ハル ~総合商社の女~ 6話:国仲涼子、中谷美紀と美の競演!晴の離婚原因はどうなの?

2019年11月25日に放送されたドラマ『ハル ~総合商社の女~』6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

6話では、国仲涼子演じる久保田英里子に注目。
アパレル会社副社長で晴と同じシングルマザーです。

TV放送を見逃した方へ!

『ハル ~総合商社の女~』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ハル ~総合商社の女~』6話のあらすじネタバレ

部長で元夫の和田寿史(藤木直人)と噂になっていると知り、驚いた海原晴(中谷美紀)。和田と相談し、「付き合ってないし、何か聞かれたら否定すれば良い」ということになります。

経営企画部の次の仕事は、五木商事の副社長・高山雄一郎(奥田瑛二)からの指示により、経営不振になっているアパレル会社「ファンソフィー」と、株売却のために交渉することでした。

晴がファンソフィーの副社長・久保田英里子(国仲涼子)と対面し、このままの経営状態では五木の子会社でいられなくなることを話します。ファンソフィーはセレブ層に人気のブランドで、多くの層に流行しているファストファッションに比べると、時代の需要にあまり合っていません。久保田はコスト削減のために会社の人材をリストラすることを拒否。素材のコストダウンも拒否。社長兼デザイナーである母と、今いる固定客のために、ブランドのポリシーを曲げることも拒否します。

ブランドイメージはこれまでどおりのままで五木商事の子会社で居続けたい、と話す久保田に、通信販売事業に手を出してはどうかと晴は提案します。ファンソフィーの商品を一般雑誌のようなおしゃれな装丁のカタログに載せることで、ハイブランドのイメージを守りつつ、手に取りやすくするというものです。しかしこの事業で成功するためには少なくとも三年はかかり、その間は五木から赤字補填を受けることもできません。この提案をした上で、晴はあらためて久保田に今のファンソフィーには「コストダウンするか」「五木商事の子会社であることを諦めるか」の二択しかない、と話します。久保田は悩み、返事を保留にします。

その夜、自宅に居た晴のスマホに、五木から出向して現在はファンソフィーの主任である上原麻美(黒川智花)から電話がかかってきます。上原は久保田を尊敬していて、力になりたくて晴に連絡してきたのでした。上原は、久保田がシングルマザーであること、久保田が娘のために会社のコストダウンを選び、五木商事の子会社で居続けた方が良いのかと悩んでいたことを晴に伝えます。

同じシングルマザーである晴は久保田の心境に胸を痛めますが、経営企画部と晴がくだした決断は「ファンソフィーの株売却」でした。久保田の返答を待つことなく、きっぱりと株売却に賛同した晴。株売却の話をしに来た晴に、久保田もすんなりと受け入れます。しかしその代わりに、久保田は晴が提案した「カタログ事業の案を貰い受けたい」と話してきます。久保田の言葉を聞き、晴は笑顔になります。晴は久保田ならば五木の力を借りなくても会社を再起させられる人だと見込んでいたのでした。

晴は久保田を応援し、「三年後に、五木が株売却したことを後悔するくらいに成功してください」と伝えます。上原はファンソフィーを辞め、今後は五木商事の社員として久保田をフォローすることになりました。

その後、晴は部下の青柳悠馬(白洲迅)から「部長と付き合っているんですか?」と聞かれたことをきっかけに、皆に自分と和田の本当の関係を話したいと思うようになります。信頼する部下に無用な心配をかけたくない、という晴に、和田も賛同します。晴と和田は経営企画部全員の前で、自分達が元夫婦であることを告白しました。さらに、晴が以前にも五木で働いていたこと、アメリカから声がかかったことをきっかけに離婚したことも話します。

全てを打ち明けることが出来てスッキリした晴は、今後もバリバリ働く意思を強めます。一方、和田は高山副社長に呼び出され、晴と元夫婦だったことを黙っていた件に関して詰め寄られていました。社長にスカウトされた晴が和田の元妻だということを知り、高山は「和田も社長派なのか?」と疑うようになっていました。否定する和田に、高山は「俺を騙せると思うな」と睨み付けました。

『ハル ~総合商社の女~』6話の視聴者の声は?

『ハル ~総合商社の女~』6話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

国仲涼子が美しい!中谷美紀と2人で眩しい

まとめ猫

マダムな雰囲気の国仲涼子さん、コンサバファッションの中谷美紀さん両方とてもお美しかったです。目の保養…。国仲涼子さんについては、『まだ結婚できない男』の桑野に会いに行ってほしいとの要望も(笑)

『ハル ~総合商社の女~』6話まとめ

ボンヤリと語られていた晴と和田部長の離婚の理由がよりはっきりした形で判明しました。当時、結婚後に夫婦で本社勤務はNGなので、和田部長は本社、晴は女だからと出向させられ不満だったときに、アメリカ行きのスカウトが来て離婚となったとのことでした。子供のことを考えたら、離婚しないでアメリカと日本で別れて暮らすこともできたのではないかと思いますし、敢えて離婚となった理由としては釈然としないような気もします。

まねき猫

青柳悠馬(白洲迅)の恋心に気がつく涼くん察し良すぎ。末恐ろしい。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。