から衝突してきます。

TV放送を見逃した方へ!

『4分間のマリーゴールド』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『4分間のマリーゴールド』9話のあらすじネタバレ

ある日、花巻沙羅(菜々緒)の中学の同級生で小学校教師・滝沢卓(市川知宏)からの依頼で、小学生相手の救命救急の講習会を行う花巻みこと(福士蒼汰)ら消防署の面々。時間との戦いの中、絶対に助けるという強い信念を持って、救命に取り組んでいる事をみことは沙羅に話します。

一方、料理の専門学校の面接を終えた花巻藍(横浜流星)は、沙羅から高校卒業後、離れ離れになってしまう遠藤琴(鈴木ゆうか)との関係を心配されます。意を決した藍は、琴に告白し、2人は付き合い始めます。

また、花巻廉(桐谷健太)も、みことと沙羅の結婚式の招待状を渡しに、千冬(磯山さやか)の元を訪れます。突然の廉の訪問に驚く千冬でしたが、廉の告白を受け入れます。

最近、花巻家の雰囲気がよくなってきた事を喜ぶみことと沙羅。みことは沙羅に婚約指輪をプレゼントし、2人は幸せになる事を誓い合います。

2019年6月、緊急出動したみことらが向かった先は、滝沢が勤務する小学校でした。そこには階段から落ちて怪我をした生徒・直哉(川口和空)の姿が。みことらが、直哉の手当てをしていると、突然、滝沢が倒れてしまいます。滝沢は直哉をかばい、階段から落ちた際に、頭を強打していたのでした。

病院に運ばれた滝沢は、急性硬膜外血腫で目を覚まさない可能性もあると診断されます。突然の出来事に、ショックを隠せない沙羅を、みことは励まします。

救命のパンフレットを届けに、小学校を訪れたみことは、直哉に出会います。直哉は、滝沢が自分をかばって怪我をした事に責任を感じていました。直哉は、普段から気にかけてくれた滝沢先生に「謝りたい」「元気になってほしい」とみことに話します。みことは直哉と一緒に、滝沢が世話をしていた花壇の手入れをします。みことから直哉の様子を聞いた沙羅も小学校を訪れ、「滝沢はいつも諦めない」「諦めないで花を咲かせたら、きっと先生元気になる」と、花壇の手入れをしながら、直哉を励まします。

滝沢の元を訪れたみことは、滝沢と手を合わせます。ところが、滝沢の「死の運命」を視る事ができず、みことは愕然とします。帰宅したみことは「死の運命」が視えなくなった事を、沙羅に知らせます。みことは沙羅と手を合わせますが、やはり「死の運命」を視る事ができず、突然の出来事に、みことらは戸惑います。

花壇の手入れをし、滝沢の病室に向かったみこと、沙羅、直哉。直哉は泣きながら「先生目覚まして」と滝沢に話しかけます。すると、滝沢は意識を取り戻すのでした。

「死の運命」が視えなくなったみことは、「ひたむきに目の前の誰かに全力を尽くす事、そのために前を向く事が奇跡を起こす」と感じます。みことは「前だけを向いて、沙羅を守る」と、沙羅に宣言し、前を向いて救命救急に取り組み始めます。

そんな中、青葉広洋(佐藤隆太)が帰国し、花巻家を訪れます。
海外にいる花巻家の母・花巻理津(麻生祐未)から話を聞いて、沙羅の「死の運命」について知った広洋は、みことらの落ち着いた様子を見て、花巻家の絆が強まったと話します。

翌日、車で出かけたみことと沙羅。信号待ちの間、2人は幸せを噛み締め、微笑みあいます。すると、突然、対向車線からトラックが突っ込んでくるのでした。

『4分間のマリーゴールド』9話の視聴者の声は?

『4分間のマリーゴールド』9話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

まさかの衝突事故!長い信号シーンが波紋

まとめ猫

全く不意打ちだった人、何か嫌な予感がしていた人、様々な反応がありました。個人的には沙羅が、衣装合わせの前に美術館鑑賞を無理やりねじ込んだあたりで怖くなってきました。

『4分間のマリーゴールド』9話まとめ

まさかの交通事故で言葉を失ってしまいましたが、次回最終回。今回、みことの言葉により「4分間」の意味が明らかになりましたが、そのことがどんな形で沙羅の運命に反映されるのか、最後まで見守りたいと思います。

まねき猫

広ちゃん(佐藤隆太)が帰ってきた!嬉しい!
ひょっこり現れるところが「草間さん(スカーレット)」っぽい!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。