4分間のマリーゴールド 10話(最終回):消防士儀礼服で結婚式!沙羅が助かった理由は?

2019年12月13日に放送されたドラマ『4分間のマリーゴールド』10話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

10話では、事故に遭い、昏睡状態の沙羅に注目。
運命の日、目を覚まします。

TV放送を見逃した方へ!

『4分間のマリーゴールド』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『4分間のマリーゴールド』10話のあらすじネタバレ

突然の交通事故に見舞われた花巻みこと(福士蒼汰)と花巻沙羅(菜々緒)。

意識を取り戻したみことは、沙羅を車内から連れ出します。頭に傷を負った沙羅は「みこと大好き」と呟き、そのまま心肺停止状態に。みことが懸命に蘇生を試みる中、救急隊が到着し、沙羅は病院に運ばれます。

病院に駆けつけた花巻廉(桐谷健太)と花巻藍(横浜流星)。みことら3人は、医師の治療により心肺機能は回復したものの、未だ目を覚まさず危険な状態である事を聞かされます。

事故から3日後、未だ意識が戻るか分からない状態の沙羅。事故を知った花巻理津(麻生祐未)も、急ぎ日本に帰国します。

沙羅の身を案じ、落ち込む廉と藍。原田治(橋本じゅん)と遠藤琴(鈴木ゆうか)は、そんな廉と藍に寄り添い、励まします。そして、廉と藍は、徐々に元気を取り戻します。

一方、沙羅を救えなかった事から、みことは塞ぎこんでいました。そんなみことを買い出しに連れ出した藍は、沙羅との思い出話をしながら、沙羅がいつ起きてもいいように作り置きは沙羅の好きな物にしようと提案します。また、みことを連れ、バイクで沙羅のためお参りに行った廉。
実は以前バイクで事故を起こしてから、沙羅にバイクを禁止されていた廉は、バイクに乗り始めた事を「さっさと起きてしかりとばせ」と、明るくみことに話します。こうして、家族の支えもあり、みことは徐々に笑顔を取り戻し始めるのでした。

事故から1ヶ月が経ち、救命の仕事に復帰したみこと。ある日、みことは、睡眠薬を飲んで眠り込んでいた男性・林田秀人(薬丸翔)の元に緊急出動します。意識がハッキリしている事から、みことらは林田の部屋をあとにしますが、みことは屋上を歩く林田の姿を目撃します。そして、林田の元に駆けつけたみことは、意識を取り戻さない沙羅を思い浮かべ、「ただ生きてください」「自分から命を捨てるなんてしないでください」と、必死に林田の自殺を止めます。

ところが、命令を無視したみことの行動は問題視され、みことは仕事を休むよう命じられ、帰宅します。みことは、沙羅が死んでしまう恐怖、沙羅を助ける事ができなかった罪悪感を家族に話します。今まで沙羅にやってきた事は無駄だったと、みことは取り乱すのでした。

灯台で物思いにふけるみこと。そこへ、青葉広洋(佐藤隆太)が現れ、沙羅から預かったという手紙をみことに渡します。そこには、全てを受け入れる心の準備ができた沙羅の想いが綴られていました。手紙を読んだみことは、家に帰り、沙羅が事故前に描き上げていた「マリーゴールドを持った救命士姿のみこと」の絵を目にします。沙羅の想いを知ったみことは、救命士として生きる覚悟を決め、仕事に復帰します。

沙羅の運命の日である誕生日まで、それぞれが前を向き懸命に生き始めた花巻家の面々。それぞれの想いを抱え、沙羅の運命の日を迎えます。仕事帰りに、マリーゴールドの花束を購入し、病院を訪れたみこと。みことらが、心配した様子で見つめる中、沙羅は目を開くのでした。

1年後、みことと沙羅の結婚式。「死の運命」を視る能力がなくなったみことは、能力のおかげで一瞬一瞬を大切に生きる事ができたと実感していました。そして、消防礼服に身を包んだみことは、沙羅と永遠の愛を誓います。

5年後。花巻家の兄弟達は、みことと沙羅の娘と一緒に花火をしながら、幸せそうに笑い合うのでした。

『4分間のマリーゴールド』10話の視聴者の声は?

『4分間のマリーゴールド』10話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

結婚式でハッピーエンド!

まとめ猫

とても美しい沙羅とみことの結婚式でした。消防士儀礼服に身を包んだみこと、これからも多くの人の命を救っていく決意が感じられる姿でした。

『4分間のマリーゴールド』10話まとめ

ハッピーエンドだったので何よりですが、沙羅の死の運命について、なぜ沙羅だけ回避することができたのか?分岐点がどこだったのか?さらに、なぜ突然みことの能力が消えたのか?その辺りがぼやっとしたままなのがスッキリしないですね。謎解きミステリーがテーマではないかと思いますが、何らかの答え合わせをしてほしかったと思います。

沙羅が目を覚ました時、お医者さんが救命士のみことが側にいて4分間の間に冷静な対処をしたことが良かったと言ったので、単純に見れば「たったそれだけの理由」という誤解も招きかねないのですが、沙羅が27歳の誕生日のとき、みことが既に救命士だったにも関わらず、「死の運命」は変わっていないかったので、それ以降のみことたちの行動に関係あるのでしょうね。

予測でしかありませんが、8話で母・花巻理津(麻生祐未)がしめした、自らを命を断つことで運命が変わるという考え方、命を救う事ができなかった妊婦の赤ちゃんが、母の思いの強さで生まれてくることができたことを目の当たりにしたみことの意識の変化により、死の運命が視えなくなり、この時点で運命が変わっていたのかなと考えました。

そもそも、みことが視えるというのはどこから来たものなのか?亡くなった父親からの啓示のようなものだと私は考えていましたが、その辺も掘り下げてほしかったです。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。