2019年11月12日

『ブラック校則』ドラマ5話ネタバレあらすじ!達磨、胸熱ラップバトル!白雪姫はことねか?

2019年11月11日に放送されたドラマ『ブラック校則』5話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

5話では、心の叫びを訴えるラップバトルに注目。
吃音症のラッパー・達磨が東詩音で登場します。

TV放送を見逃した方へ!

『ブラック校則』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ブラック校則』5話のあらすじネタバレ

雨に降られ雨宿りをして、砂浜で3人を待つ小野田創楽(佐藤勝利)と月岡中弥(高橋海人)。

突如、創楽にラップを強要する中弥は、町田希央(モトーラ世理奈)がよく行くスクラップ工場の工員たちに、すっかり感化されていました。

工場の工員たちと気の置けない仲の希央(モトーラ世理奈)。仲良くなったきっかけは、コフィ(マークドンコー)の「のぞき行為」でした。希央の母・マリ(坂井真紀)が作るトマトパスタのにおいに誘われ、家を覗いていたところを希央に見つかってしまったのです。コフィは料理を見て、ふんだんにトマトを使う故郷のガーナを思い出していました。そんなコフィに、マリはパスタを振る舞います。

迎えに来た井上(光石研)、グレイソン(ビーティー)、そしてジル(三浦ロディ)たちとも仲良くなり、希央は工場に遊びに行くようになります。希央は、工員たちといることが楽でした。

希央とラップ好きのクラスメイト・東詩音(達磨)を重ねる中弥。いつものように同級生にイジられていた東を助け、イジりの原因だった音楽を聴かせてもらうと自作のラップでした。中弥は、東を工場に連れて行きましたが、吃音症の東は話すのが苦手でした。コフィたちがラップで東をけしかけると、東もラップで返し言葉を紡ぐのでした。

そんな気の良いコフィたちでしたが、工場長(タイソン大屋)のパワハラに悩んでいました。ある日、創楽と希央は、工場長に殴られるコフィを目撃します。井上はストライキを提案しましたが、正義感の強いコフィは取引先に迷惑がかかると拒みます。見兼ねた創楽は、コフィたちに代わり仕事をすることにし、中弥をアルバイトと偽り誘います。中弥に給料を尋ねられ、創楽は問題を出します。数式「(x-a)(x-b)(x-c)…」を見せ、xは900円でzまで繰り返しかけます。中弥は大金が手に入ると思い、仕分け作業を張り切ります。

希央の家でプラカードを作ったコフィたちは、シュプレヒコールを上げ工場まで行進します。行進を見かけた三池ことね(堀田真由)が、こっそり工場までついてきました。工場長の暴言に対し、創楽と中弥がドラム缶で刻むビートにのり、コフィたちはラップで対抗。ことねはスマホで隠し撮りしていました。動画は投稿され、本社の知ることとなり、工場長に処分が下されるとの噂が広まります。

声を上げるべきだと考えた創楽は、東にラップを教わります。日頃押し込められた感情を表現できると思いましたが、向いていないことに気づき、自分なりに表現することにします。体育教官室の前に座り込み、校則見直しのために創楽は1人ストを決行します。しかし、体育教師・手代木豊(星田英利)にあっさり鎮圧されてしまいました。

雨宿りする中弥は、創楽に給料を要求します。未だに気づかない中弥のため、創楽はタネを明かします。式の中に「x-x」が含まれ、0に何をかけても0でした。タダ働きだったことにやっと気づき、愕然とし落ち込む中弥なのでした。

『ブラック校則』5話の視聴者の声は?

『ブラック校則』5話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

ラップが繋ぐ心と心

まとめ猫

中弥のラップ上手い!創楽のラップは下手なのが上手い!
東(達磨)のラップは心に刺さる!
外国人労働者たちと井上は会話するようにラップするのが面白い!

『ブラック校則』5話まとめ

ななちゃんほどの確信はありませんが、ラップストライキの動画を撮影していた、三池ことね(堀田真由)がレジスタンス部の白雪姫という線が出てきました。小野田創楽(佐藤勝利)と月岡中弥(高橋海人)の待ち人が誰なのか、次回5人目の候補のヒントがくることを期待します。

まねき猫

井上は無理!!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。