『ハル ~総合商社の女~』ドラマ1話ネタバレあらすじ!「楽しく仕事したい」中谷美紀が爽快!

2019年10月21日に放送されたドラマ『ハル ~総合商社の女~』1話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

1話では、海原晴(中谷美紀)が舞い戻った五木商事の社風に注目。
男性ばかりの中で孤立奮闘する姿が見どころです。

TV放送を見逃した方へ!

『ハル ~総合商社の女~』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ハル ~総合商社の女~』1話のあらすじネタバレ

日本の総合商社「五木商事」の社長からヘッドハンティングされた海原晴(中谷美紀)は、息子海原涼(寺田心)を連れて、アメリカから帰国します。

経営企画部部長補佐の役職に就いた晴は、同じ部署の部長が元夫の和田寿史(藤木直人)であることを知り、驚きます。部長が元夫だということは社内にはもちろん秘密ですが、晴にはもう一つ隠しておきたいことがありました。それは晴が昔、五木商事の社員だったということです。

いろんなことがあって一度は辞めた会社に再び出戻った晴ですが、就任早々に積極的に仕事への意欲を見せます。五木商事がチェーン展開しているラーメン屋「麺一」が売上低迷のため撤回する話が出ている会議で、晴一人だけが「まだ可能性がある」と主張します。経営企画部の若手社員・青柳悠馬(白洲迅)だけは晴に賛同の意を見せますが、他のメンバーは冷ややかな態度。

麺一を担当するリテイルビジネス部の田村修(田口浩正)にオーナーを集めさせた晴は、「経営を持ち直すためには今の麺一を捨てなければならない」と話します。反発するオーナー達と、麺一を立て直す気力のない田村に苦戦する晴でしたが、麺一の創業者である松岡一郎(田中要次)から「小麦粉を変えればまた美味しい麺ができるはず」と聞き、やる気が倍増します。

松岡の希望する小麦粉は外国から取り寄せないといけないため、航空運輸部の梶原義之(小松利昌)に話をつけようとしますが、取り合って貰えません。それは、副社長兼経営企画本部長の高山雄一郎(奥田瑛二)が麺一の撤回を指示し、圧力をかけていたためでした。同じく、高山からの圧力がかかっている田村は晴からの「梶原さんにかけあってほしい」という頼みを聞き入れようとしません。

田村が出世街道から外され、同期入社だった梶原に差をつけられたことを恨めしく思っていることを知った晴は、自分が新卒で五木商事に入社していた頃の話をします。海外の田舎の工場に飛ばされて初めは落胆していたものの、次第に工場員との仲が深まり、楽しく仕事をしようと思えるようになった、と語ります。

晴の話を聞いて、昔の自分をふりかえる田村のもとに、和田が現れます。和田も昔はコンビニで働かされたこともあったと語り、晴が作成した麺一に関しての資料を田村に手渡します。二人からの話を聞き、麺一オーナーとの良き思い出をふりかえり、心を動かされた田村は、資料を作り直して梶原に手渡し、小麦粉を空輸してもらうよう頭を下げました。

その後、麺を作り直し、麺に合わせた新たなスープも大ヒットした麺一は、低迷していた売上が一気に持ち直しました。今では行列ができるほどの大人気ぶりです。和田は晴の働きぶりを褒め称えます。実は、社長に晴をヘッドハンティングするよう薦めたのは和田だったのです。今の五木商事には晴のような存在が必要だと、和田は語りました。

『ハル ~総合商社の女~』1話の視聴者の声は?

『ハル ~総合商社の女~』1話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

中谷美紀が美しい!藤木直人と元夫婦役で美男美女

まとめ猫

中谷美紀演じる晴が部長補佐という設定ですが、今のところ藤木直人演じる部長の和田が陰でサポートしているように見えます。元夫婦という2人の関係が気になります。

『ハル ~総合商社の女~』1話まとめ

古い体質の総合商社にアメリカ帰りの主人公・ハルが風穴を開けるストーリー。海原晴(中谷美紀)は凄い経歴を持っているので、どんな頭脳作戦で仕事を解決するのか期待していたのですが、意外なことに、1話は熱意で周りの考えを変えて巻き込んでいく王道ストーリーでした。元気はつらつで人たらしなハルの今後の活躍に期待。

まねき猫

和田部長(藤木直人)は、息子の存在を知ってるのかな??

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。