『ドクターX』ドラマ5話ネタバレあらすじ!ブラックジャック「イレズミの男」女性版!岩下志麻が適役

2019年11月14日に放送されたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』5話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

5話では、三原雅恵(岩下志麻)が手術、検査を拒む理由に注目。
「女には墓場まで持っていく秘密がある」の言葉に納得する女性陣も見どころ。

TV放送を見逃した方へ!

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ドクターX 第6シリーズ』5話のあらすじネタバレ

ニコラス・丹下(市村正親)は学会でフランスのパリに出張。丹下から大門未知子(米倉涼子)に、好きなだけオペをしても良いと許可が下りていました。未知子はオペを好きなだけやろうとしますが、オペ看(手術室看護師)に揃って断られます。大事な講演会があるとのこと。院長の蛭間重勝(西田敏行)が招いた、日本看護師連合会名誉会長の三原雅恵(岩下志麻)の講演会が行われるのです。雅恵を、蛭間夫妻、看護師総出で迎えました。

三原雅恵の講演会が始まります。雅恵は「働き方改革なんて言ってないで、際限なく働きなさい。看護師たるもの患者様のために死ぬ気で看護を」と説きます。聞いていた浜地真理(清水ミチコ)は、「時代錯誤だ」と訴えます。浜地の訴えに立腹した雅恵は、講演会を中止して帰ろうとすると、廊下で未知子と遭遇します。以前に孫を未知子に手術してもらった恩義があり、「その節は孫がお世話になりました。その後、無事ひ孫も生まれました。」と報告します。一方で露出度の高い未知子の服と、言葉遣いを注意します。その際、痛みで脇を押さえた雅恵を見逃さず、未知子は検査を勧めますが、大きなお世話だと断られました。

加地秀樹(勝村政信)、原守(鈴木浩介)、多古幸平(戸塚純貴)は仕事終わりにナース服のガールズバーへ。そこでバイトをしている大間正子(今田美桜)を発見します。正子は実家に仕送りをしているため、バイトしているのだと言います。まだ一人前ではなく、オペ看が出来ない今の状態では給料が足りないのです。そこへ、加地達の誘いを断った、潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と村崎公彦(藤森慎吾)がやって来ます。加地達に声を掛けられ、バツが悪そうな2人。どうやら常連のようでした。

海老名敬(遠藤憲一)は蛭間の使いで菓子折りを持って、講演会のお詫びに雅恵の自宅を訪れていました。菓子折りの底に現金を見つけた雅恵は、怒って付き返しますが、そこで倒れてしまいます。東帝大学病院へ搬送されました。看護師長の白洲民枝(山下容莉枝)は、雅恵に検査を促しますが拒否され、未知子に説得を頼みます。未知子は体に障らせない雅恵の様子を見て「何か、調べられたくないことがあるのか?」と聞きます。雅恵は血液検査だけを了承するのでした。

術前カンファレンスにて。雅恵は検査を拒んだため、結局血液検査のデーターのみ。AIはデーター不足で診断不可能でした。未知子は血液検査データーと雅恵の所見から「ダンベル型神経鞘腫」を疑います。そこへ海老名が他病院で過去に取った雅恵のCT画像を手に入れてきました。画像を見ると未知子の診断通りの影が。潮、加地、未知子が雅恵の執刀を申し出ますが決まらず、蛭間の判断を仰ぐことに。リスクを考え蛭間は転院をさせようとしますが、未知子は猛抗議します。

未知子は神原晶(岸部一徳)、城之内博美(内田有紀)と雅恵のことを話していました。城之内は、雅恵はシングルマザーの星だと言います。雅恵は未婚で男の子を出産。神原によると、父親が大物政治家や若い研修医ではと噂になりましたが、雅恵は結局誰にも明かさなかったとのことでした。

雅恵は息子に説得されても、背中にメスを入れることを執拗に拒み、看護師に着替えも手伝わせません。家族で温泉旅行に行っても一緒にお風呂には入らないと言います。そんな矢先、雅恵は病室で吐血して倒れてしまいます。雅恵の意識のないうちに、未知子はCT検査をします。看護師長の白洲がMRIを次に促しますが、未知子は止めました。

