グランメゾン東京 9話:尾花から祥平へ「1回しか言わねえぞ」愛の告白の枕詞がエモい!

2019年12月15日に放送されたドラマ『グランメゾン東京』9話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

9話では、ナッツ事件の犯人への復讐に燃える2人の女性に注目。
栞奈は料理愛で乗り越え、リンダは平古祥平を追い詰めます。

TV放送を見逃した方へ!

『グランメゾン東京』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『グランメゾン東京』9話のあらすじネタバレ

京野陸太郎(沢村一樹)から、久住栞奈(中村アン)がもうすぐ店を辞めてしまうという話を聞き、栞奈の履歴書を改めて眺めた尾花夏樹(木村拓哉)。履歴書に書かれた栞奈の父親の名前を見て、何かを考えています。

ミシュランの審査を控え、コース料理の全面改革を宣言した早見倫子(鈴木京香)。審査開始までの残りの1か月で合計8品を完成させるというハードスケジュールですが、スタッフ一同気合いが入ります。

尾花の提案で、日本の食材に合った日本産のワインを新たに採用し、そのワインに合わせた料理をつくることになったため、ソムリエの資格を持ち、日本のワインについて詳しい栞奈の力が必要となります。重要な任務を任された栞奈は、グランメゾン東京を潰せ、と憤っているリンダ・真知子・リシャール(冨永愛)との間で板挟みになってしまいます。

松井萌絵(吉谷彩子)の提案で、栞奈の送別会も兼ねて、栞奈おすすめの日本のワインを集めたワインの試飲会が、グランメゾン東京のスタッフ全員で行われました。栞奈が紹介したワインに尾花をはじめ、倫子や相沢瓶人(及川光博)たちも皆そろって感心します。しかし、その試飲会の最中、萌絵が突然倒れてしまったのです。検査の結果、萌絵はノロウィルスに感染していました。ノロウィルス感染者が出ることは飲食店にとっては致命的な出来事であり、栞奈から報告を受けたリンダは、このことをネタにグランメゾン東京を陥れようとします。

しかし、尾花たちはあえて自ら保健所に申告して衛生検査を受け、感染の危険性が消えるまで店を臨時休業にし、店内を徹底的に除菌します。同時に京野は、店を訪れたすべての客のもとを1組残らず訪問し、健康状態を聞いてまわりました。店が休みの間、栞奈にワインの産地まで連れて行ってもらい、栞奈からワインの説明を聴く尾花と倫子は、改めて栞奈のワインに対する情熱の深さを知ります。

京野は、栞奈の父親が3年前にフランスの外務省につとめており、日仏首脳会談昼食会の会場に尾花の店を選んでくれた人であったことを思い出し、栞奈に改めて謝罪します。あの事件以来、栞奈の父親は責任を問われて左遷され、栞奈の家族がたいへんな目に合ったことも含め…。栞奈はついに、スタッフの前で尾花にずっと復讐がしたかった、という本音を暴露し、店を出て行こうとします。

そんな栞奈に、栞奈が選んだワインに合わせて考えた料理を食べさせた尾花。ひと口食べただけで、栞奈はその料理の改善点を的確に言い当て、倫子や相沢たちも思わず感心してしまいます。そして、根っからの料理、そしてワイン好きな栞奈が、実際には復讐を実行できなかったこと、萌絵のノロウィルス騒動には、栞奈は無関係だったことも明白になります。倫子は栞奈に改めて、グランメゾン東京の正式なソムリエールとして採用したいと告げ、固い握手を交わすのでした。

一方、リンダは平古祥平(玉森裕太)を直接呼びつけ、3年前のアレルギー混入事件の犯人が祥平だということを告白させます。そしてその内容を録音し、フランス大使館の職員フェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)に渡してしまいます。その録音を証拠に、gakuに捜査が入り、祥平は涙ながらに丹後学(尾上菊之助)の元を去り、田舎へ帰ることにしました。引越しの日、ひとりで立ち去ろうとする祥平の前に現れた尾花はひと言、「祥平、グランメゾンに来い」と言ったのでした。

『グランメゾン東京』9話の視聴者の声は?

『グランメゾン東京』9話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

「1回しか言わねえぞ。祥平、グランメゾンに来い」がカッコ良すぎ

まとめ猫

リンダにロックオンされた平古祥平。一体どこまで復讐しようとするのでしょうか?

丹後とのコンビも尊かったですが、自白してしまった以上、「gaku」を去るしかないのでしょう。そして、尾花のこのタイミングでの「グランメゾンに来い」にしびれました。しかも「1回しか言わない」って、告白の「好きだ」「愛してる」の前に言うあれじゃないですか。

『グランメゾン東京』9話まとめ

相沢瓶人(及川光博)同様、久住栞奈(中村アン)が松井萌絵(吉谷彩子)の牡蠣に毒を仕込んだと思ってしまいましたが、無実。復讐心から人を傷つけるような人間ではなかったのですね。栞奈が復讐を狙った背景も納得ができるものでした。最終的に料理への熱い想いが復讐心を上回るところにグッときました。

個人的にはナッツ混入事件での平古祥平のミスにはまだ裏があると思っていますが、リンダの怒りの炎が祥平を直撃!彼を真犯人として話は展開していくようです。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。