『ブラック校則』ドラマ2話ネタバレあらすじ!小野田創楽(佐藤勝利)のスベりが絶好調!鼻箸からの燻製ランチ

2019年10月21日に放送されたドラマ『ブラック校則』2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

2話では、どこかズレてる小野田創楽(佐藤勝利)の可愛さに注目。
どうして鼻に箸を突っ込もうと思ったの?

TV放送を見逃した方へ!

『ブラック校則』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ブラック校則』2話のあらすじネタバレ

砂浜で3人を待つ小野田創楽(佐藤勝利)と月岡中弥(高橋海人)。 群れから離れると死に急ぐクロオオアリを見て、中弥は生徒会長・上坂樹羅凛(箭内夢菜)を思い浮かべます。

一日のスケジュールに服や食べ物、親が何でも決め、樹羅凛もまたそれを望んでいました。自由を恐れる樹羅凛には、校則は居心地の良いものでした。そんな樹羅凛に、基準が曖昧な校則の境目の検証を町田希央(モトーラ世理奈)が依頼します。

いつものように校門で風紀チェックをする体育教師・手代木豊(星田英利)と英語教師・大多和美那子(片山友希)。先入観なのか、樹羅凛は膝上2cmのスカート丈、膝下2cmのソックス、そして低目のポニーテールで問題なく風紀チェックを通過します。ところが、手代木は校内ですれ違った女生徒にポニーテールを注意します。膝上6cmのスカート丈、膝下6cmのソックス、そしてやや高目のポニーテールで手代木の授業を受けましたが、樹羅凛は注意されません。

更に、膝上10cmのスカート丈、膝下10cmのソックス、そして高目のポニーテールで大多和の授業を受けます。大多和と目があった樹羅凛でしたが、何故か三池ことね(堀田真由)がシャツのボタンを掛けるよう注意されます。

昼休みに一緒に昼食を摂る樹羅凛と希央。樹羅凛には特に好きなものはなく、母親の作ったものを食べるだけでした。そんな樹羅凛を「足が速いだけの空っぽ女」と馬鹿にすることねに、希央が突っかかり口論になります。樹羅凛が泣き出し教室の空気が重くなります。創楽は突如大声を出して立ち上がり、箸を鼻の穴に突っ込みましたがスベります。

次の日の昼休み。希央に樹羅凛なりのクールなランチが見たいと言われ、そうめんと麺つゆを持って来ました。創楽と希央が調理室でそうめんを茹で、教室で雨樋を使った流しそうめんが始まります。騒ぎを聞きつけ駆けつけた手代木でしたが、校則で禁止されておらず、樹羅凛も食べていたからか注意出来ませんでした。コーツ高校レジスタンス部では、樹羅凛に続き、最高の昼ごはんを持って来ることになります。昼休みにカセットコンロと燻製器で、創楽が教室で燻していると、手代木に連れ去られます。

群れから外れ新しい餌を探すプログラムエラーを起こす痛いアリが、パイオニアであると知った創楽は、突然制服を着たまま海に飛び込みます。そんな創楽を、「本当に痛い奴」と中弥は思うのでした。

『ブラック校則』2話の視聴者の声は?

『ブラック校則』2話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

可愛い顔でやらかす小野田創楽(佐藤勝利)が面白い

可愛い。

1話の復習からご覧ください。

鼻箸で教室の空気が冷え!

最高の昼食をはき違え、1人だけ教師に連行される。

これは…?

まとめ猫

何かしようと体を張って頑張る創楽くん。ズレてるけど可愛さがあふれてます。

『ブラック校則』2話まとめ

今回は町田希央(モトーラ世理奈)が生徒会長・上坂樹羅凛(箭内夢菜)をけしかけ、校則の境目を調べる実験をしたのが楽しかったです。意外と交渉上手な希央と意外と言いなりな生徒会長さんが良いコンビだったのかな?

まねき猫

生徒会長を襲う唐突なラップ「外国人労働者 with 光石研」ウケた

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。