雅恵が目覚めました。未知子は「検査もオペも拒否する理由が分かった」と言います。「見られてしまったのね。私の秘密。これだけは命を懸けても守りたい。息子にも誰にも言わないと約束してほしい」と雅恵。未知子は「私にオペをやらせて下さい。大切なものは傷つけない。女と女の約束です。私、失敗しないので」と言い切りました。

定時を過ぎても未知子は残っていました。蛭間はAI監視室で潮に機器の説明を受けています。正子は蛭間を早く帰るよう監視していました。白洲は妻の蛭間華子(藤真利子)を引き合いに出し、何とか蛭間を帰らせます。

未知子、城之内、正子の3人で、雅恵の極秘オペが始まりました。正子は雅恵の指名です。正子は雅恵を尊敬しており、雅恵と同郷だったため目を掛けられたのです。未知子は背中ではなく、側臥位からメスを入れます。未知子は正子に吸引を指示。城之内は背中からのアプローチを勧めます。未知子が城之内と正子に雅恵の背中を見せ、「女と女の約束なの」と言います。城之内は「そういうことか」と納得するのでした。

浜地が未知子のオペを発見し、止めさせようと手術室に向かいますが、白洲を始め看護師達が立ちふさがります。浜地は蛭間に未知子のオペの連絡を入れ、華子と食事中だった蛭間は急遽病院へ向かいます。

蛭間が病院に華子と共に到着。マイクで未知子にオペを止めるよう叫びます。「今止めたら、患者死にますよ」と未知子。それを聞いて「それは困る。オペは成功させろ」と蛭間。「何故、側臥位でオペをしているのか」と蛭間が尋ねると、「女には墓場まで持って行く秘密があるの」と言い放つ城之内。それを聞いた浜地と華子は「分かるわ~」と頷き、静かになります。

手術前、未知子は雅恵から「患者さんを好きになってしまった。息子が生まれる前に亡くなってしまったけれど。誰にも言えなかった。愛した人が極道の男だなんて」と秘密を打ち明けられていました。若かったあの頃は真剣で、好きな人との思い出を刻んでおきたくて背中に入れ墨をいれたと。

手術は無事終了。雅恵の肩に手を置く未知子。蛭間は「何か分からないけど、かっこいいな」と呟くのでした。正子が未知子に「素晴らしいオペでした」と伝えると、未知子は「あんたもこれで一人前だ」と声を掛けます。うれしそうな正子。

いつものごとく、神原がメロンと請求書を持って蛭間のもとへ。極秘オペを理由に拒否する蛭間。神原は「まもなく日本医師クラブ会長選挙ですね。三原雅恵からの絶大な信頼を得て良かった」と迫ります。さらに、もう一つのメロンの箱を差し出すと、必勝ダルマが入っていました。それを見た蛭間は2000万円の請求書を承諾しました。

未知子は神原から、雅恵の部屋に寄るよう連絡を受けます。雅恵は「1ミリも傷つけず、守ってくれてありがとう」と言い、未知子に背中の龍の入れ墨を見せました。雅恵が愛した「五郎」という名前も入っていました。

一方、未知子に認められた正子は、ナース服のガールズバーを辞め、本業一本でやって行くことに決めたのでした。

『ドクターX 第6シリーズ』5話の視聴者の声は?

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』5話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

女極道版ブラックジャックを見た

まとめ猫

岩下志麻さんのイメージで「刺青」と予想した方も多いはず。漫画『ブラック・ジャック』に似たような話があり、連想した人は自分だけではなかったようです。ブラックジャックさんは命がけで模様にスパっとメスを入れましたが、未知子は別の場所からのアプローチという違いがあります。

『ドクターX 第6シリーズ』5話まとめ

城之内の「女には墓場まで持って行く秘密があるの」で、さっきまで大騒ぎしていた浜地真理(清水ミチコ)までが「わかる…」状態になったのが、なんとも絶妙でした。未知子は聞いてくれないので、誰か浜地先生の武勇伝を聞いてあげて欲しいです。

まねき猫

大間正子(今田美桜)ちゃん、未知子に認められて良かったね!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。