2019年8月25日

ドラマ『監察医 朝顔』全話を見逃し配信!動画で無料視聴する方法

ドラマ『監察医 朝顔』の放送済み全話を見逃し配信するサイト、動画で安全に無料視聴する方法をわかりやすく紹介しています。

また、ドラマ『監察医 朝顔』の放送中は、各話の動画や特別映像、ネタバレ、出演者(各話ゲスト)やスタッフ、視聴率を毎週更新して本ページでお届けしていきます。

お急ぎの方へ

結論:『監察医 朝顔』を見逃した場合は、「FODプレミアム」での視聴がおすすめです。

『監察医 朝顔』を動画で無料視聴する方法

『監察医 朝顔』は、違法サイトでの視聴を除くと、以下の動画配信サービスで、最新話に限り安全に無料視聴できます。

  1. Tver
  2. FOD見逃し無料

「FOD」では、ドラマ『監察医 朝顔』の最新話に加えて、監察医朝顔のコミックも有料ですがご覧になれます。

録画したドラマを違法アップロードしているWebサイトの利用(閲覧や動画再生)は、視聴端末のウイルス感染の危険性だけでなく、利用行為自体が法に反するものとして罰せられる可能性がございます。

『監察医 朝顔』1話から最新話まで動画で見る方法

最新話だけでなく、『監察医 朝顔』の1話から最新話までの全話を動画で見る方法をご紹介します(無料視聴も可能)。

まずは、国内の主な動画配信サービスでの、『監察医 朝顔』の配信状況をご覧ください。

配信状況:〇=定額視聴、△=PPV(1話購入)、×=配信なし

以上のように、『監察医 朝顔』は「FODプレミアム」でのみ配信されています。
そのため、放送が終了した全話を見たい時は、「FODプレミアム」での視聴一択となります。

FODプレミアムとは?

  • フジテレビ系ドラマを配信
  • 「独占」見放題タイトルが約5000本
  • 人気雑誌の最新号が読み放題
  • 対象のマンガが無料で読める
  • 電子書籍の購入で20%ポイント還元
  • 毎月100円分のポイントが貰える
  • 8のつく8日、18日、28日に400円分のポイントが獲得できる

FODプレミアム公式サイト

「FODプレミアム」では、amazon payでの支払いで、1ヶ月は無料視聴可能です。その後は月額888円(税抜き)が発生します。※初回登録の方が対象です。

『監察医 朝顔』とは?

ドラマ概要

『監察医 朝顔』は、香川まさひと作の「週刊漫画サンデー」で連載されていた同名漫画が原作。万木朝顔(上野樹里)と父・平(時任三郎)の法医学者と刑事という異色の父娘を描いた物語です。

東日本大震災で母・里子を亡くし、今も消せないトラウマを抱えた朝顔。そして、平は今も行方不明のままの里子を探し続ける。
『監察医 朝顔』は、 母の穴を埋めるように肩を寄せ合い生きる、父と娘のかけがえのない日々を描いた感動作です。

出演者

動画は、主演・上野樹里さんのコメントです。

※左:役名、右:演者名

  • 万木朝顔(まき・あさがお):上野樹里
  • 万木平(まき・たいら):時任三郎
  • 万木里子 (まき・さとこ):石田ひかり
  • 桑原真也(くわはら・しんや):風間俊介
  • 安岡光子(やすおか・みつこ):志田未来
  • 高橋涼介(たかはし・りょうすけ):中尾明慶
  • 森本琢磨(もりもと・たくま):森本慎太郎
  • 愛川江梨花(あいかわ・えりか):坂ノ上茜
  • 山倉伸彦(やまくら・のぶひこ):戸次重幸
  • 藤堂絵美(とうどう・えみ):平岩紙
  • 伊東純(いとう・じゅん)・三宅弘城
  • 藤堂雅史(とうどう・まさし):板尾創路
  • 夏目茶子(なつめ・ちゃこ):山口智子
  • 嶋田浩之(しまだ・ひろゆき):柄本明
  • もんじゃ焼き屋の店員:喜多乃愛
  • 渡辺英子:宮本茉由
  • 沖田崇徳:藤原季節
  • 斉藤陽一郎
  • 本宮:神尾祐
  • 桑原つぐみ:加藤柚凪(5話から登場)
  • 丸屋大作:杉本哲太(6話から登場)
  • 熊田祥太:田川隼嗣(6話から登場)

