ドクターX 10話(最終回):潮先生「君ならできるだろ」の大改心!AIとニコタンオペ参戦

2019年12月19日に放送されたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』10話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

10話では、ニコラス丹下の手術シーンに注目。
ドクター生命をなげうって助けようとする医者魂に感動します。

TV放送を見逃した方へ!

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ドクターX 第6シリーズ』10話のあらすじネタバレ

拘置所で倒れたニコラス・丹下(市村正親)。自分の体に何が起きているのか分かっていると診察した医師に話し、鎮静剤だけ出してくれるよう頼みます。

一方、司法取引で釈放された鮫島有(武田真治)は蛭間重勝(西田敏行)の元へやって来て、新しく蛭間ファンドを立ち上げることを提案し、自分と手を組むよう誘います。丹下の300億の投資引継ぎも行うという鮫島。蛭間は警戒するものの、「東帝大学病院はあなたのためにある」という鮫島の言葉に気を良くして了承。

入院中の天才少年ピアニスト、吉行和十(城桧吏)は手術を拒んでいました。今まで診察を受けた5人の医者が揃って「手術したらピアノは弾けなくなると言った」と訴えます。大門未知子(米倉涼子)は、また弾けるようになるための手術をすると説得します。原守(鈴木浩介)も未知子の特技は手術だと伝え励まします。和十は丹下の援助のお陰でジュリアード音楽院に進むことが出来たのだと話しました。和十だけではなく、丹下は多くの将来ある子供たちを援助していたのでした。「僕、本当に治るのかな」と和十。「大丈夫、私失敗しないので」と未知子は答えました。

和十の手術。途中で未知子は術式を変更します。原はそれではピアノが弾けなくなると反対しますが、未知子は無視して手術を続行。そして終了します。不信感を持って未知子を見つめる原。

蛭間は、海老名敬(遠藤憲一)と潮一摩(ユースケ・サンタマリア)を呼び、鮫島と組むことにしたと説明。更にどちらかに副院長をやってもらおうと考えていると告げるのでした。

病室では「右の指が動かない。大門先生の嘘つき」と和十が叫んでいました。医局に戻り、原は術式変更した未知子を責めますが、変更しなければ腫瘍が取り切れなかったと未知子は言います。原は、ピアノを弾けるように手術をすると、承諾させるための嘘をついたと未知子を非難。「大門先生は和十君の才能と未来を殺したんですよ」と言い放ちます。「未来?あんた今しか考えてないじゃん」と言い捨て、未知子は出て行きます。

未知子が帰宅すると、かつて未知子が手術をした食堂のおばちゃん、岩田一子(松坂慶子)が来ていました。世界一周旅行から帰って来たとのこと。一子は丹下が先天性心疾患だと聞き心配します。丹下がすべての治療を拒んでいると聞いた一子は、急いで出て行きました。

一子は丹下を訪ねて拘置所に。一子は丹下に手術を勧めますが、丹下は「私は、もう年です。生きる理由もない」と拒否。「私があなたに生きて欲しいの。それが理由じゃ駄目ですか?」と一子は手を差し出します。丹下も手を差し出しかけますが、再び倒れてしまうのでした。

丹下は東帝大病院に救急搬送されます。心停止から21分。未知子は懸命に心臓マッサージを施します。和十も「丹下さんを助けて」と見守ります。懸命な処置で、やっと心拍開始。安心と疲れでしゃがみ込む未知子。

病室で丹下は目を覚まします。「お帰り」と未知子。丹下は「思い出したんだ。僕は君を1度見たことがある。ブラジルの貧しい街で爆発事故が起こった時、君は助からないと思う子供から真っ先に救おうとしていた。僕も僕のやり方で子供達を救いたかった。貧しい子供達にチャンスを与えたかった」と未知子に伝えます。「まだ間に合う。オペを受けて。」と未知子。「助かれば同じ先天性の疾患を持った子供たちの未来も救うことが出来る。死ぬ覚悟があるなら命投げ出してよ。子供達のために」と伝えるのでした。

