相棒 season18 9話:生意気ロボあぽろ「マタキタカ、スギシタ」教授には優しいことが判明

2019年12月11日に放送されたドラマ『相棒 season18』9話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

9話では、教授・皆藤武雄(中村育二)の告発に注目。
爆死を覚悟しての告発でしたが、特命係が爆発を阻止します。

TV放送を見逃した方へ!

『相棒 season18』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『相棒 season18』9話のあらすじネタバレ

8話で東修大学教授・皆藤武雄(中村育二)の保釈金3000万円を強奪し、准教授・高瀬佳奈恵(中村優子)を襲った犯人を、確保した警視庁一課刑事・伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)が尋問しています。

襲撃犯は、保釈金強奪を依頼してきた人物とは面識がなく、ある日突然電話で誘われて前金100万円を貰い、その際に相手を尾行して相手が東修大学助教授と知ったと話しました。さらに彼らが強奪した際、アタッシェケースに現金は無く、約束を破った高瀬を襲ったと自供しました。伊丹刑事が高瀬に確認すると、神妙な様子で認めました。

一方、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は東修大学を訪ね、皆藤教授の研究室で開発したロボットで、ペットのようにかわいがられている「あぽろ」の行動データを確認します。研究室に不自然な角度で置かれていた鏡が気になっていた右京さんは、皆藤教授のパスワードが、教授が打ち込んでいる様子が映るように角度をつけた姿見を使い、あぽろに撮影させて盗み取られていたことに気付きます。あぽろのデータを確認すると、高瀬准教授がアクセスした時期と横領事件のタイミングが符合。ここから横領に見せかけるための帳簿の改ざんと事務局への密告は、高瀬准教授がライフケアテクノロジー社と結託して行ったとの推理が裏付けられました。

丁度そのころ、警視庁では参事官・中園照生(小野了)が皆藤教授の弁護士に、強奪された保釈金を返却、早期解決に満面の笑みでした。弁護士は早速保釈金を納付し、皆藤教授は無事保釈されます。

教授が研究室へ戻ると、右京さんと冠城が待っており、一連の犯罪が高瀬准教授により行われたことを話します。皆藤教授は自分の信念は「技術は人を幸せにする」だと言い、高瀬准教授にあったら「申し訳ない」と伝えてほしいと右京さんに頼みました。

冠城は週刊誌記者の桝本修一(山崎樹範)に会い、彼の妻が亡くなったことなどについて話を聞こうとしますが、桝本は何も言わず出て行ってしまいます。右京さんは高瀬准教授に会い、皆藤教授からの伝言を告げ、「あなたがライフケアテクノロジー社と取引をした理由は、科学者としてだけではなく、以前教授と交際していた女としての気持ちがあったのでは」と尋ねますが、高瀬准教授から「何もわかっていない」と言われてしまいました。

皆藤教授と桝本記者は二人で会い、何かを実行する決意を確認します。明日で終わり、と言いながら二人が蓋を開けると、中には小さなドローンが入っていました。

桝本記者は、妻が亡くなった後サルウィンへ行き、少女から聞いた話を思い出していました。それは小さなドローン爆弾が要人を襲撃し、妻が巻き添えになったのだという話です。帰国後、桝本は皆藤教授を訪ね、このドローンが教授が開発した技術を使っており、日本の科学者は兵器への技術供与は行わないはずでは、と責め立てます。教授は技術は確かに自分が開発したものだが、ドローンに使われているとは知らなかったと応じました。

右京さんと冠城が特命係で話していると、サイバーセキュリティー対策本部・青木年男(浅利陽介)が入ってきて、皆藤研究室の学生を襲い、ライフケアテクノロジー社に出入りしていた謎の男の身元が分かったと言います。男は3か月前にサルウィンから帰国し、雇い主は東亜ダイナミクス社社長兼防衛技術振興協会副会長・桂川宗佐(村上新悟)だったのです。ここから特命係の2人も民生用の技術が軍事用に転用されたのではと疑いを持ちました。

桂川と関連がある元国会議員で、現在は防衛技術振興協会顧問の片山雛子(木村佳乃)の名を騙り、桂川とライフケアテクノロジー社社長を呼び出した右京さんと冠城は、サロウィンで使われたドローン爆弾について質問、資金的な余裕がないライフケアテクノロジー社が多くの大学に対し行っている資金援助は、実際は東亜ダイナミクス社から渡された資金を使っている。ライフケアテクノロジー社は資金援助の見返りに、大学から吸い上げた技術を東亜社ダイナミクス社に流し、それを軍事転用しているのだろうと質問しますが、桂川から証拠がないと言われます。証拠は謎の男(元傭兵)と桂川との関係だというと2人は慌てます。