制作スタッフ

  • 原作:監察医 朝顔
    ―作者:香川まさひと
    ―出版社:実業之日本社
    ―レーベル:マンサンコミックス
  • 主題歌
    ―曲名:朝顔
    ―歌手:折坂悠太
    ―レーベル:のろしレコード
  • 脚本:根本ノンジ
  • 音楽:得田真裕
  • プロデュース:金城綾香
  • 演出:平野眞、澤田鎌作
  • 法医学監修:上村公一(東京医科歯科大学)
  • 法歯学取材:斎藤久子(千葉大学)
  • 制作:フジテレビ

視聴率一覧

  • 第1話:13.7%
  • 第2話:12.3%
  • 第3話:12.3%
  • 第4話:12.3%
  • 第5話:12.3%
  • 第6話:14.4%
  • 第7話:11.4%
  • 第8話:10.2%
  • 第9話:12.7%
  • 第10話:12.3%
  • 第11話:13.3%

『監察医 朝顔』の動画と各話ネタバレ

ドラマ『監察医 朝顔』の予告動画や特別映像、各話のネタバレを放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話の動画・ネタバレ

万木朝顔を演じる上野樹里さんの悲しみ・苦しむの表現に注目!

1話では、倉庫で溺死していた女性の亡くなった真相を法医学者の朝顔らが解明する。
そして、朝顔は父・平と共に、8年ぶりに東日本大震災で失った母・里子の故郷へ帰省する。

2話の動画・ネタバレ

第2話では、風間俊介さん演じる桑原真也の朝顔へのプロポーズが見どころです。
1度目のプロポーズで笑わされ、2度目のプロポーズで泣かされます。

3話の動画・ネタバレ

第3話では、京アニ事件に配慮して放送を延期して編集した、ドラマ構成が見どころです。
番組制作陣の配慮と苦労がよくわかりました。

4話の動画・ネタバレ

第4話では、平と桑原の関係性に注目です。
朝顔が「子どもができた」と平と桑原に告げると、感動屋の桑原が思わぬ行動を見せます。

5話の動画・ネタバレ

第5話の見どころは、母を失ってから肩寄り添って生きてきた、父・平と娘・朝顔の互いを想う姿です。それと、そんな二人を気遣う桑原にも注目です。

6話の動画・ネタバレ

6話では、朝顔たちが過ごしてきた4年間を感じられる演出が見どころです。
また、両親を亡くした姉妹の母を想う気持ちに感動します。

朝顔と桑原の子・つぐみのお披露目記者会見の映像 

6話のあらすじ

朝顔(上野樹里)と桑原(風間俊介)との間につぐみ(加藤柚凪)が生まれ、平(時任三郎)と4人で幸せな日々を送っていました。それぞれが、家事を育児を分担し合い、これまで通りそれぞれの仕事をこなしていました。

朝顔が勤務する興雲大学法医学教室では、藤堂(板尾創路)の妻・恵美(平岩紙)は、著書がベストセラーになり、法歯学医として有名な存在になり、医学部生アルバイトだった光子(志田未来)は法医学医師になっていました。また、新しくアルバイトとして熊田(田川隼嗣)も加わっています。

そんな中、ある一軒家で夫婦の遺体が発見されます。
第一発見者は、その家の次女・友里(小林星蘭)で、父親はドアノブで首つり自殺、母親はベッドの上で息絶えていたといいます。
長女の美咲(垣松祐里)は看護学生で寮生活を送っているといいます。

検視官が到着していないということで、急遽依頼を受け検視に向かった朝顔は、母親の遺体に違和感を感じ触れようとしたところ、その場に遅れて来た検視官の丸屋(杉本哲太)に、「触るな」と怒られてしまいます。
丸屋は朝顔にかまわず、それぞれの遺体を主観で検視を行い解剖に回します。

朝顔たちが解剖をはじめますが、朝顔は遺体の母親の顔に違和感を感じ、顔の写真を残します。母親、父親共に窒息死とされますが、父親は自殺ではなく、他殺であると判明します、
一方、母親は、不自然な形で肋骨が骨折していました。