丹下の入院により、記者会見。蛭間は「医者である限り、罪が重かろうとも命を助けることに躊躇はない」と言って会場を沸かせますが、潮によって丹下の病状が報告され、高齢での手術の成功例は無いと説明します。

未知子は蛭間に丹下のオペをやらせて欲しいと頼みますが、許可されません。蛭間の口添えもあり、潮、浜地真理(清水ミチコ)、海老名は口を揃えて丹下を救える方法はないと言います。医局でも加地らに反対される未知子。この手術を手伝ったら、ドクター生命が絶たれるかもしれないと心配する面々。「じゃあ、何もしないの?それって患者を見殺しにするってことなんだよ」と未知子は叫びます。

一方、鮫島はチャリティーコンサートを開くことを蛭間に提案します。蛭間は和十にピアノを弾かせ、動かない指でピアノを弾く姿で感動を呼び、出資金を募ろうと企みました。和十は1人、思うように動かない指で病院ロビーのピアノを弾いていました。その姿を未知子は見つめます。

海老名は加地と原と居酒屋に。海老名は副院長を打診されていると話します。海老名は自分がガンかもしれないと、以前から加地に話していました。加地は原にそのことを伝えます。海老名は加地と原に自分のオペを頼みます。蛭間の命令で、未知子のオペを阻止しなきゃならないとのこと。人のオペは止めて、自分のオペはしてもらいたいと言う海老名を非難する加地。海老名は医学部志望の娘のために、どうしても金がいるのだからしょうがないと訴えるのでした。

晶は丹下の手術のことを考えている未知子を察し、未知子と城之内博美(内田有紀)に飛行機のチケットを渡します。「東帝大はもう終わり。あんな病院で手術させて失敗させたくない。3人でアメリカに行きましょう」と晶。未知子はチケットを破って「何もしないのは患者を見捨てること」と言います。城之内もチケットを破りました。そして晶もすべてを理解してチケットを破るのでした。

チャリティーコンサートが始まりました。片手でピアノを弾き始める和十。みんなは行ってしまい医局には未知子のみ。未知子は丹下の病室に向かいます。病室前では海老名が見張っていました。診察だと言って病室に入る未知子。丹下の耳元で「サンバ踊るよ」と声を掛けます。未知子が出て行ったあと丹下は目を開けます。いきなり心停止音が鳴り響きます。未知子の合図で丹下が自ら管を外したのでした。未知子が駆けつけ、城之内と本間正子(今田美桜)がニコラスを移動させます。慌てて止めに入る海老名でしたが、未知子が預かっていた海老名の検査結果を渡して良性だと伝えると、止めるのを忘れ喜びまくります。その隙に丹下は手術室に運ばれました。

一方、チャリティーコンサートでは和十が両手でピアノを弾き始めていました。見事に弾く和十。賢明なリハビリで指は動くようになっていました。未知子はここまで計算して手術をしており、失敗していなかったのだと原は思い知らされたのでした。

術式に迷いながら未知子は丹下の手術を進めます。自分は医者なのか蛭間の犬なのか迷う海老名。加地に未知子が1人でオペを始めたと連絡を入れます。加地は迷いますが、目の前に救えるかもしれない命があるのに、行かないのは寝覚めが悪いと動き出します。海老名と多古幸平(戸塚純貴)が手術室に。未知子の助手に加わります。続いて加地、原、村崎公彦(藤森慎吾)も加わりました。浜地も上から見守ります。

笑顔で演奏を終える和十。「僕は2人の人に感謝をしています。1人は大門未知子先生。先生が僕の病気を治してくれたから、僕はまたピアノを弾けるようになりました。もう1人はニコラス・丹下さん。ニコラスさんが居なかったら、僕はピアノに出会うことはなかった。僕にチャンスをくれたのです」と和十は感謝の気持ちを伝えました。「ブラボー、ニコラス」と会場から拍手がわきます。