さらに、桂川にサロウィンの件を隠ぺいするため、皆藤教授を陥れる件で、片瀬准教授を利用したかと聞きますが、それは知らないと言います。皆藤教授の横領事件でっち上げに関しては片瀬准教授の単独犯行だったのです。1年前にサロウィンでテロ事件が起きた日にちに目星をつけ、皆藤教授と桝本記者が告発を行うに違いないと考えた右京さんと冠城はそれぞれ動き出します。

右京さんは入院中の高瀬准教授を訪ね、今回の告発を行うにあたり、高瀬も最初は他の2人とグルだったが途中で告発を行う方に転じた理由は、かつて交際していた教授を守るためだったのではと聞きます。

冠城は桝本を探しますが見つけられません。そのころ都内の寺院で、テロ事件で亡くなったNPO職員の合同慰霊祭に参加していた桝本は、スマートフォンを使いドローンを操作していました。右京さんは高瀬に対し、教授はドローンについて話した後死ぬつもりではないか、高瀬はそれでいいのかと迫ります。

桝本のスマートフォンのGPSを探っていた青木から居場所の連絡を受けた冠城は、慰霊祭が行われている寺院へ向かい、スマートフォンでドローンを操作する桝本を止めようとし、桝本が自分に会ったのは、この行動を止めて欲しかったからでは、と聞きます。

高瀬准教授は右京さんに時間がない、仕方がないと言います。右京さんは教授が技術で人を幸せにしたいと言っていた、と伝え彼を止めたくないのかと迫ります。ついに高瀬は折れ、教授を助けてほしいと右京さんに訴えました。

慰霊祭の会場では桝本が、スマートフォンで教授の告発を生中継し、さらにネットでも中継を行っています。告発の中で教授は、自分が開発した技術がドローン爆弾開発に使われ、今回死者を出してしまったことを話します。そのころライフケアテクノロジー社では桂川と社長がネット中継を止めるよう騒いでいました。そこへ、冠城から爆弾による攻撃の可能性を示唆された伊丹達一課刑事がなだれ込み、社員全員を避難させるよう言います。

高瀬准教授の話を聞いた右京さんが東修大学に着くと、桝本が操縦するドローンが飛来、そして大学の排気口から侵入し、皆藤教授の研究室まで侵入します。教授は告発を続けており、右京さんは避難させようとしますが、部屋のドアは全てロックされており開きません。教授は、このままでは民生用技術が軍事用に転用され死者が出たという不都合な真実は、政府によって隠ぺいされてしまう、自戒を込めて真実をさらけ出すのだと訴え続けます。

右京さんは大学の電気室を破壊して電源を落とし、研究室のロックを外して教授を救おうとします。教授は「生中継でドローンを使って死ぬことで真実を伝えたい。自分と桝本記者は決死の覚悟のうえで告発しているのだ、大きな物を止めるには血を流す覚悟が必要」と言います。対して右京さんは「全ての戦争は血を流す覚悟から始まり、効率を求めて科学者の技術を使う。科学者としての使命である、技術は人を幸せにするということを発信し続けることを諦めてはいけないのだ」と諭します。冠城は桝本からスマートフォンを奪い、ドローンは爆発せず落下。そのときロボットのあぽろが教授に近づき、慰めるように教授に語り掛けるのでした。

柳本は冠城と並んで歩きながら、会うのじゃなかったと寂しそうに笑いました。

事件の経緯が新聞の一面に掲載され、ライフケアテクノロジー社と東亜ダイナミクス社にはクレームが殺到、一方謎の男は伊丹が逮捕します。

東亜ダイナミクス社の柳本は、武器が作れない日本は世界から取り残されてしまうと主張します。右京さんは、柳本に死者のことを覚えているか尋ねます。柳本は「NGOの3人の事か」と答えます。しかし、冠城は「違う、戦争は人の死を数字に替えてしまう」と言い、亡くなった三人の名前を挙げ、「よく覚えておけ」と言い捨てて出ていきました。

『相棒 season18』9話の視聴者の声は?

『相棒 season18』9話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

アポロくんに癒される

まとめ猫

右京さんにぶっきらぼうなアポロくんに笑ってしまいましたが、教授との再会にはグッとくるものが。「教授…」と言ったシーンが何とも言えまえん。重い話でしたのでアポロくんが癒しとなりました。

『相棒 season18』9話まとめ

爆破阻止ドキドキ回でした。アポロが活躍するかと思いきや、右京さんが消火器を振り上げる力技を見せてくれました。また、「戦争は人の死を数字に変える」という名言を残した冠城がかっこよかったです。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。