2019年8月24日

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』全話を見逃し配信!動画で無料視聴する方法

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の放送済み全話を見逃し配信するサイト、動画で安全に無料視聴する方法をわかりやすく紹介しています。

また、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の放送中は、各話の動画や特別映像、ネタバレ、出演者(各話ゲスト)やスタッフ、視聴率を毎週更新して本ページでお届けしていきます。

お急ぎの方へ

結論:『Heaven?~ご苦楽レストラン~』を見逃した場合は、「Paravi」での視聴がおすすめです。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』を動画で無料視聴する方法

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』は、違法サイトでの視聴を除くと、以下の動画配信サービスで、最新話に限り安全に無料視聴できます。

  1. Tver
  2. Gyao
  3. TBSFREE

録画したドラマを違法アップロードしているWebサイトの利用(閲覧や動画再生)は、視聴端末のウイルス感染の危険性だけでなく、利用行為自体が法に反するものとして罰せられる可能性がございますので、絶対にお止めください。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』1話から最新話まで動画で見る方法

最新話だけでなく、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の1話から最新話までの全話を動画で見る方法をご紹介します(無料視聴も可能)。

まずは、国内の主な動画配信サービスでの、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の配信状況をご覧ください。

配信状況:〇=定額視聴、△=PPV(1話購入)、×=配信なし

以上のように、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』は「Paravi」でのみ配信されています。
そのため、放送が終了した全話を見たい時は、「Paravi」での視聴一択となります。

Paraviとは?

  • テレビ東京系・TBS系ドラマ配信
  • 国内最大級のドラマアーカイブ数
  • Paraviオリジナルドラマ作品を配信

Paravi公式サイト

「Paravi」では、初回登録後、30日間は無料視聴可能です。その後は月額925円(税抜き)が発生します。また「Paravi」では、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』のスピンオフを配信しています。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』とは?

ドラマ概要

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』は、佐々木倫子による同名漫画が原作。
超変わり者のオーナーが営むレストランを舞台とした物語です。

ドラマの主人公・黒須仮名子は、作家が本業。
仮名子がオープンしたフレンチレストラン「ロワン・ディシー」は、「オーナーの、オーナーによる、オーナーのための店」であり、お客様のために存在しない。 

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』は、オーナーである仮名子とそんなオーナーに負けず劣らずの個性派揃いの従業員たちが、レストランでドタバタ劇を繰り広げるコメディドラマです。

出演者

※左:役名、右:演者名

  • 黒須仮名子(くろす かなこ):石原さとみ
  • 伊賀観(いが かん):福士蒼汰
  • 川合太一(かわい たいち):志尊淳
  • 堤計太郎(つつみ けいたろう):勝村政信
  • 小澤幸應(おざわ ゆきお):段田安則
  • 山縣重臣(やまがた しげおみ):岸部一徳
  • 謎の紳士:舘ひろし
  • 和田英代(わだ ひでよ):内田 慈
  • 鱸克雄(すずき かつお):田口浩正
  • 月川陽平(つきかわ ようへい):大重わたる
  • 高遠大地(たかとお だいち):松本ししまる
  • 小枝 繁(こえだ しげる):矢柴俊博
  • 幹 みのり(みき みのり):上田 遥

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』出演者の特別動画

誕生日を迎えた福士蒼汰からメッセージ!! 7月期火曜ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』

虹色侍の即興ソング企画

石原さとみ驚愕!? 虹色侍が『Heaven?~ご苦楽レストラン~』で即興ソングを作ってみた!! 

【第2弾】まさかのお題に大爆笑!? 虹色侍が『Heaven?~ご苦楽レストラン~』で即興ソングを作ってみた!!

【完結編】石原さとみ感動!! 虹色侍が応援歌を披露!!

福士蒼汰のナフキン折り方講座

【WEB限定】撮影現場の雰囲気を語る!!福士蒼汰のナフキン折り方講座①

【第2弾】福士蒼汰がカワイイナフキンの折り方を披露!! 福士蒼汰のナフキン折り方講座②

【第3弾】ドラマ撮影現場でのムードメーカーとは!? 福士蒼汰のナフキン折り方講座③

【完結編】格好よく接客するポイントを紹介!! 福士蒼汰のナフキン折り方講座~シャツ編~

制作スタッフ

  • 原作:Heaven? ご苦楽レストラン
    ―作者:佐々木倫子
    ―出版社:小学館
    ―雑誌:週刊スピリッツ
  • 主題歌
    ―曲名:真夏の夜の匂いがする
    ―歌手:あいみょん
    ―所属事務所:エンズエンターテイメント
  • 脚本:吉田恵里香
  • 音楽:井筒昭雄
  • プロデューサー:瀬戸口克陽
  • 演出:木村ひさし、松木 彩、村尾嘉昭
  • 制作:TBS

