ドクターX 7話:かじはら反省!「プライドと恥はゴミ」大門未知子の名言が響く

2019年11月28日に放送されたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

7話では、英語が上手く聞き取れない加地秀樹(勝村政信)たちに注目。
アレルギーの問診で否定疑問形の答えがわからなくなってしまいます。

TV放送を見逃した方へ!

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ドクターX 第6シリーズ』7話のあらすじネタバレ

浅草、雷門。大門未知子(米倉涼子)と神原晶(岸部一徳)は休日を楽しみます。美味しいものを食べまくる2人。鏡獅子と写真を撮ると、1人1000円を要求されて払う羽目に。納得のいかない2人でした。

東帝大学病院。蛭間重勝(西田敏行)は院長回診を復活させましたが、鮫島有(武田真治)は止めようとします。ニコラス・丹下(市村正親)は、未知子と食事を摂りながら、院長回診を例に挙げ、無駄ばかりだと不満をもらします。改革に協力してほしいと未知子に頼みますが、「いたしません」と未知子。食事が終わり帰ろうとする未知子に、丹下は「毛包移植」いわゆる最先端の「植毛」をしてほしい患者がいると頼みます。

世界的銀行家、セブン・ゴールドバーグ(アラン・ロウ)が妻のナタリー(アナンダ・ジェイコブズ)を連れてやって来ました。迎えた丹下に「完璧な移植をしてくれれば投資する」と横柄に言います。丹下は未知子をセブンに紹介します。女である未知子に更に横柄な態度のセブン。未知子は「たかが植毛でしょ?生きるか死ぬかの患者は絶対救う。あなたのはサクッと片付ける」と言います。セブンは未知子の言葉に怒って帰ろうしますが、突然苦しがりその場に倒れてしまいました。すぐに検査が行われ、胃がんのステージⅠBだと判明。丹下はセブンに手術を勧めます。

術前カンファレンスで。未知子はセブンの手術の執刀を希望しますが、未知子の暴言に怒ったセブンは、未知子の顔も見たくないと言っているため却下。セブンの3週間での帰国の希望を踏まえて、加地秀樹(勝村政信)の腹腔鏡手術が行われることになりました。

加地の英会話力を心配して村崎公彦(藤森慎吾)が通訳を申し出ますが、加地は拒否。原守(鈴木浩介)と多古幸平(戸塚純貴)と共にセブンの問診へ向かいます。胃の全摘は嫌だと怒っているセブンは早口で、加地達は英語が聞き取れません。日本語の知識があるナタリーがフォローを入れますが、結局アレルギーの質問の答えもあやふやなまま。医局に戻り、実は3人ともセブンの英語がうまく聞き取れていなかったことが分かり不安になります。

食堂で、未知子が鏡獅子と撮った写真を見ていると、ナタリーが声を掛けてきました。自分も浅草に行って、セブンの手術の成功を祈りたいと言います。連れて行って欲しいとナタリーから強引に頼まれ、仕方なく未知子は晶も誘い、ナタリーを連れて浅草に。鏡獅子に喜ぶナタリー。案の定、鏡獅子は写真を一緒に撮ろうと近寄ってきました。すると、聞き覚えのある声が。なんとその鏡獅子はバイト中の海老名敬(遠藤憲一)だったのです。平に格下げされ、給料が半分以下になった海老名はバイトを始めていたのでした。

海老名の話をしながら3人はお好み焼きを食べます。ナタリーは「セブンにも食べさせてあげたい。セブンは手術が怖いのです。父が盲腸の手術の後で高熱を出して亡くなったから。」と話します。未知子はオペ後の高熱で亡くなったという言葉を気にかけます。「私だったら絶対死なせない」と未知子は言い切りました。ナタリーは未知子を見つめます。

バイトが終わり、海老名は元締(ボビー・オロゴン)から日当をもらいます。そこへ蛭間から電話が。アルバイトをしていることがバレている様子。急いで顔を拭きながら海老名は院長室へ駆け込みます。獅子のメイクが取り切れてない海老名の顔を見て、驚く蛭間。蛭間は、セブンのオペが成功したら、丹下は巨額の投資をさせて、経営再建のお題目のもとで、東帝大学病院をバラバラにして切り売りしようとしていると海老名に告げます。蛭間は、丹下の弱みを握って報告するようにと海老名に告げるのでした。

日本人の丹下を信用していないセブンは、帰国の準備をするようナタリーに言います。ナタリーは未知子の元を訪れ、「セブンは帰国して手術をしようとしているが、私は大門先生にしてほしい。彼に逆らう人は居ない中、生きるか死ぬかの患者は絶対救う。彼の父にも、私なら死なせないと言ってくれた。」と言います。未知子は「でも私、優しくないよ」と了承するのでした。

