2019年9月10日

『あなたの番です』20話(最終回)ネタバレあらすじ!想定内の犯人黒島!犯行動機にモヤッ

2019年9月8日に放送されたドラマ『あなたの番です』20話(最終回)話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

20話(最終回)の見どころは、序盤で明かされる犯人黒島が真相を告白するところ。

回収される謎と新たな謎。あなたは納得できましたか?

TV放送を見逃した方へ!

『あなたの番です』の動画は『Hulu』にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『あなたの番です』20話(最終回)のあらすじネタバレ

二階堂(横浜流星)に気絶させられた翔太(田中圭)が目を覚ますとベッドの上。手足を拘束され、塩化カリウムの点滴が腕に繋がれていました。隣のベッドでは、同じように黒島(西野七瀬)も拘束されていて、二階堂は自分が菜奈(原田知世)を殺したと言いました。

ですが、実際は黒島の方が犯人でした。二階堂には演じきれないと悟った黒島は、今までの殺戮を淡々と自白しはじめます。

彼女は幼い頃から人を殺すことに異常な執着心があり、そんな自分を変えたくて波止(水石亜飛夢)と付き合いましたが、DV男だったため、殺意を抱きました。そんな時、偶然始まった交換殺人ゲームを利用しようと、黒島は波止の名前を書き、それを引いた田宮(生瀬勝久)が正義感から彼を殺してしまったのです。

そこで殺人の衝動に火がついた黒島は、次は自分の番だと引いた名前の赤池美里(峯村リエ)を殺しました。また、波止を殺した相手を突き止めるため、内山(大内田悠平)を利用して佳世(片岡礼子)、浮田(田中要次)、菜奈を次々殺しました。そして、内山に自分を殺させようとしましたが、彼は自分と同じタイプの人間にはなれないと悟り、自殺に見せかけて殺したのでした。

黒島から奈菜の殺害動画を最後まで見せられた翔太は怒りが爆発し、黒島に襲いかかります。二階堂は「彼女は死にたがっている。挑発にのっちゃいけない」と止めに入りますが、翔太の耳には届きません。その時、AI奈菜ちゃんが起動し「翔太くん?」と話しかけました。奈菜の声が翔太の心に届き、自ら黒島をハグし警察に行こうとホテルを出ていくのでした。

一方、最初死者の床島(竹中直人)は、早苗(木村多江)が名前を書いたと知り、当てつけに自殺していました。それに憤慨した麻雀仲間の西村(和田聰宏)が早苗を脅迫しましたが、勘違いした彼女が山際(森岡豊)を殺し、ゲームが始まってしまったのが真相でした。黒島の部屋からは殺人の証拠が見つかり、南雅和(田中哲司)の娘・穂香も彼女に殺されていました。

水城(皆川猿時)は、黒島が赤池幸子(大方斐紗子)の孫だと突き止め、彼女を問いつめると、幸子の遺産を狙う美里が管理人・床島を煽って、黒島に幸子を殺させようとしていたと話しました。黒島の殺人を黙認していた幸子に水城は呆れるのでした。近くには、そんな二人のやり取りを少し離れた所から見聞きしている江藤(小池亮介)の姿がありました。

その後、殺人の実行犯の住人達はみんな塀の中にいて、柿沼(中尾暢樹)とあいり(大友花恋)は結婚することになりました。また、奈菜が予約してくれたチャペルでたった一人で結婚式をする翔太のもとに、お祝いに現れたのは二階堂でした。そんなこともあり、以前とかわらず二階堂と翔太は鍋をつついていました。

その時、インターホンが鳴り、外にでるが誰もいません。部屋に戻ろうとすると、廊下から無人の車椅子がやってきて、そこには「あなたの番です」とかかれた紙が置かれていました。一方、赤池幸子は屋上で両手を拘束された状態で座らされ、叫び声と共に落下していくのでした。

『あなたの番です』20話(最終回)の視聴者の声は?

『あなたの番です』20話(最終回)を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をもとに自分の感想も交えまとめました。

犯人黒島。まさかのサイコパスオチ。

じゃあ、しょうがないか(笑)という訳ではありませんが。

第1部が終わった時あたりから世間では怪しまれてましたし、ストーリーでも、二階堂のAIがはじき出したのは黒島だったので…、どんでん返しがなくて意外でした。

黒島が犯人というのは既定路線とすると、残りの見どころは「犯行動機」だったと思うのです。

殺人が好きでどうしようもなくやめられないという割には過去に殺めた人数が少ないし、身内を省かないほうが面白かったかなと感じました。サイコパスが主人公の物語『悪の教典』では、邪魔者と思ったら親でも容赦なしです…

どーやんどうした?

二階堂が黒島を好きという設定なのはわかるのですが、悪さに手を貸すほど彼女に洗脳される?根拠が薄いように感じました。

『あなたの番です』20話(最終回)まとめ

本編ですべてが解決しなくてモヤッとしたのか、肝心のオチにモヤッとしたのかわかりませんが、とにかくモヤモヤした最終回でした。

例えば、黒島には殺人やめられない自分を殺してほしいという願望があるのですが、だったら、翔太が点滴セットを振りかざして襲ってきたときに、女忍者のような身のこなしで逃げたのは何だったんだろう?と思いました。

物語最後、赤池幸子を落下させた犯人について、二階堂説・江藤説の考察が上がっているようですが、願望としては江藤押し。翔太は二階堂と友達関係を続けているようなので、だったら二階堂は白であってほしいなと思います。

最後に、気味の悪い子と思ってた尾野さん。見返してみると、黒島に対する攻撃が清々しく思える不思議でした。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。