平たちは娘二人から事情を聞きますが、次女の様子から、次女は親から虐待を受けていたのではないかと推測します。また、当日、塾の帰りに帰宅せず、友人の家に泊まったという次女が、実際は家に帰宅していたことが判明し容疑がかかりかけたころ、長女の美咲が「自分が両親を殺した」と自首をしました。

父親は日ごろから家庭内暴力をふるい、事件当日も美咲が研修のための旅行かばんを取りに帰ると、父親が母親を殺したあとで、その話を聞いて、とっさに父親の首を電気コードで絞めたと自供します。

しかし、朝顔は母親の顔を見て感じた違和感を証明するために、現場に向かい、エアコンのリモコンのタイマーから死亡推定時刻が操作されていることに気づきます。そのことは、母親の唇に塗られたリップから証明されました。

真実は、母親が暴力に耐えかねて父親を殺し、のちに首をつって自殺してしまったということ。二人の娘たちが母親をかばうために父親が自殺したようにみせかけ、母親の遺体にリップをぬってあげたということでした。

母親の遺体の不自然な肋骨の骨折は、美咲が心臓マッサージをしたことでできた骨折だったのです。
朝顔の冷静な判断で真実までたどり着くことができました。

その後、桑原は捜査1課に異動が決まります。
そして、朝顔のもとに震災復興センターから、震災当時、朝顔の母親がつけていた手袋が見つかり、その中に骨のような白いものが入っていると連絡が入ります。

岡部光祐、片岡礼子、小林星蘭、恒松祐里、上島竜兵

6話の感想

50代女性

ルネ

今回は、娘二人が父親の家庭内暴力のため、父親を殺して自殺してしまった母親を守るために偽装工作をおこなったことを、朝顔の冷静な解剖と検視により、真実として証明することができたところにこころ打たれました。

娘たちの切ない、母親を思う心を、朝顔たちの賢明な真実を追い求める思いから知ることができたことに、感動しました。

遺体の母親に娘たちが塗ってあげたリップがそれを証明してくれたことにも、涙が出ました。

遺体は真実を教えてくれる。そして、どんなに小さなものからも真実を導き出そうと奔走する監察医、刑事たちの熱意により、真実を証明できるのだということを、常にこのドラマは教えてくれます。

やっとみつかった朝顔のお母さんの遺骨らしきもののことも気になります。次回が待ちきれません。

7話の動画・ネタバレ

7話では、発見された「万木朝顔」と名前の入った手袋の中にあった遺骨が、母のものでなかったと知った時の万木親子の涙です。
また、法定に立った朝顔の理路整然とした答弁にも注目です。

今までの放送を振り返る特別予告映像です。

7話のあらすじ

朝顔の携帯に仙の浦から、《万木朝顔》と名前の入った手袋が見つかり、中に白いものが入っていたと連絡が入ります。それを聞いた朝顔は急いで父の平らに電話をすると、戸惑ったような顔をしていました。

朝顔が家に帰ると、父は仙の浦に向かう準備を終えていて、すぐに車で向かいました。平らは桑原に「つぐみと朝顔を頼む」と頼みました。

その日朝顔は世間を賑わせている事件の裁判に向かいました。研修と称し、高橋と光子も見学席にいました。その裁判は10億円の美魔女と呼ばれている白川亜里沙(有森也実)の裁判でした。朝顔はこの事件の再鑑定のため、裁判に出席したのでした。

その裁判が始まろうとしている頃、父は仙の浦震災復興センターが開くのを待って、中に入り、係りの方より手袋を受けとります。それは里子の手袋で間違いありませんでした。中に入っていた白いものはDNA鑑定に回され、明日鑑定結果が出るとのことでした。その手袋が入っていた籠の中に《内川橋西詰橋脚付近》という見つかった場所のメモ見て、平はその場所に向かいます。いつものように捜索し始めると、里子の父の浩之が草刈り機を持って現れ、草を刈り始めました。

裁判の方は、朝顔が再鑑定の結果を述べると、裁判が不利になると察知した亜里沙は体調不良を訴え、休廷に持ち込んだ。

翌日、裁判所に向かうと取材陣が朝顔を取り囲みます。そこへ高橋と光子が朝顔を助け裁判所に向かいました。裁判の途中で丸屋が現れ、ある書類を手渡しました。それは亜里沙の有罪を裏付ける書類でした。亜里沙は「この小娘が!」と罵ったが、朝顔はひるみませんでした。
平は鑑定結果を受けとると、それは里子の骨ではないことがわかりました。平は複雑な表情でした。

