グランメゾン東京 11話(最終回):倫子の料理に尾花が涙!世界の星をかっさらう2人に

2019年12月29日に放送されたドラマ『グランメゾン東京』11話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

11話では、グランメゾン東京が三ツ星をとれるのかに注目。
尾花夏樹が倫子のもとを離れてしまうのかも気になります。

TV放送を見逃した方へ!

『グランメゾン東京』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『グランメゾン東京』11話のあらすじネタバレ

フレンチでは決して使われることのない食材であるマグロ。グランメゾン東京のメンバーたちの意向に逆らい、マグロを使った魚料理の開発にいつまでも時間をかけている尾花夏樹(木村拓哉)。ミシュランの審査まで時間が無いことを心配し、尾花をとめようとした早見倫子(鈴木京香)に対し、尾花は倫子も独自の魚料理を考えてみるように、はっぱをかけます。

ハタを使って独自の新たな魚料理の開発をすることに決めた倫子。厨房では尾花、倫子の魚料理へのあくなき挑戦が始まりました。その一方で、相沢瓶人(及川光博)は平古祥平(玉森裕太)と協力し、峰岸剛志(石丸幹二)が運んできてくれる新鮮なジビエや旬の食材を使って、見事なコース料理の一皿を着々と仕上げていきます。

gakuでは、丹後学(尾上菊之助)の後任シェフとして、オーナーの江藤不三男(手塚とおる)が連れてきた結月聡(馬場徹)が自分勝手な方針ばかりを押し付け、もともといた従業員が仕事をボイコットしてしまう始末です。大した仕事もせず、退職金だけはしっかりと奪い取って去ってしまった結月。ひとり残された江藤オーナーを救ったのは、オーナーに裏切られたはずの丹後でした。丹後シェフが戻ったgakuの厨房は再び活気を取り戻していきました。

ついに倫子のハタ料理、尾花のマグロ料理がそれぞれ完成しました。尾花のマグロ料理もさることながら、倫子のハタ料理は、グランメゾン東京の仲間たちの舌をうならせました。

尾花は頑なにグランメゾン東京のことを嫌うリンダ・真知子・リシャール(冨永愛)に詰め寄り、コース料理を試食しに来てほしいとしつこく招待します。誘いに応じたリンダは、グランメゾン東京の新しいコース料理を堪能し、その美味しさにこれまで見たことのないような微笑みをうかべたのでした。そんなリンダの呼びかけにより、グランメゾン東京にもミシュランの調査員らしき人物がついにやってきました。

いよいよ魚料理を出す、まさにその瞬間、倫子は尾花のマグロ料理ではなく、自分が作ったハタ料理で勝負することを決断します。その決断を聞き、尾花は倫子の目をしっかりと見つめながら、グランメゾン東京を出ていくと告げたのでした。

いよいよ、ミシュランの審査発表の日、グランメゾン東京はついに三ツ星レストランとして認められました。皆が歓喜に包まれる中、倫子はスピーチの中で、これまで自分を支えてくれた尾花に敬意を示しました。その後、会場の隅で自分を見守ってくれていた尾花の姿を見つけた倫子は、喜びのあまり尾花を抱きしめたのでした。

グランメゾン東京では、新たなスーシェフとなった平古祥平をはじめ、スタッフたちが元気よく働いています。店を抜け出して倫子シェフが向かったのは、尾花の師匠、潮卓(木場勝己)の洋食屋でした。そこで手伝いをしていた尾花は倫子に、世界にはまだまだ色んな食材が待っている、と次の野望を話し出すのでした。

『グランメゾン東京』11話の視聴者の声は?

『グランメゾン東京』11話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

グランメゾン東京が三ツ星を獲得!尾花も離れてなかった!

まとめ猫

グランメゾン東京かgakuか、どちらも星無しか?ドキドキの発表でしたが、グランメゾン東京が三ツ星を獲得!倫子さんの判断は間違っていなかったのですね。尾花はフランスの修行先に出戻るのかと思いましたが、浅草にいてくれて良かった!2人で世界目指してほしい!

『グランメゾン東京』11話まとめ

強いて言えばナッツ事件の真相がミスで終わってしまったところが消化不良でしたが、細かい人間関係までフォローできた、キレイなハッピーエンドでした。

gakuの3人は最後可愛らしくなったのが笑いました。江藤オーナーは邪気が抜けていい子になった風だし、柿谷も新しいシェフがひどかったので丹後に詫びていい子になりました。そんな2人をまとめる丹後カッコいいです。gakuにもまたゼロから3つ星を目指して頑張ってほしいですね!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。