同期のサクラ 7話:全てが潰え絶望の桜!「解雇通知」が病床に置かれた意味は?

2019年11月20日に放送されたドラマ『同期のサクラ』7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

7話では、サクラから全てを奪う想像以上に不幸な出来事の連鎖に注目です。
夢だった美咲島橋は駄目になり、じいちゃんも亡くなってしまいます。

TV放送を見逃した方へ!

『同期のサクラ』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『同期のサクラ』7話のあらすじネタバレ

2019年11月、黒川森雄(椎名桔平)は昏睡状態の北野桜(高畑充希)のそばで4年前のことを後悔していました。

2015年、桜は「橋は掛からない、夢は叶わない」という祖父・北野柊作(津嘉山正種)からのFAXが来る悪夢を見ていました。そのことが気にかかる桜ですが、そんなある日、黒川から本社の土木部に来るよう連絡が入ります。

土木部の木島葵(新田真剣佑)と共に向かうと、そこには土木部の担当役員の桑原(丸山智己)と人事部長から常務に昇格した黒川が。黒川から桜の故郷・美咲島に掛かる橋が想定より地盤が弱く、国の安全基準はクリアしているもののネットで島民にも噂が広まり、美咲島出身の桜に現地説明会で島民を安心させてしてほしいと頼まれます。

いつもの喫茶リクエストに集まった同期5人。そこで土井蓮太郎(岡山天音)が一級建築士に合格したとの報告が。さらに付き合っている人を紹介したいと言い、そこに来たのはなんと火野すみれ(相武紗季)で同期たちは驚きます。

説明会のタイミングで同期と共に島へ帰ってきた桜。イキイキと活力を取り戻したようで、月村百合(橋本愛)たちも安心します。そこで桜は住民に、柊作の体調がよくないことを知らされ、急いで帰り直接聞いてみるもはぐらかされてしまいます。その夜、柊作のコロッケなど手料理を堪能する桜と同期たち。桜が仲間と楽しく話している姿を静かに聞き、密かに喜ぶ柊作は、桜が席を外した際に「自分はもうすぐ死ぬから、桜のことを見捨てずこれからもよろしく頼む」と清水菊夫(竜星涼)、葵、百合、連太郎に頭を下げたのでした。

翌日、葵から橋の建設に使うコンクリートのセメントの量が仕様書と違い、強度が弱くなっていることを知らされた桜。予算を削って利益をあげようとしていた桑原に桜は問いただしますが、安全基準は満たしていると言われてしまいます。さらに「そろそろ大人になれ。説明会を上手くやったら俺がお前を土木に呼ぶ」と橋の工事の継続か、工事中止どちらかの選択を迫られます。

同期たちに相談しても答えは出ず、柊作に相談した桜は「大人になる必要ない」という柊作の言葉を胸に説明会へ。同期たちにも暖かい言葉をかけられ、直前にすみれからも電話でアドバイスを貰った桜は、工事を不審がる島民たちに「橋は掛からない。掛けるわけにはいかない。」と泣きながら謝罪しました。

家に帰ってきた桜に待ち受けていたのは、倒れて冷たくなっていた柊作でした。葬式も終わった頃、今まで桜が送っていた仕送りに柊作が手を付けてなかったことを知ります。

東京の自宅に戻ると、そこには柊作からのFAXが。最後にFAXを送ってくれていたのです。返信しても返って来ないと分かっていた桜は、壊れたようにこれまでのFAXを破き、新人研修時の橋の模型も壊してしまいます。連絡が取れないことを心配した百合は桜のアパートに向かいますが、そこには気丈に振る舞う様子のおかしい桜がいました。

再び2019年11月、目を覚まさぬ桜の病室に置かれたのは、黒川から解雇通知だったのでした。

『同期のサクラ』7話の視聴者の声は?

『同期のサクラ』7話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

黒川森雄(椎名桔平)が解雇通知!あんた鬼か

涙猫

今回、黒川回になるかと思ったらそうではなく、結局、黒川森雄(椎名桔平)という人物が何なのかわからずじまいでした。サクラにしみじみ話しかけたと思ったら、解雇通知を置いていくって…、普通に胸糞悪いです!しかし、解雇通知の日付が2019年ということから、今回の住民説明会の件ではクビにならなかったことが判明、また、解雇通知の所属が「花村ホーム」であることから何かしらの救済策があるのでは?という憶測も出ています。

『同期のサクラ』7話まとめ

じいちゃんが死ぬ間際に残したFAXにもグッときましたが、一心不乱に手紙を書いてFAXするサクラ、悟ってはいるけど返信が来ず、狂ってしまうサクラを見て苦しくなりました。

前回6話でそうだったように、サクラは案外自分の弱みを同期に見せない子です。それを見抜いてか、先輩の火野が「1人で苦しまないで、周りに助けを求めなさい」とアドバイスしていますよね。でも、サクラが本当に弱みを見せられるのはじいちゃんだけだったのでしょう。そんなじいちゃんのFAXも剥がしてしまったサクラがとても不憫でなりません。

まねき猫

おじいちゃんが散っても、桜は散らないで!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。