『同期のサクラ』3話ネタバレあらすじ!桜「百合とは別れない」大喧嘩の末、名前で呼び合う友達に

2019年10月23日に放送されたドラマ『同期のサクラ』3話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

3話では、サクラとユリ!女同士の大喧嘩の行方に注目です。
桜の熱意に動かされ、百合が会社にUターンするシーンが尊い。

TV放送を見逃した方へ!

『同期のサクラ』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『同期のサクラ』3話のあらすじネタバレ

2019年、病室でまだ意識が戻らない北野桜(高畑充希)の側で月村百合(橋本愛)は2011年3月のことを思い出していました。

もうすぐ花村建設入社3年目になろうとしていた春、桜は都会の空気にまみれ、花粉症になってはいましたが、相変わらず建物の写真を撮っては遅刻ギリギリで出社する日々です。そんな中、新卒採用のパンフレット作成のため、今では「ミス広報」と呼ばれている同期の百合と一緒に、3年目の社員に取材をすることになります。

都市開発部でイキイキと働く木島葵(新田真剣佑)、一級建築士の勉強をしている設計部の土井蓮太郎(岡山天音)、パワハラ上司からも解放され一皮剥けた営業部の清水菊夫(竜星涼)、そして百合にもインタビューを行います。

カメラの前では自分の天職かもしれないという百合ですが、実際は男社会のゼネコンの世界に嫌気がさし、数年以内に寿退社したいと言います。取引先の専務から接待という名目でしつこく食事に誘われる百合は、桜についてきてもらいますが、百合と二人きりになりたがっていた専務に桜は意見し怒らせてしまいます。

翌日、取引先を怒らせた件で、早速広報部長が百合と共に人事部へ。人事部長の黒川森雄(椎名桔平)に促され、苦情を受けた桜が謝ろうとしたその時、大きな地震が起き会社はパニックになります。交通機関が動かず帰れなくなった百合は桜の家に泊まることに。夢と希望に溢れた桜に半分呆れてたものの、実家にも居場所がなく何となく彼氏と付き合って何となく会社に入った百合は桜のことをどこか羨ましく感じます。

震災対応で忙しかった人事部も少し落ち着いてきた矢先、桜は百合が寿退社する事を知り、百合に本当にそれが夢かと問います。綺麗事のようなことを言う桜に百合は「夢がないと生きてちゃいけないのか」と怒りますが、桜も自ら環境を変える努力をしない百合に、方言丸出しで意見をぶつけ本気の大喧嘩に。その出来事をお爺ちゃんに伝えると、「本当の友達だから彼女とは別れるな」と返信があり何かを思う桜。

百合が寿退社する日、同期はそれぞれの想いを百合に伝え、桜も煙たがる百合を追いかけて「これから良い友達を作って欲しい。私も百合さんみたいな友達を作る」と叫びます。足が止まる百合。結婚をやめ会社に戻ると決意した百合は、本音をぶつけ合うことで桜と本当の友達になることが出来たのでした。

そして、先日の取引先を怒らせた件で、桜は社史編纂室へ行かされることになりました。

『同期のサクラ』3話の視聴者の声は?

『同期のサクラ』3話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

レディースのガチバトル!最後は尊い

涙猫

ユリ吠える→サクラ
「ブス」連打!からの方言丸出し説法→ユリ胸倉掴んで脅す。
そこで、おじいちゃんFAX「いい人と出会ったな。彼女と別れるな」が目から鱗でした。

『同期のサクラ』3話まとめ

今回は、北野桜(高畑充希)の器の大きさがわかった回でした。

月村百合(橋本愛)はサクラのことを田舎者だのKYだの言って下に見ている風でありながら、自分には無い夢を持っているので無意識に嫉妬もしており態度が刺々しいように思います。でも、そんな百合をサクラは本当のことを言ってくれるので信用できると言い、お見合い大作戦で告白するメンズのように「お友達になってください」と首を垂れたりする。お人好しのようでもありますが、根本的に人の良い部分をしっかり見ているので、クールな百合とも気持ちが通じ合えたのでしょう。

菊夫君(竜星涼)が、サクラの事好きになったったのはほのぼのしますが、蓮太郎(岡山天音)が退職する百合(橋本愛)に「言えなかったけど好きだった」と告白したのはビックリでした。同期カップルが2組誕生するのでしょうか?

まねき猫

百合が抱いている赤ちゃんが気になる。蓮太郎と結婚か?

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。