『CHEAT(チート)』ドラマ5話ネタバレあらすじ!伝説の詐欺師ナミオカは沙希の父か?

2019年10月31日に放送されたドラマ『CHEAT(チート)~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』5話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

5話では、沙希の父・星野稔と謎ワード「トスカ」の関係に注目。
星野稔はトスカなる電子マネーを謳った詐欺犯であることが判明します。

TV放送を見逃した方へ!

『CHEAT(チート)~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『CHEAT(チート)』5話のあらすじネタバレ

蓮見将暉(桐山漣)は1人の男を探していました。一方、ダーツをする星野沙希(本田翼)の傍らには星野稔(池内万作)の新聞記事が置いてあります。

2001年秋、「TOSUKA(トスカ)」という電子マネーが世間を賑わせました。TOSUKAを購入すると様々な特典が手にできることから、会員は5万人に増えます。しかし、その中身の実体はなく、いわゆる自転車操業状態。TOSUKAの創業者は週十億円を持ち出し、国外へ逃亡。未だに逮捕されていません。その詐欺師こそが沙希の父・星野稔だったのでした。

依頼人の水越が相談に来ました。水越は友人から、「ラミシステム」で海外の土地が買えると勧誘されたと言います。ラミコインという仮想通貨を利用すると、たった20万が20億円になると聞き、水越はラミシステムのイベントに参加しました。有名人も参加していたというそのイベントの雰囲気に流され、その場で一口20万を購入。毎月ラミコインで配当が入り、現金に替えることもできていましたが、その後システムエラーが発生したとのこと。不安で警察署に相談し、安斎和毅(風間俊介)の紹介でこちらに来たとのことでした。

丸山美月(福原遥)の調べによると、ラミシステムの会員数は17万人。日本法人代表は勢野勇一(笠原秀幸)。販売している土地は存在するが内情ははっきりとせず、仮想通貨の実態は不明。
「ポンジスキーム」を疑う沙希、美月、根岸俊(上杉柊平)。加茂悠斗(金子大地)は「ポンジスキームとは何ですか?」と質問します。警察官がその言葉を知らないことに驚く美月と根岸。沙希は怒りで爆発します。

今回のターゲットは勢野勇一。根岸は勢野の会社に面接を申し込み、潜入することにします。安斎が事務所に来ると、加茂が1人で待機していました。仲間に入れてもらえなかったのかと安斎に聞かれ、加茂は「ポンジスキーム」が分からなかったので置いて行かれたと伝えます。安斎は加茂に「ポンジスキーム」について説明を始めました。

「ポンジスキーム」とは、100年前、チャールズ・ポンジが生み出した手法で、金を集めて配当を約束しますが、実際は集めた金を配るだけ。そのうちに元金が無くなり破綻。その前に、詐欺師はお金を持って逃走するというもの。

蓮見は勢野の事件を知り、星野稔の事件を思い返しながら、時代は繰り返すと思うのでした。

根岸は面接で、勢野に以前「L&PA」という会社に居たという経歴を伝えていました。根岸から送られてくる音声を聞きながら、安斎は「やつらはL&PAに居たという根岸に食いつく」と話します。根岸と入れ替わりに沙希も勢野のオフィスに潜入。根岸は最終面接に進みました。

根岸が最終面接に向かうと、勢野は根岸が本当にL&PAに居たのかを調査していました。沙希は根岸から連絡を受け「撤収」と叫びます。根岸に気づいた勢野。根岸は追いかけられ、何とか逃げ延びますが、勢野の部下たちの会話から、勢野の背後に「波岡」が居ることを知ります。

外を歩く沙希に蓮見が話しかけます。「オヤジに会わせてくれよ。伝説の詐欺師、星野稔に。今は波岡というのか」と。沙希は、父と過ごした幼い日のことを思い出していました。

美月は、勢野のお気に入りのクラブバーに侵入。踊りながら勢野や周囲を観察し、フラウドバンクの日本法人担当者(エリザベス・マリー)の写真もゲットします。彼女が来ているということは、勢野が重要なクライアントだということを示していました。美月は勢野に気に入られ接近。勢野が席を外したすきに、勢野の携帯を操作しますがシャッター音が。美月の画像は保存されてしまいました。慌てて逃げる美月。勢野に美月は見破られていたのでした。

勢野に見破られ悔しがる根岸と美月。沙希は加茂を向かわせることにします。

加茂は勢野にあこがれているという設定で、勢野と同じ格好をして勢野に会いに行きます。勢野はラミシステムの会員はファミリーだと話し、加茂を誘います。加茂は即座に10口買うことを了承。2人は握手するのでした。

加茂は、英語が喋れないのに世界中に友人が居るという設定に文句を言います。無理だと嘆く加茂に、根岸は「大丈夫。加茂には才能がある。詐欺師のカモになる才能が」と言います。「失敗したくせに」と加茂。沙希は加茂に「もう20口買って」と伝えます。どうして更にこんなに買うのかと加茂は分かっていない様子。根岸は「お金がどんどん増える成功体験は、人の心をがっちりつかむ。その後でおかしなことが起こっても気づかないものだ」と説明します。加茂は、勢野に連絡を入れました。

沙希は勢野を料亭に呼び出します。一緒に食事をした後、5カラットのダイヤを勢野に見せ、磨けば3000万になると話します。不況に陥った時、価値が固いのは金とダイヤで、とくにダイヤモンドは持ち運びに困ることはないと伝え、資産としての購入を勢野に勧めます。こんな高いダイヤを警備も付けずバックから出す行為を勢野は指摘しますが、沙希は、この店はセキュリティーが万全で、自分も相手を選んでいると答えます。勢野は笑って、次も会ってもらえるか沙希に聞くのでした。