桑原は異動でみんなから送別を受けていました。いよいよ捜査一課への異動です。桑原と朝顔とつぐみは、桑原が作った夕飯で食卓を囲みます。平は仙の浦からの帰り道、車で一人涙を流します。平は家に着くと朝顔に手袋を手渡します。震災の日母がつけていた手袋に間違いがなかった。手袋に入っていた骨はあの日助けに行ったミズエのものとわかった。あの日は寒かったから、母はミズエさんに手袋を貸したのではないかと、朝顔は平に「最後まで優しい人だったね」と涙した。

その夜朝顔は眠れずにいました。そんな朝顔を桑原は優しく包みます。そしていつものように朝を迎えました。

7話の感想

40代女性

happyswing12

朝顔と平の、母の骨なのか違うのか、そうであって欲しいのかそうでない方がいいのか、その気持ちがとても切なく、苦しくなりました。
これが里子の骨であれば、時間をかけ受け入れることができるのではないかと、思ってしまいます。

朝顔を取り囲む人たちがみな優しく、温かく、それが朝顔の救いとなっていることが、見ていても辛い場面ばかりではありません。

7話は今までの中で、一番感情移入してしまい、一番涙を流してしまいました。

50代女性

marimari

私は初回放送からこのドラマに魅かれています。
朝顔さんの独身時代からママになっても自然で飾らない姿が大好きで、家族や職場の仲間との会話も良い意味で「ふつう」で、ホッコリする場面も多く感じます。

本ドラマは監察医という特殊な職業を描きながらも、この「ふつう」さが存在するところが魅力的だと思います。
特にお父さん役の時任三郎さんとの会話は、セリフの間合いが本当に親子?と思うほど自然に感じます。

漫画が原作とのことだそうですが、私は原作を読んでいないので、毎回とても新鮮な気持ちで視聴しています。
これからの放送もとても楽しみで、本当に久々にフジテレビの月9に夢中になっています。

8話の動画・ネタバレ

8話では、妻の死を正面から受け止めきれなかった平が変化。妻が見つかるまで探し続けることを宣言するシーンが見どころです。ラスト、法医学者の仮面が剥がれてしまった朝顔がどうなるかも気になります。

8話のあらすじ

東日本大震災の津波で行方不明になった母・里子(石田ひかり)が持っていた手袋を見つけて以来、何かを忘れ没頭するかのように働く父・万木平(時任三郎)を、朝顔(上野樹里)と桑原真也(風間俊介)は心配していました。

そんな中、23歳の主婦・山本莉奈(小林由依)が突然死した原因を解明する解剖の依頼が興雲大学法医学教室に入り、朝顔と医学生の安岡光子(志田未来)が担当することになります。遺体は脳底部の太いはずの内頸動脈が細くなっているだけで、ほかに目立った外傷や病変はありません。それどころか、臓器や検査数値は全て正常範囲であることから死因の特定が難航することに。

莉奈は、貧血とめまいの症状から病院では検査入院を勧められていたものの、費用の問題と3歳の子供を置いていけないという事情から入院を断り通院していたのです。そんな中、突然自宅で倒れた莉奈を夫の達哉(渡辺翔太)が発見するも、すでに息絶え間に合いませんでした。妻の突然死に、達哉は病院側の医療ミスの可能性も疑い、死因の究明を求めているのでした。

MRI画像解析から「もやもや病」という1つの病名が浮上します。その後、脳を取り出しホルマリン固定をし、徹底的に死因究明にあたる朝顔と光子。しかし努力の時間とは裏腹に決定打を見つけるには至りませんでした。

結局、死因は特定できず「不詳の死」という結論を伝えざるを得ませんでしたが、考えられる病名の1つとして「もやもや病」を説明し夫・達哉を納得させます。そして、この病気には遺伝要素もあるため、娘に遺伝していないか検査を受けさせ対処すべきであると伝えます。これが朝顔達に出来る唯一のことでした。

自分たちに突き付けられた限界に肩を落とす光子。朝顔は茶子先生(山口智子)と光子を自宅の夕食に誘います。夕食には、久しぶりの休日を孫の桑原つぐみ(加藤柚凪)と過ごした平や、幼なじみの浅井三郎(きづき)の家族も合流し、にぎやかな夕食宴と花火見物を楽しむ一同の姿がそこにありました。