視聴率一覧

  • 第1話:10.8%
  • 第2話:9.2%
  • 第3話:8.7%
  • 第4話:10.0%
  • 第5話:7.8%
  • 第6話:7.5%
  • 第7話:8.1%
  • 第8話:7.5%
  • 第9話:8.5%
  • 第10話:8.7%

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の動画と各話ネタバレ

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の予告動画や特別映像、各話のネタバレを放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話の動画・ネタバレ

1話では、なんといっても主演の石原さとみさん演じる黒須仮名子のキャラが見どころ。
原作漫画通りのヤバキャラですが、表情も行動も石原さとみさんが演じていることもあり、全部が可愛いです。

2話の動画・ネタバレ

2話の見どころは、小澤シェフが制約と自由の中で自信を取り戻していくところです。
仮名子はすべて計算ずくなのでしょうか?ひょっとして名経営者?

3話の動画・ネタバレ

3話では、仮名子と勝代の伊賀を巡る戦いが見どころです。
また伊賀の母と父・静(鶴見辰吾)から、なぜ伊賀くんの生態の秘密がわかります!

4話の動画・ネタバレ

4話では、黒須仮名子の正体が明らかになります。
そして、山縣の意外な趣味?癖?も明らかに!

5話の動画・ネタバレ

5話の見どころは、川合くんの唯一無二といえる才能が垣間見えるところです。
仮名子の「完璧なものばかりじゃつまらないでしょ」という言葉が胸に刺さりましたね。

6話の動画・ネタバレ

6話の見どころは、行き過ぎたホスピタリティを川合くんの笑顔がかき消すところ。
前回に引き続き、川合くんの接客がすべてを納めます。

7話の動画・ネタバレ

7話では、香宮さんがオーナーの特徴を捉えてるところが見どころです。
また加賀まりこさんの存在感にも注目!ドラマがピリッとしまって見応えを感じます!

7話のあらすじ

段田安則さん演じるシェフが新作料理にかかりっきりになっているので、福士蒼汰さん演じる伊賀くんがシェフにリフレッシュしてもらおうと石原さとみさん演じるオーナーを含めた従業員達を連れ出しランチに出かけます。
そのランチはいわゆるグルメフェスタのようなもので豪華なランチが食べれると思っていたオーナーはがっかりしますが、そこで美しすぎる火曜日のお客様として登場していた相武紗季さん演じる香宮さんを見つけてしまいます。
何がいけないかと言うと、いつもの美しい姿ではなく髪の毛はボサボサ、化粧っ気なし、服もだらっとしたもので従業員達は必死に見つからないように努力しますが、奇しくも見つかってしまい香宮さんが走って去っていってしまいます。

従業員達は肩を落とし、もう店には来てくれないだろうと嘆きますが、そこはオーナーが鼓舞しなんとかいつも以上の働きっぷりを見せます。
そんな時に丸山智己さん演じる俳優の湯浅が来店し、店は浮足出しますがこれがまた態度が悪い。いつも来てくださってる加賀まりこさん演じる古瀬さんが注意をしますが、彼女を雲隠れしていた女優だと気付きスクープとしてカメラマンを呼ぶ様子。いつも店に来てくださってる古瀬さんを一生懸命守ろうと従業員一同奮起します。

結局はオーナーが自分の作品を侮辱された腹いせにバラしてしまいもうだめか、、と思われたその時、女優じゃなくてそっくりさんだった。というオチ。全員肩を落としますが、実際のところ女優さんだったんじゃないかな、と匂わせた所でなんと冒頭の香宮さんが来店。

実はホラー漫画家で、オーナーを見て新キャラを思いついたそう。そのキャラがまた凶暴すぎて面白い。みんなで大爆笑して一件落着。というお話でした。

加賀まりこ、相武紗季、丸山智己、山本舞香

7話の感想

20代女性

ramu

今日のお話は特に面白くて好きでした!横暴だけどいつも本質を得ているオーナーは今日も大活躍。みんなが利用されてる?って気付いていてもどこか憎めないというか、そんなキャラが大好きです。従業員達も、悪い人が1人もいない!抜けていたり、ちょっとしたことで落ち込んだりもするけれど人間らしくていいなと思います。

今回のお話は古瀬さんがさすが大女優!貫禄も雰囲気もミステリアスさもオチも完璧。

うちの家族で声をあげて笑った所は最後香宮さんの漫画にオーナーが悪魔みたいなキャラででてきた所です。家族で観れるいいドラマだなぁと思います。

8話の動画・ネタバレ

8話では、岸部一徳の一人二役が見どころです。
また伊賀が最終試験で見せた、ワインを扱う華麗な手さばきと精悍な出で立ちにも注目。

8話のあらすじ

ある日、ロワン・ディシーに山縣重臣(岸部一徳)が苦手とする古くからのライバル・浦海晴臣(岸部一徳)が訪れます。
店に現れた浦海を一目見て驚く川合太一(志尊淳)ら。
なんと、浦海は山縣とうりふたつだったのです。