沙希は外で、フラウドバンクの日本法人担当者を見かけ、「このままほっとくと、あんたも終わるよ」と言い放ちました。

「ジュエル☆トリコ」の練習になかなか来ないモモ(本田翼)を、マイ(冨田望生)とユナ(横田真悠)は心配します。そこへ中込真治(清原翔)が入ってきて、ライブチケットのノルマの100枚が達成されたことを告げます。中込と喜ぶマイとユナ。モモも加わり、中込を突き飛ばして3人で喜び合います。

根岸と美月は街で外国人の写真をゲットし、アカウントを作成していました。そのアカウントを利用して、ラミシステムについての問い合わせを勢野に送っていました。加茂は「今さらですけど、僕の友人は、何で外国人ばかりなんですか?」と聞きます。根岸は今さらだと呆れます。暇そうな加茂に、根岸は勢野に送るメッセージを考えさせます。ダラダラとじらすようなメッセージをとアドバイスします。

加茂は行きつけの占い師(池内万作)に「嘘なんて大嫌いなのに嘘をつかされているうちに、自分でもよくわからなくなってきた」と相談します。「慣れですよ」と占い師は言います。嘘は全部悪だと思うと言う加茂に、占い師は「あなたが見たものが、全部真実とは限りません」と言うのでした。

1週間後、勢野は加茂が紹介した友人と称するアカウントからの問い合わせに喜んでいました。新規会員として確約し、すべてが11月2日に入金予定となっています。そんな中、ナミコインを換金できないという人たちが苦情に押し寄せていましたが、気が大きくなった勢野は、メンテナンスで一時的にストップさせているだけなので、11月3日には取引を再開すると自信満々に宣言するのでした。

しかし、11月2日になっても、新規会員21名から誰一人として入金がありません。アカウントは皆削除されていました。焦った勢野は加茂に連絡しますが繋がりません。沙希は「例の件、始めるから」と言いました。

追い詰められた勢野は、フラウドバンクの日本法人担当者に「今すぐ送金して」と連絡を入れますが、「出来ません」と断られます。勢野は暴れた挙句、本棚に隠してあったお金を見て、沙希に連絡を入れました。沙希は勢野を以前の料亭に呼び、ダイヤモンド見せ、外人の鑑定士から説明させます。一括購入ならば、ダイヤの原石も付けると伝えます。

沙希は「それにしても、どうして急に購入する気になったのか?」と勢野に聞きます。「銀行に預けられなかったのでは?」と沙希が言うと、フラウドバンクの日本法人担当者が現れます。彼女は、見て見ぬ振りも同罪だと沙希から言われ、勢野に加担するのを辞めたのでした。「まだ分かんないの?あんた、自分で詐欺だと言っているのと同じなんだよ」と沙希は笑い出します。ラミシステムのホームページを勢野に見せる沙希。そこには、沙希が連れてきた鑑定士と同じ顔の写真が会長として載っていました。勢野がフリー素材のページの中から、勝手に載せていた写真だったのです。

「はい、そこまで」と沙希。「嘘の会長でも、顔は覚えておかないと」と沙希は言い放ちます。今の様子は、沙希が忍ばせて置いたボールペンカメラで会員みんなに発信されていました。「きたねーぞ」と勢野。「きたねーのはお前だ。」と沙希。「波岡のことを知っているのか」という問いには勢野は黙って答えませんでした。

「ジュエル☆トリコ」のライブの時間が近づいていますが、モモは現れません。遅いと心配するマイにユナは、道に迷っているのではないかと話します。

その頃、沙希は勢野の事務所の部屋に入っていました。そこには何故か加茂が。部屋には星野稔の記事が額に入れて飾られていました。沙希は額を壊し、黒いブレスレットを取り出します。加茂は星野稔の写真を見て「これって新宿の占い師さんだ」と言います。加茂から場所を聞き出し、その場所へ向かう沙希。加茂は「ジュエル☆トリコ」のライブへ向かいます。

ライブ会場では、モモが来ないのでマイとユナが慌てていました。中込もモモに連絡を取ろうとしますが、電話もメールも繋がりません。ついに、「ジュエル☆トリコ」の紹介のアナウンスガ流れます。

その頃、沙希は新宿の占い師に近づいていました。蓮見が占い師に沙希より早く近づき、帽子を取りますが、星野稔ではない違う人物がいました。沙希は崩れ落ちて悔しがります。安斎が遠くからその様子を眺めていました。

『CHEAT(チート)』5話の視聴者の声は?

『CHEAT(チート)~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』5話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

待ってました!出番が増えた蓮見さんと大谷刑事

まとめ猫

やっと美しき刑事たちが動き出しました。蓮見が星野稔を追っているのは過去の因縁からのようですが、大谷刑事はどこまで知っているのでしょうか?

『CHEAT』5話まとめ

今回、バックに潜んでいる事情が徐々に判明して、ストーリー展開が加速してきました。

蓮見が言うように、沙希の父・星野稔=伝説の詐欺師・ナミオカなのでしょうか。また、最後安斎がナミオカを逃がしたように見えた、その真相も謎に包まれています。

さらに、加茂が勢野の事務所に侵入していた理由が不明なことから、加茂くん黒幕説まで登場。今後の展開が気になります。

まねき猫

星野稔が付けているブレスレットが、今後のキーアイテムになりそう。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。