『グランメゾン東京』2話ネタバレあらすじ!平古祥平シェフ(玉森裕太)のツンデレが最高

2019年10月27日に放送されたドラマ『グランメゾン東京』2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

2話では、相沢瓶人(及川光博)と平古祥平(玉森裕太)に注目。
「エスコフィユ」時代のメンバーで、最初は尾花を毛嫌いしていますが…。

TV放送を見逃した方へ!

『グランメゾン東京』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『グランメゾン東京』2話のあらすじネタバレ

「グランメゾン東京」の開業準備にとりかかる尾花夏樹(木村拓哉)たちですが、そこには、開業資金、メニューの開発など、問題が山積みでした。開業資金5000万円の融資を受けるために銀行をまわる京野陸太郎(沢村一樹)は、どこへ行っても断られてしまいます。

店を出すならば、店の看板となるシェフの名が欲しい…。そこで、「エスコフィユ」時代のメンバーで、アレルギー食材混入事件後、日本に戻り、「レシピ動画の貴公子」として人気を集めている相沢瓶人(及川光博)の力を借りようとしますが、相沢には固く断られてしまいます。

シングルファーザーとなった相沢が、愛娘の育児と両立できるように工夫して仕事をこなしていることを知った尾花は、半ば強引に尾花の家に押しかけ、彼の仕事のアシスタントを始めます。そして、相沢の料理教室を受講している女性たちの言葉から、尾花は自分のメニュー開発の大きなヒントを得ます。

一方、京野は「gaku」に勤めていた時に親しくなった、城西信用金庫の融資担当の汐瀬智哉(春風亭昇太)に相談をします。倫子(鈴木京香)は5000万円の融資を5年で完済する計画を出しますが、汐瀬からはもっと食材のコストを下げなければならない、と計画の練り直しを言い渡されてしまいます。

そんな中、尾花たちの動きを警戒した「gaku」の江藤不三男(手塚とおる)から、尾花の過去の事件の悪評を聞かされた汐瀬。そんな尾花がメンバーにいることが大きなリスクとなる、と融資自体を白紙に戻そうとする汐瀬に、尾花は一品だけでも料理を食べてから決断して欲しいと提案します。

汐瀬に食べてもらう一品に、尾花が選んだ食材はナスでした。ナスを最高においしく食べるために、尾花や倫子たちはあらゆる手を尽くしますが、なかなか満足のいくものはできません。行き詰った尾花は相沢の、チョコレートを合わせる、という意見を取り入れます。

これまで自分の料理に、他人の意見を決して取り入れようとしなかった尾花。しかし、相沢の意見を取り入れたナスの前菜は、汐瀬や、倫子の心を大きく動かす一品となりました。倫子は自分の家を担保にすることを決断し、料理のおいしさに感動した汐瀬は、その担保を元に融資の話を進めてくれることになったのです。「グランメゾン東京」オープンへの夢はまた一歩、前進することができました。

実は、融資の話が成功した裏には、「エスコフィユ」時代のメンバーで、現在は日本の一流ホテル最年少料理長を勤めており、大物都議会議員・蛯名西堂の娘と交際中の平古祥平(玉森裕太)の働きかけがあったのですが、倫子らはまだそのことに気がついていません。ホテルでは、尾花から提案された手製ソースを味見し、その味に納得する平古の姿がありました。近寄ってくる尾花への反発心から一度ゴミ箱へ捨ててしまったのですが、本当に捨ててはいなかったのでした。

『グランメゾン東京』2話の視聴者の声は?

『グランメゾン東京』2話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

ソース捨ててなかった!平古祥平(玉森裕太)のツンデレが最高

まとめ猫

あんなにツンツンしてたのに、ソース味見してくれて良かった!
ナッツ入れたとか疑ってゴメンナサイ。きっと別の人よね。

『グランメゾン東京』2話まとめ

頑固な尾花にハラハラしてしまいますが、少しずつ周りの意見を取り入れるようになっているのですね。そんな尾花の変化に気づき人が集まってくるのでしょうか?

まねき猫

1人ずつ協力者を増やしていく感じがワクワクしますね。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。