同期のサクラ 8話:鬱状態の桜?脳挫傷の理由も判明!誰も病院へ連れて行かない謎展開

2019年12月4日に放送されたドラマ『同期のサクラ』8話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

8話では、サクラが脳挫傷になるまでの経緯に注目です。
サクラの部屋の隣人家族が病室に現れ…。

TV放送を見逃した方へ!

『同期のサクラ』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『同期のサクラ』8話のあらすじネタバレ

2019年12月、未だ昏睡状態が続き身寄りもいない北野桜(高畑充希)。

同期たちは、病院側から他の病院に移るよう言われてしまいます。そこへ桜の部屋の隣人家族が病室へ訪れ、月村百合(橋本愛)たちに「私たちのせいだ」と謝ります。

2016年11月、約1年前に心の支えだった祖父・北野柊作(津嘉山正種)を亡くし、夢だった故郷の島に橋を掛けることも自ら壊してしまった桜はどこか無気力で会社へ向かいますが、途中で引き返してしまいます。

それから約1年後の2018年1月、部屋に閉じこもったまま誰とも会おうとしない桜を心配した同期の百合、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)は喫茶リクエストに集まり、作戦を練ります。このままだと会社をクビになると百合が桜の部屋に行くと、ゴミが散らかったままで身だしなみも酷い状態の桜に百合は驚きます。

菊夫は、以前桜のおかげで担当を頑張れたと言い、その後完成した図書館に連れて行きますが桜には響きません。蓮太郎は、桜が大ファンだった実家のラーメン屋で、自分の設計図を見せアドバイスを求めますが桜の反応は薄く、そこに現れた火野すみれ(相武紗季)に桜は泣きついてしまいます。葵はなんと桜にプロポーズ。ところが桜に大笑いされ失敗。百合は気晴らしにショッピングに誘いますが、以前寿退社をしようとした時と逆の立場になったように再度大喧嘩をしてしまいます。

桜は同期たちに「自分のことはほっといてくれ。今までやってきたことは無駄だったのかもしれない」と皆に会うことも辛い心境を伝えます。何も出来ない同期たちは落ち込み、連太郎はすみれに、菊夫は九州にいる妹に、そして百合は葵に言葉にならない助けを求めます。

そんな中、花村建設からついに解雇予告が届いた桜は、専務へ昇格した黒川森雄(椎名桔平)の元へ向かい、退職届を差し出します。そこで桜の採用した経緯を聞かされますが、足早に立ち去る桜。喫茶リクエストも閉まることを知り、その帰り道に売っていたAIスピーカーを購入します。

2019年3月、何もない部屋で桜は全てをAIに頼るように生活をしていました。何でもAIと会話する桜。一方、同期たちも様々な変化があり、菊夫は地元の被災を期に会社を辞めボランティア活動に励み、連太郎はすみれと結婚。そして百合は出産を迎えていました。赤ちゃんの父親はなんと葵。しかし葵の気持ちを知っていた百合は相談せずに出産し、葵との結婚もしないと宣言。

3月31日、誕生日を迎えた桜の元に着信が。FAX音がしたその時、玄関の下の隙間から手渡しのFAXが流れてきます。出産中、桜のお爺ちゃんにお願いされたことを思い出していた百合の案で、同期たちが励ましの言葉を送ったのです。それを見た桜は光を見出し、4人の元へ向かおうとしますが、その途中に道路に飛び出してきた桜の部屋の隣人の子どもを、向かってきたバイクから守ろうとして、頭と体を強く打ち付けてしまいます。朦朧とする中、同期たちを思い出しながら何とか家に戻ってきた桜でしたが、そのまま意識をなくしてしまいました。

そして、2019年12月、桜の今後を病院の先生と同期たちが話しあう中、昏睡状態だった桜はついに目を覚ましたのでした。

『同期のサクラ』8話の視聴者の声は?

『同期のサクラ』8話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

サクラを病院へ連れて行ってほしい視聴者

涙猫

最後、同期のおじいちゃん風FAX作戦が成功したのには感動しましたが、追い詰められてうつ状態のサクラにとっては同期の種々の励ましが逆効果のようにも見えました。「元に戻って」って酷な言葉です。会社の誰かカウンセリングの病院に連れて行ってあげて欲しかった。

お隣さんの子供をかばったのは偉かったけれど、精神状態が普通ではなかったので自分から病院には行けないでしょう。やはり救急車を呼んであげて欲しかったです。

『同期のサクラ』8話まとめ

月村百合(橋本愛)の子供の父親が木島葵(新田真剣佑)と判明した回でした。流れでそうなった模様。百合が好きな相手・葵の子供を産み、結婚せずに一人で産み育てると宣言したのはまだ理解できますが、葵がサクラのことを好きなまま、百合と関係したことには、賛否両論ありそうです。葵がけしからんと思う人、意外とリアルな人間関係の縮図であると考える人、人によって意見が分かれるところですね。

まねき猫

ともあれ、サクラが目を覚ました!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。