相棒 season18 6話:失明の右京、音声認識AI・バディちゃんが相棒に!冠城の介護報われず

2019年11月20日に放送されたドラマ『相棒 season18』6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

6話では、強力催涙スプレーで失明する右京さんに注目。
冠城がサポートしながら捜査します。

TV放送を見逃した方へ!

『相棒 season18』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『相棒 season18』6話のあらすじネタバレ

以前、幼い少女の誘拐事件で知り合い、現在はビル管理会社で清掃員をしている江波和江(山本道子)に「空き部屋から不審な音がするので見てほしい」と言われた警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)。特命係の冠城亘(反町隆史)と共に、和江の言う問題の部屋へ入ると、部屋は誰もおらず、メロンが入ったと思われる木箱がひとつ置かれていました。

和江に代わり右京さんが蓋を開けると、中からスプレーが噴射され、右京さんは目が見えなくなってしまいます。驚いた和江の勧めで、別件でその場を訪れていた区役所のケースワーカー白川友里(佐藤寛子)に付き添われて病院へ行き治療を受けますが、角膜に障害を受け、一週間は目が見えないと言われます。右京さんは病院の待合室で、目が不自由で白杖を持った少女、リナに会い、自分も目が見えないがもうすぐ手術を受けて見えるようになると話しかけられ、励まされました。

そして現場に残って捜査を続けていた冠城が合流し、現場の部屋は窓の鍵が外れていたことなどから、事件は計画的に行われたようだとの報告を受けます。そして、マンションの聞き込みの結果、階下の住人は異変に気付いていなかったこと、408号室の自称トレーダーの男が怪しいと思うなどと聞きます。冠城は右京さんを自宅に送り、1週間は安静にするよう言いました。

翌日、特命係には右京さんが登庁していました。そこへサイバーセキュリティー対策本部青木年男(浅利陽介)が、鑑識課の益子桑栄(田中隆三)の分析結果を持って現れ、成分は暴動を鎮圧する際などに使われる大変濃度が濃い催涙スプレーと判明、更にスプレーが仕掛けられた箱も手が込んだものとの結果を知らされました。

青木が急いで帰ろうとするので引き留めます。青木は昨夜ネット上に上げられた宝探し動画の捜査を行っており、内容は若い2人の男性が廃屋を探検したところ、男性の遺体を発見する様子が映っている、というものでした。

目が見えない右京さんと冠城が現場の倉庫へ向かうと、一課刑事の伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)、鑑識の益子がおり、いつになく優しく、すんなり情報をくれました。曰く、男性の身元は不明で、死因は絞殺であること、抵抗の跡がなく、何らかの原因で意識を失ったところ首を絞められたとみられるとのことでした。目が見えない右京さんはひとり現場で異臭に気付き、それが気を失わせる効果がある「アクリルニトリル」と言い、益子も同意します。

さらに、右京さんは現場と自身が被害に遭ったアパート両方を管理している不動産会社を調べるよう言い、遺体の身元は当該不動産店舗のトップセールスマンの森田であると判明しました。冠城はその店舗で、何かを隠していそうな女性に気付きます。

清掃会社の和江が、上司の真山誠一(山崎一)を伴い、右京さんに謝罪します。その場で和江は現場から足を引きずるようにして逃げていく足音を聞いた、と証言しました。その足で市役所に行き、ケースワーカーの友里に聞くと、彼女は足音を聞いていないと言いました。右京さんは彼女に目が見えないことがいかに不便かを告げ、友里も、だからこそ必要な人には生活保護を受けてほしいと思っているというのでした。

右京さんは治療のため病院を訪れ、リナに再会します。リナは、白杖を持てば一人でも電車に乗れるし、床を叩く音で部屋の広さや人の気配も判ると右京さんに教えます。さらにお守りに、と自分が作ったビーズのパンダをプレゼントするのでした。

右京さんが翌日登庁すると、特命係には刑事部長の内村莞爾(片桐竜二)と参事官の中園照生(小野了)がおり、右京さんに休養を勧めますが、右京さんはやんわり拒否しました。

一方の冠城は殺された森田が勤めていた不動産会社を訪ね、何か言いたげだった女性社員から話を聞きます。彼女は森田が上司と賃貸契約書類の虚偽記載の件でもめており、挙句上司を脅していたと告げました。それを受け、刑事一課では上司を聴取しますが完全否認され、右京さんは彼の足音が、和江が聞いたものではないことから、森田殺しの犯人ではないと判断します。

調べの結果、森田が斡旋していた賃貸住宅の借り手は生活保護受給者で、森田が生活保護費を搾取していたのではと疑います。30人以上居る借り手を一人で管理するのは無理なので、恐らく別に監視している人間がいると読み、冠城が怪しいと睨んだ自称デイトレーダーの部屋を訪ねると、そこには監視カメラのモニターが並んでおり、彼が監視者であると判明、しかし彼に逃げられてしまいます。

さらに調べると、右京さんが被害に遭ったアパートと森田の遺体があった倉庫のどちらも和江が勤める会社が管理していると判明、右京さんは管理会社の和江の上司である真山を疑い、和江さんにニセ電話をかけてもらって真山を呼び出します。

真山は、体格に差がある森田を殺すため、メロン箱にスプレーを仕掛けましたが失敗、部屋から飛び降りる際足を痛めて引きずっていたのです。さらに森田を殺すため、2度目は別の管理物件からアクリルニトリルを盗み出し、体格差がある森田の動きを封じた上で絞殺したのです。

真山は部屋の電源を落とし、特命係の2人から逃げようとしますが、右京さんはリナに教えてもらった杖の扱い方を応用、さらにリナに貰ったビーズのパンダを使って真山を追い詰め、確保しました。

目が見えるようになった右京さんは冠城と共にケースワーカーの友里を訪ね、彼女が生活保護費を搾取する対象者を選び、申請を通していた共犯であると告げます。さらに右京さんの事件当日、友里は事の成否を確認するため現場アパートに居て、右京さんと知り合ったのでした。自分がそんなに悪いことをしたと思わないと言い放つ友里に右京さんは、本来助けるべき生活保護受給者を、自らの欲のために利用したと非難しました。

右京さんは病院でリナに会い、パンダのお礼に和江に作ってもらったビーズのウサギを渡しました。目が見えるようになったらパンダが見たいというリナに、右京さんはきっと驚きますよ、と笑いかけました。

今回の自分の活躍を褒めるように迫る冠城に、右京さんはすっかり使いこなせるようになったスマートフォンの音声認識ソフトが自分の相棒と言いました。

『相棒 season18』6話の視聴者の声は?

『相棒 season18』6話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

5代目相棒バディさん現る。生身の人間ではない。

まとめ猫

右京さんが青木君から与えられた音声認識ソフト「バディ」と仲良しに!
相棒の座を奪われ、うろたえる冠城が可愛い

『相棒 season18』6話まとめ

右京さん、失明してしまいどうなることかと思いましたが、視力を失うかわりにエコーロケーションを身に付け、鋭くなった聴力と嗅覚で捜査を進めるの巻でした。整髪料の香りや呼吸使いもわかるってスゴイ。でも、紅茶は上手く注げない。

まねき猫

女性口説き節の冠城!立ち直り早いのね。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。