G線上のあなたと私 8話:バイオリンで繋がってる場合じゃない2人!幸恵と視聴者同じニヤ顔

2019年12月3日に放送されたドラマ『G線上のあなたと私』8話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

8話では、遂に開催された3人のコンサートに注目。
也映子、理人、幸恵の近親者が集まり感無量となります。

TV放送を見逃した方へ!

『G線上のあなたと私』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『G線上のあなたと私』8話のあらすじネタバレ

バイオリン教室を辞めると言った久住眞於(桜井ユキ)先生を心配し、家まで会いに行った加瀬理人(中川大志)。久住先生は無言で理人の腕を引き家の中へ連れ込みます。しかし理人の顔を見て手を離します。「目が違うね」と理人の気持ちが自分にないことに気付いていたのです。理人は「久住先生は大事な人であることは変わらない」と言い、久住先生の悩みを静かに聞くのでした。

久住先生の家を出た理人は、カラオケに向かいます。そこで待つ小暮也映子(波瑠)と北河幸恵(松下由樹)に久住先生のことを報告します。也映子は「行ってくれてありがとう」と言い、「もう少しだけ3人で飲もう」とやっと3人が揃った時間を惜しむように理人と幸恵を抱きしめました。

翌日、2日酔いで家のキッチンに立つ理人。そんなことお構いなしに義姉の加瀬芙美(滝沢カレン)が「占い師に弟に失恋の相が出ていると言われたから、告白は11月24日以降にしなさい」と話しかけてきます。その日の夕方、理人がカラオケにバイオリンの練習へ向かう道で、偶然レッスンに向かう也映子に出会います。理人は告白しようとしますが、芙美に言われた言葉が頭をよぎり言葉を飲み込みます。

レッスンが終わった也映子と幸恵がカラオケに来て3人合流します。3人のコンサートまであと2週間。理人は作成したチラシを2人に渡します。コンサートまであと1週間。幸恵は家で、理人は夜の公園でそれぞれ練習します。也映子は家でも仕事の電話がかかってくる中、合間を見て練習します。

11月24日、3人のコンサートの日です。会場はいつものカラオケ。3人は円陣を組みます。すると3人の家族や友人が次々とやって来て自己紹介をするなど、和やかな時間が流れます。そして幸恵の挨拶で演奏会がスタート。3人顔を合わせ息を揃えて演奏します。残すは最後の1曲。幸恵は家族への感謝と共に「こんなに楽しい仲間ができるなんて」と也映子と理人の顔を見て涙ぐみ、也映子にマイクを渡しました。そこで也映子は今日来られなかった久住先生への思いを話します。「久住先生のバイオリンが好き。久住先生のおかげでここまで来れた」と。そして最後の曲を演奏します。曲目はG線上のアリア。3人を出会わせてくれた曲です。3人は演奏しながら出会って1年半の思い出を振り返ります。

数日後、久住先生は教室に荷物を取りにきました。すると庄野眞盛(永野宗典)からボイスレコーダーを渡されます。理人が久住先生に聞いてほしいと持って来ていたものでした。椅子に座り再生ボタンを押すと、也映子の声が聞こえてきます。3人のコンサートの日、理人がこっそり録音していたものでした。久住先生は思わず涙を流します。そして「3人のバイオリンに救われた」と言ってボイスレコーダーを庄野に返し、久住先生は教室を出て行きました。

3人のコンサートにはまだ続きがあります。コンサートが無事に終わり3人は打ち上げをしました。3人はお酒も飲み楽しく会話を交わし、特に幸恵は上機嫌です。理人がお酒を少ししか飲んでいない姿を見て、この後告白するのかとニヤニヤしています。そこで幸恵がトイレに立つと、さっきまでの笑顔はなくなり也映子と理人は黙り込んでしまいます。幸恵は実は2人きりにするために嘘をついていて、影から2人の姿を見守っているのです。

沈黙を破ったのは也映子でした。また3人でバイオリンのレッスンを受けないかと理人を誘いますが、就活が始まるからと断られてしまいます。落ち込む也映子に理人はお酒をぐっと飲んで告白しようとします。が、お酒の力ではダメだと言葉を飲み込み、「明日会って話したい」と也映子を誘います。「わかりました」と呟く也映子。緊張と不安でうつむく2人を他所にガッツポーズをする幸恵でした。

『G線上のあなたと私』8話の視聴者の声は?

『G線上のあなたと私』8話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

幸恵さんの「いや だって2人とも もう!」に全視聴者が共感

まとめ猫

今回も松下由樹さん演じる幸恵さん劇場が冴えわたっていました。飲んだ勢いで告白するのかと思いましたが、お酒に頼らなくなった理人くんマジです。

『G線上のあなたと私』8話まとめ

色々な意味で今までの総決算のような3人のコンサートは温かい雰囲気に包まれていました。

也映子の眞於先生への気持ちと3人の奏でるバイオリンを録音して眞於先生に渡した理人、それを聞いた眞於先生が笑顔で「救われた」と言っていたのが素敵でした。「久住先生は大事な人であることは変わらない」と言った理人が、その気持ちを行動で表したのも誠実だと思います。

也映子と理人の交際、幸恵と夫の確執、眞於先生と侑人のモヤモヤが解決するのかといったところが今後気になるポイントです。

まねき猫

告白は来週までおあずけ…

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。