蛭間は風向きが変わったことに動揺して、潮に何とかするよう指示します。潮は手術室へ。潮はあらかじめデーターをAIに入力。完全ダブルスイッチという術式を提案します。「君なら出来るだろう」と潮。未知子の指示に従い、みんなは手分けして未知子をサポートします。浜地の隣に鮫島も来て見守ります。難しい局面で「私、絶対失敗しないので」とギアをあげる未知子。無事手術は成功します。丹下の肩に手を置いて、未知子は「みんな、ありがとう」とお礼を言います。拍手が起こりました。

手術室から出て歩く未知子に、蛭間が立ちはだかります。「優秀な医者たちを巻き込んで、大変危険なオペを無許可で行った。君も君のオペに協力した者も、もはや医者ではない」と蛭間は言います。「今日はみんな医者だったよ。あんた以外は」と未知子は言い返しました。

丹下は病室で目を覚まし、付き添っていた一子が手を握ります。

晶はメロンと請求書を持って蛭間の元へ。蛭間は反乱医師たちを解雇し手柄は独り占め。蛭間ファンドの出資額も100億を超えていました。晶は吉行和十の手術代5000万円の請求書を渡します。丹下の手術代も上乗せしていると抗議する蛭間。そこへ鮫島が新しい医局員を連れて入って来ました。ハーバード医科大学マッカトニー教授は英語で「本日あなたは解雇された」と伝えますが、蛭間は英語が分からず笑顔で握手する始末。

5000万円を得た晶はご機嫌でロビーに下りると、カップル成立の村崎と院長秘書の伊倉瑠璃(河北麻友子)はシアトル、多古と本間は青森へとそれぞれ旅立つとのこと。晶は2カップルを祝福します。

一方、海老名、原、加地、潮は神原名医紹介所で麻雀をやっていました。何でもなれる浜地は医者を辞めたとのこと。4人は晶の元で働くことを希望しますが、膨大なマネジメント料を支払わなければならないことを晶から聞き、怒って帰ります。

未知子は野村幸子(青木和代)の家で幸子を診察していました。一子も寄り添っています。「治るの?私」と言う幸子に「大丈夫、私失敗しないので」と未知子。茣蓙の下にお礼が入っていると言われ、ぬか漬けがあると思い未知子が茣蓙を上げると、そこには金塊が。「お金があるよー」と未知子は叫ぶのでした。

『ドクターX 第6シリーズ』10話の視聴者の声は?

『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ』10話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

ニコタンを救うチームがカッコいい!潮先生も!!

まとめ猫

ドクター生命が絶たれる、最悪犯罪者になってしまうという状況でも、迷いなく患者を助けようとする医師たちがカッコ良かったです。ただ、潮先生は最後まで権力を取る人なのかなと諦めていたので、最後、未知子の術式を読み込ませたAIを携えて登場した時は最高でした。あのAIも使い方によっては難手術を解決する手段になってくれるのだと感心しました。

『ドクターX 第6シリーズ』10話まとめ

海老名は「自分が医者なのか蛭間の犬なのか」迷っていましたが、全員犬ではなく医師そのものでしたね。結果、全員容赦なく解雇されてしまったので心配ではありますが、この先は作られるかもしれない続編でのお楽しみと言ったところでしょうか。

また、ニコタンを裏切ったと思われた鮫島は、一見そう見えただけで実はニコタンに忠誠を誓っていたという解釈になるのですかね。秘密裏にそういう作戦だったのか、鮫島の独断で走ったのか、真相は不明ですが、蛭間を院長の座から退かせたのは痛快でした。

最終回ニコタンが金だけの男ではないとわかって嬉しかったです。いつか未知子とまたサンバを踊ってほしい!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。