『監察医 朝顔』ドラマ最終回ネタバレあらすじ!桑原くん生還!物語は特別編エピソード0へ

2019年9月23日に放送されたドラマ『監察医 朝顔』11話(最終回)のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

疑問猫

11話(最終回)では、海を見ながら、朝顔が里子に語りかけるシーンに注目。
解剖に挑めた先に見えた、朝顔が最後に向かいあうのは、あの震災のこと。

TV放送を見逃した方へ!

『監察医 朝顔』の動画は「FODプレミアム」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『監察医 朝顔』11話(最終回)のあらすじネタバレ

山梨県で大規模な土砂災害が発生。違法な産業廃棄物の場所を捜査をしていた桑原真也(風間俊介)と神崎譲治(市川右團次)らがその土砂災害に巻き込まれましたが、運よく自力で脱出。山梨県警に行き、桑原は翌日帰ることを妻の万木朝顔(上野樹里)に報告します。

しかし、土砂災害では多くの人々を巻き込んだ可能性が十分にありました。深夜、法医学教室に応援要請が入り、連絡を受けた夏目茶子(山口智子)は、朝顔、高橋涼介(中尾明慶)、安岡光子(志田未来)とともに現地へと向かいます。しばらく朝顔と桑原が留守になるため、娘夫婦の代わりに、万木平(時任三郎)が孫・つぐみ(加藤柚凪)の面倒を見ることに。

翌朝、土砂が起こった山梨・森山には、警察や興雲大学チーム、地元の歯科医師などが現場入りしました。災害対策本部に到着した朝顔らは、山梨県警で働く伊東純(三宅弘城)から「老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の家屋が下敷きになっており、二次災害の危険があるため死傷者の数は不明」と説明を受けます。とり急ぎ遺体安置所を設置。次々運ばれる遺体を検死すると、ほとんどが土砂の吸引による窒息でありました。しかし朝顔は、この死因に疑問を感じており、解剖できないかと願い出ます。

すると、災害対策本部で検案書のチェックを行っていた朝顔の元に、災害現場で現場監督をしていた国江建設の作業員・赤井啓介(笠原秀幸)が現れ、「自身は知らないけれど、よくわからないゴミを処理していた。事故があったのは自分のせいだ」と朝顔に伝え、「何が力になることはできないか」と申し出ます。朝顔は、平や茶子に事情を説明し、今回の土砂災害が自然災害ではない可能性を示すのでした。

一方、今回の土砂災害が、産業廃棄物の不法投棄による人災の可能性があることを示唆する桑原と神崎。そして、神崎は平に、真実を握っていると思われる国江建設の白石隆善(児玉貴志)について調べるよう依頼します。

その頃、運び込まれる遺体を前に、平常ではいられないと騒ぎ出す遺族たち。茶子は、遺体の取違いを起こした過去の事例を反省を生かすため、遺体を遺族に引き渡すことを拒みました。感情には揺さぶられない毅然とした対応です。会いたいと懇願する男性に、高橋はなすすべもなく、泣きながら頭を下げるのでした。

朝顔は作業の中で震災の記憶とフィードバックしながらも冷静さを保ち続けます。翌日運び込まれた遺体は20人余り。数に驚く朝顔たちでしたが、目の前の遺体に対応するしかありませんでした。朝顔は遺体を見ていく中で「びらん」のある遺体、つまり窒息以外の原因で死亡した可能性のある遺体を発見します。

そして、作業現場では濃硫酸と次亜塩素酸を含む産業廃棄物が捨てられていたことが判明。土砂崩れは、おそらくこの化学物質が反応して塩素ガスが発生したことによる人災であるとみなされました。遺体からは塩素ガスの中毒死の可能性が示唆されます。山梨県警から解剖許可がおり、死因の特定のために解剖が行われました。そんな中、無事に土砂から救出されたものの、クラッシュシンドロームになっている男性を発見する光子。すぐに医療機関へかかるように助言し、男性は早期治療を受けることができました。

また、白石の足取りを追う警察ですが、すでに行方をくらましており、なかなか手がかりをつかむことができません。そこで、連続自殺死している国江建設の作業員の遺体から何か白石につながる証拠はないかと、法医学教室に残る藤堂雅史(板尾創路)に再解剖を依頼します。すると遺体からは南米でしか見られない寄生虫を発見します。警察側は罠を仕掛け、この事態をネットニュースで流した結果、感染症センターに急いでやってきたのは、マークしている白石でした。罠に掛かった白石の身柄を見事に捉えると、白石は自供により違法な産廃投棄を認め、事件の全貌が明らかになるのでした。

膨大な作業を終え、帰ってきた興雲大学チーム。茶子は全員の疲労をねぎらい、また仕事を頑張りましょうと呼びかけます。数日ぶりに帰宅した朝顔。その夜はつぐみと桑原の3人で川の字です。桑原は土砂崩れに巻き込まれ死の危険を感じたこと、生きていてよかったと語ります。生きている実感、命の尊さを夫婦で共有した二人は、勇気を出してあの震災の場へつぐみを連れ、祖父・嶋田浩之(柄本明)に会いに行こうと決意。朝顔は、万木里子(石田ひかり)の故郷で行われる灯籠流しに行くことを提案するのでした。

そして、灯籠流しの日。朝顔は平、桑原、つぐみと共に里子の実家へ向かいます。東北へ足を下ろした途端、サイレンの音に動揺するものの、何とか気持ちを静めることができた朝顔。里子の父であり、朝顔にとっては祖父にあたる「大じいじ」は、今回初めて曾孫・つぐみ、孫の夫・桑原と会うことができました。一家団欒の最中、大じいじは里子がその場に生きているような錯覚に見舞われます。しかし実際には里子はおらず、そばにいたのは朝顔でした。「どうしてここに里子がいないんだ」と泣き崩れる大じいじ。外に出た平と朝顔。朝顔と共に震災の海を眺めます。平は里子がそばにいる気配を感じると話し、朝顔は見えない里子に話しかけるのでした。夜が更け、震災の思いを込めた灯篭流しをする一家の姿がそこにありました。

場面は変わり、あわただしい日常生活を送る朝顔たち。里子の形見である手袋は大事にタンスに片付けられています。この日は、家族全員で記念写真を撮影し、つぐみのお遊戯会に出かけるのでした。震災後冷蔵庫に貼っていた里子のメモは、もうそこにはありません。

『監察医 朝顔』11話(最終回)の視聴者の声は?

『監察医 朝顔』11話(最終回)を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

冒頭で桑原くんの生死が判明!その意味するところ

涙猫

2週に渡り予告で匂わせていた桑原くんの死。最終回の冒頭で無事ということが判明しましたが、その後のストーリは、これぞ『監察医 朝顔』というものを見せてくれました。派手さがないからこそ、強いメッセージ性が心にしみるドラマでした。

『監察医 朝顔』11話(最終回)まとめ

笑顔猫

『監察医 朝顔』ロスになりそうと思いきや、次週は新映像ありの特別編が放送されます。あたりまえなのか、ありがたいのかわかりませんが、TV放送で見れます(笑)ということで、朝顔と桑原くんの出会いが描かれるというエピソード0、楽しみですね。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。