平は、突然手に入れた妻・里子に関する手がかりに戸惑い、前に進めない状況を茶子に話します。そんな平に、茶子は優しい言葉をかけます。

その夜、平は朝顔に里子が見つかるまで探し続けることを宣言します。孫との幸せな時間を噛み締め、同時に本来なら一緒にその幸せを分かち合えたはずの妻・里子に思いを馳せ、改めて妻の捜索への意思を固めたのでした。朝顔はそんな平の想いを受け入れ、やりたいことをやるよう背中を押すのでした。

翌日、法医学教室に早速解剖依頼がきます。しかし、その遺体と対面した朝顔は凍りつくことになります。そこには、昨晩朝顔の家で一緒に笑いながら夕飯を食べていた幼なじみ三郎の妻・浅井結衣(松長ゆり子)が横たわっていたのです。

ただただ震える朝顔の異変に気付いた茶子は、仕事の担当を外れるように強く命じます。「邪魔です。そとに出てなさい」と。結衣の遺体には、朝顔の娘・つぐみがいたずらで書いたであろう、緑のペンで書かれた星型のマークがくっきりと残されていました。

渡辺翔太(Snow Man/ジャニーズJr.)、小林由依

8話の感想

30代女性

takoyakiyaketane

今回は、遺体の死因を特定できなかった回ということもあり、朝顔を含めた法医学教室の面々が、遺体に真摯に向き合っている姿が、より丁寧に描かれていました。

また、ずっと探し求めていた里子の行方の手がかりが見つかったものの、突然のできごとに戸惑い立ち止まっていた平。その複雑な心境を茶子に吐露するシーンは、2人の強い信頼関係を感じることができて、とても印象的でした!

そんな茶子からの言葉を受けて、前に進むことを決めた平が、里子を見つけることができるのか注目していきたいです。

一方、再び親しい人を失ってしまった朝顔。死因は何か、朝顔はこの辛い経験を乗り越えることができるのか気になります。

50代男性

マカオ

このドラマは「人の死」と様々な形でかかわる人の人間模様を過度に脚色せず淡々と描いているのがとてもいい。

正直、監察医療としての各回のストーリーにはあまり見どころは感じず、今回の「不詳の死」というテーマもピンとはこない印象。

ただ、東日本大震災の被災者家族の生き様という点では、今回も深く考えさせられました。時間と共に過去の災害となっていた自分にとっての震災が、今も目の前の災害として関わらざるを得ない人々がいるという事実。平さんや朝顔さんの日常には、常に並行して行方不明の妻、母の存在があるのですね。同時に、現実の被災者家族はこうしたドラマを一体どんな気持ちで見るのだろうか、そんなことも考えさせられます。

しかしながら、今回のエンディングでの幼なじみの奥さんの死は唐突、かつ衝撃的過ぎます。来週どう展開するのでしょうか?個人的には殺人とか不審死とかあまりややこしい方向に行かないほうがいい気がするのですが。

40代女性

匿名希望

毎回見ているのですが、今回も平凡な日常生活の中にも1つ1つ、忘れかけている大事なことやはたまた、大事であるはずなのに、忘れ去ろうとしていることなど、はっとおもわされるシーンがと所々、ちりばめられています。

多忙な中でも妻・里子のお花を欠かさずいける夫の姿。日と共にひまわりが朽ちていくのですが、また満開に咲いたひまわりをいける夫の優しさにはジーンと来ます。そして朝顔自身もタンスに片付けている里子の形見、手袋を見て感慨ぶかくなるシーン。

遠く昔の記憶になりつつも何かを忘れようとしつつ、何かを追い求めるしぐさは監察医のお仕事とと重なってジーンと胸に来ました。

9話の動画・ネタバレ

9話では、朝顔と父が三郎家族の事件をきっかけに、正面から母の死と向き合い受け入れ進んで行く物語家族の絆の強さを見ることができます。

9話の感想

30代女性

くりきんとん

これまで多くの遺体の解剖を行い、常に冷静に、かつ真摯に遺体と向き合うことで、真の死因を明らかにしてきた朝顔でしたが、さすがに友人の遺体の前では冷静さを失ってしまいました。茶子先生に休むことを命じられ、何も考えられなくなり、呆然として帰る姿がとてもリアルで、静かに淡々と映し出される日常のシーンを見ていると、朝顔が必死でこらえている悲しみが、より一層伝わってくるように感じました。夫の桑原くんにそっと手を握ってもらった時の、朝顔の流した涙が忘れられません。

