同期のサクラ 9話:鍋パーティーで桜独り、ドタキャン同期に不信感!正論風追い詰めが怖い

2019年12月11日に放送されたドラマ『同期のサクラ』9話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

9話では、意識が戻った桜の社会復帰に注目です。
皆の悩みに答えようと不自由な体で鍋パーティーを企画しますが…。

TV放送を見逃した方へ!

『同期のサクラ』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『同期のサクラ』9話のあらすじネタバレ

2019年12月、9ヶ月ぶりについに目を覚ました北野桜(高畑充希)。

同期の月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)は急いで病室に駆けつけ、以前の桜が戻ってきたことを喜びますが、副社長になった黒川森雄(椎名桔平)の配慮も虚しく、解雇通知が出たことを、桜は葵から知らされます。

リハビリも始め退院した桜が自宅に戻ると、AIスピーカーしかなかった部屋に、百合たち同期の協力で家具が設置されていました。久しぶりに同期の近況を知っていく桜。育休が取りづらい百合は働く女性が気兼ねなく子供を預けれる託児所を起業しようかと考え、葵は百合と子供を気にかけながらも黒川の元で新プロジェクトメンバーに選ばれ忙しい日々。菊夫はいつもボランティア活動しているNPO法人の代表になって欲しいと皆に言われ、連太郎は妻になった火野すみれ(相武紗季)が妊娠中で、もう一人子どもが増えることの責任の重さを感じ転職も考えていました。すみれに心配かけることを気にして内緒にしていた連太郎ですが、年上のすみれにはお見通しでした。

桜はすみれに就職活動のアドバイスを貰いますが、嘘の付けない桜の就職活動はなかなか上手くいかず、貯金も少なくなりコンビニでバイトしながら仕事を探すことに。

今自分にできることは皆の悩みを解決することしかないと思った桜は、同期たちを自宅での鍋に誘います。ところがそれぞれタイミングが悪く来れなくなり、さらに自分で悩みを解決して成長していく同期たちの姿を目の当たりにした桜は、どこか寂しさと焦りを感じます。

お客様とのトラブルでコンビニバイトもクビになった桜は、今はネットカフェになった喫茶リクエストの老女(柳谷ユカ)に遭遇し、「今の時代、古い物は消えていくしかない」と嘆かれます。そして桜は「いつでも帰っておいで」という故郷の島民の声もあり美咲島に帰る決意をします。

「自分は何も成し遂げてない。自分のような忖度できない人間は東京には合わない」と桜は同期に話しますが、故郷に戻ることを止めたい同期たちは桜をある場所へ連れて行きます。10年前の研修時に桜が「社長賞を取るべきだ」と訴えた建物の建設現場でした。紆余曲折ありながらも、桜のあの時の言葉でここまでこれた事実を知った桜。同期たちは、桜がみんなに灯した心の火の大きさを改めて伝え、お爺ちゃんのFAXの言葉を思い出した桜は、新たな夢を掲げ再び前を向き始めます。

そんな中やっと採用してくれる会社が見つかったその時、そこに現れたのは何と黒川。そして「花村建設へ戻って、俺の元で働かないか」と誘われたのでした。

『同期のサクラ』9話の視聴者の声は?

『同期のサクラ』9話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

鍋パーティーをドタキャンする同期に不信感

涙猫

鍋パーティーのドタキャンは、同期の成長と自立を描いているのでしょうが、桜を見ていてとても可哀想でした。今の桜の気持ちに寄りそってくれる人が誰もいないのは寂しいですね。それにしても、以前ように「悩みを解決してくれた便利で前向きな桜」じゃないと桜じゃないと同期は言いたいのでしょうか?高校時代の眼鏡も似合うねって言ってあげて欲しかったですし、桜が故郷に帰るという答えを出したら取り囲んで精神論の嵐…自分だったら怖いです。

『同期のサクラ』9話まとめ

なにはともあれ、桜が建設への意欲を取り戻しましたね。

そもそも会社に行けなくなった時点で病院に行って診断書などを取得していれば、会社側は解雇という形にはできなかったんじゃないかと考えたりもしましたが、黒川(椎名桔平)からスカウトされたので、結果オーライなのかな?そんな黒川(椎名桔平)も信用しきってよいのか、まだ不安が残ります。

今回の同期メンバーたちの叱咤激励は、桜には響いたようです。予告を見ると、今度は桜が同期から悪者扱いされており不穏なのですが、一体どのように着地するのでしょうか。最終回が見逃せません。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。