蛭間からの丹下調査の命を受けた海老名は、鏡獅子のバイトを辞めたいと元締に申し出ました残念がる元締に、海老名は丹下の写真を見せ、この悪い人を辞めさせないといけないと話します。丹下の写真を見た元締は「コイツ知っているぞ。ボラボラ島のオークションで時々会う」と丹下と一緒に写った写真を海老名に見せました。

未知子はセブンの元へ行き、盲腸の手術で亡くなった父のその時の様子を聞きます。怒って声を上げるセブン。村崎の通訳のもと、もう一度問診をやり直そうとやってきた加地、原、多古がその声を聞きつけ部屋に入って来ました。突然、吐血してセブンは倒れます。セブンを運びながら未知子は「すぐにオペが必要。私に切らせて」と丹下に訴えますが、丹下は加地に執刀を依頼。未知子は本当に大丈夫なのかと心配します。

加地執刀でセブンの手術が始まりました。手術の様子を見ながら心配する未知子。手術の途中でセブンにアナフィラキシーショックの症状が起こります。再問診で再度アレルギーのことを確認する予定が、確認しないまま緊急オぺになってしまっていたのでした。そこへ未知子が。「アレルギーじゃないよ。悪性高熱症。」と伝えます。体温を下げる処置を指示します。セブンの父も悪性高熱症だったとナタリー。この病気は遺伝する可能性があると浜地真理(清水ミチコ)も説明します。手術を続ける未知子。未知子の指示で、熱も下がり血圧も安定。「大門先生、セブンを助けて」とナタリー。「OKナタリー。私、失敗しないので」と未知子は答えます。未知子の素晴らしい技術で手術は無事終了。セブンの肩に手を置き、ナタリーに向けて頷く未知子。丹下は「完璧なオペには完璧な医者か」と呟くのでした。

加地と原は未知子に駆け寄り、プライドがあって、恥を恐れて通訳を入れずにセブンに問診を行い、危険を招いたことを謝りますが、未知子は「ふざけんな。プライド?恥?そんなゴミみたいなもので患者を死なせるところだった。そんなんでメス入れるな」と怒って言い放ちます。下をむく加地と原。

海老名は、バイトの元締からゲットした丹下の情報を蛭間に報告します。それは丹下が特患を使って、株のインサイダー取引をやった証拠でした。丹下はその取引の収益でボラボラ島を購入していたのでした。蛭間は「よくやった。お前の今後の昇進を楽しみにしていろ」と海老名に伝えます。

一方鮫島は、手術のお礼に、セブンが5億の融資契約を進めたいと言っていることを丹下に伝えます。「これでメディカルリゾート計画が実現しますね」と鮫島。「最高の気分だ」と丹下。サンバを踊る2人。そこへ晶が「何かおめでたいことでも?」と請求書とメロンを持って入って来ました。晶は「毎度のことながら、手柄は加地先生と東帝大学病院に譲ります」と請求書を渡します。丹下は金額も見ずに鮫島に支払いを命じました。2人は笑顔で晶を見送るのでした。

未知子と晶はセブンとナタリーとともにB級グルメを味わっていました。未知子の植毛手術のお陰で、セブンの頭もフサフサに。アメリカに未知子を呼ぼうとするセブン。出張オペを勧め、プライベートジェットも用意すると言います。しかし未知子は「やめとく。オペしたい患者がいるの」と断るのでした。

喜びのあまり踊り続ける丹下と鮫島。そこへ東京地検特捜部が。金融商品取引法違反で逮捕すると立ちはだかりました。鮫島に促されて丹下は部屋の外に出ようとしますが、そこにも地検が待ち構えていました。

連行される丹下を上から見る未知子。丹下は「このままでは、日本の弱い魚は食われてしまうぞ」と未知子に向かって言います。「ブラックバスが捕まっちゃった」と未知子。そばにいた蛭間は「これ以上外来種をのさばらせてはいけない。私の判断で行った」と未知子に伝えるのでした。

『ドクターX 第6シリーズ』7話の視聴者の声は?

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』7話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

「プライドと恥はゴミ」言い放つ未知子がカッコいい

まとめ猫

否定疑問文って中学校で習ったような?セブンは激怒だったので問診しにくいのはわかりますが、日本語出来る奥さんが側にいるのに確認すらしないのはあんまりだと思いました。未知子に喝入れられて反省する加地と原でよかったです。

『ドクターX 第6シリーズ』7話まとめ

サンバを踊るニコタンと鮫島の様子が面白くはありましたが、海老名の歌舞伎バイトのおかげで?ニコタンがお縄になってしまいました。やられたことをやり返した形の蛭間院長は有能です。ニコタンは体の不調もあるようで、それに未知子も気づいている様子。セブンから持ちかけられたアメリカ行きを断ったときの「オペしたい患者」というのはズバリ、ニコタンでしょう。

まねき猫

次回、松本まりか様登場!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。