30代女性

なか

父と娘が母を亡くした事をいつまでも悔やみ、そこで止まってしまっていたのですが、何も出来ないと痛感した時、母を亡くした時の思いを語り、そして自分に出来る事は何かと気づいた所に2人が一歩を踏み出せたのだと嬉しい気持ちになりました。

夫の優しく朝顔の話を聞き理解し、包み込んでくれる大きな愛情にとてもうらやましく、とても幸せな夫婦なのだとおもいながら観ていました。

家族愛、友情が凝縮されたお話で、自分も家族に優しく寄り添える人間か、友達の為に一生懸命になれる人間かと考えながらとても真剣に観ていました。

10話の動画・ネタバレ

10話では、朝顔の友人・結衣の死の真相が解明。また、朝顔が学生に講義をするシーンが見どころです。一方、桑原が捜査中事故に巻き込まれ…

10話の感想

30代男性

ウィンたん

ドラマは淡々と進んで行きます。三郎が殺人犯ではないとわかっても、みんなで良かった良かったと言う訳でもなく、結衣の死の重みを引きずっていく感じです。そんな中、最後の最後になって桑原(朝顔の夫)が土砂崩落事故に巻き込まれたことを暗示する映像が流れました。次回予告を見ても、桑原が無事なのか、最悪の事態になったのかわかりません。母を亡くし友人を亡くし、その上、夫まで死神に連れて行かれてしまうのか?ネットでも「桑原くん」が話題のワードになる結果に。大丈夫なのか桑原くん。死んだしまったのか!?

30代女性

YK

今回は何よりも、結衣の本当の死因が判明して良かった!でも、朝顔から真相を聞かされて泣いてしまう三郎と、悲しそうに三郎を見つめる朝顔の表情は、見ていて辛かったです。また、解剖することに不安を感じてしまっている朝顔が、学生の講義をしたことによって、改めて法医学者という仕事と向き合っている様子に胸を打たれました。そうなることを予想していたであろう、夏目先生もすごいと思う。今回の最後に起こった桑原のことについては、とても心配です!十分に悲しい想いをしている朝顔たち家族に、これ以上の辛い経験はしてほしくないです。

11話(最終回)の動画・ネタバレ

11話では、桑原くんの安否に注目!
単なる土砂崩れでない事件の真相が判明。そして、朝顔一家が向かい合うのは…?

11話の感想

30代女性

takoyakiyaketane

何はともあれ、桑原が無事でよかった!

里子の死を引きずる朝顔が、桑原まで失ってしまったら、もう朝顔は立ち直れないと、とても心配していましたが、桑原が無傷で助かって安心しました。

また、今回の土砂災害と震災の経験を重ね合わせ、土砂災害の応援を無事に終えることによって、朝顔の中でも、里子を失ったことに対する気持ちの整理がついていく様子が丁寧に描かれていました。

朝顔が里子の故郷の駅で一歩を踏み出す瞬間や冷蔵庫に貼られていた里子のメモが外されていたシーンは、朝顔と平が里子の死を受け入れ、乗り越えたことを感じ、とても印象的でした。

作品全体を通して、朝顔の遺体に対する真摯な姿勢や朝顔を含む周囲の人々の成長を感じる見応えのある内容でした。

30代女性

匿名希望

ああ、ようやくドラマが終わったのかという安堵の気持ちと、時が経っても震災の思いでは風化せず、いつまでの家族の心の中で生き続けながらも、生きている人間たちはやってくる日々を一生懸命生きるのだな、と思いました。

来週に特別編があるのも気になりますが、私個人は里子(石田ひかり)の形見の手袋はどうするのかな?タンスの中に片付けて、何か気持ちを抑える時に出してくるのかな?と思いました。里子さんはいなくなったけれど、気配は残っている最後のシーンは印象的でした。

最後に

笑顔猫

ドラマ『監察医 朝顔』最終回まで、このページで情報を随時更新してお届けしてきました。またお暇な時に見に来てくださいね。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。