席に着いて早々、火花を散らす山縣と浦海。
浦海は、隣の席でワインをがぶ飲みする黒須仮名子(石原さとみ)やソムリエ資格を持っていない山縣について、嫌味を言い続けるのでした。

そして、浦海の帰り際「ソムリエ試験を1発合格する」と宣言をした山縣は、試験に対してトラウマを抱える伊賀に、ソムリエ試験に挑戦することを提案します。
乗り気でない伊賀でしたが、苦手を克服しようという山縣と仮名子に促され、堤計太郎(勝村政信)とソムリエ試験を受けることになります。

山縣の指導で試験勉強を始めた伊賀ら。
そして、沖縄でソムリエ試験対策の集中講座を受けることになった伊賀らは、そこで、東京で寿司屋を営む彦坂二郎(平泉成)と出会います。

その後、無事に一次試験に合格した伊賀と堤。
実は集中講座以降、伊賀は彦坂と連絡を取り合い、試験勉強に励んでいたのでした。

順調に試験が進む中、過去のトラウマが蘇り、不安を募らせる伊賀。
そんな伊賀に、二次試験の直前、母・伊賀勝代(財前直見)から電話があり、伊賀はさらに不安を膨らませます。
二次試験の結果、不合格の堤が勉強から解放されて喜ぶ一方、合格した伊賀は何かが起こるのではと、浮かない表情を浮かべます。

そして迎えた最終試験当日、突然、勝代が伊賀の元を訪れます。
勝代の対応を仮名子らに任せ、試験会場に向かった伊賀は、他の受験者の雰囲気に圧倒され、緊張感を募らせます。
しかし、同じく緊張で固まる彦坂に励まされた伊賀は、トラウマを克服するため、逃げずに試験を受けることを宣言します。

そして、試験が始まり、伊賀の前に、本物の審査員と入れ替わった仮名子が現れます。
緊張が解け、順調に試験の課題をこなす伊賀に対して、彦坂は失敗の連続。
ところが、黒須の横ヤリのおかげで、彦坂は普段の調子を取り戻すのでした。

店に戻り、仮名子から「後悔なく終われた」か問われた伊賀は、「苦手意識が薄れた」と笑顔を浮かべます。

試験の結果、彦坂は見事に合格。
一方、伊賀が不合格だったおかげで、山縣は店でのソムリエとしての地位を守ることとなるのでした。

8話の感想

30代女性

ketane

山縣と浦海を演じる岸部一徳さんの演技力に脱帽!
一人二役のはずですが、なぜか別人のように見えてしまい、ベテラン俳優の力を見せつけられました。

そして、あいかわらず仮名子らに振り回されている伊賀が、今回はトラウマを乗り越えるために奮闘しており、思わず応援したくなりました。
仮名子のおかげで、トラウマを克服し成長した伊賀の今後の活躍がますます楽しみです。

また、次回は仮名子に引退の危機が訪れるよう。
今後の展開から目が離せません!

30代女性

はっぴーぱんだ

山縣さんのライバルが出るといっても、なにも同じ役者さんが演じるほどのそっくりな人がライバルという設定は面白いなと思いました。おまけに、自分よりも少し出来が良いとなると山縣さんの視点に立ったらすごく嫌な気持ちになるなと感じました。これで双子設定じゃないのが面白いなと感じました。

今回は伊賀君が試験に挑む話でしたが、まさかここで第3話のお母さんの話が出てきてそこに絡めてくるのが面白かったです。意外なところで伏線があって驚きでした。今後の展開も今までの話のどこかに伏線があるのではないかと思うとワクワクします。

また、伊賀君のお母さんに付き合った川合君の笑顔が消えたのにも笑えました。いつも笑顔の川合君があんな表情をするのかと驚きでした。次回はずっと笑っていてほしいなと思います。

9話の動画・ネタバレ

9話では、仮名子の不在に幸せを感じている伊賀や河合らの満面の笑みが見どころ。
敏腕コンサルタントをも屈服させる仮名子節炸裂!からの「クビにするなら伊賀君」発言でショックを受ける伊賀君にも目が離せない。

9話のあらすじ

ソムリエ試験から1ヶ月後。「ロワン・ディシー」の面々は、あいかわらず、オーナー・黒須仮名子(石原さとみ)に振り回される日々を送っていました。

そんなある日、仮名子が1日不在の日を迎えることに。

ミステリー作家として手を黒くするほど作品作りに没頭する仮名子は、ようやく作品を書き上げることができました。清々しい気持ちでレストランに出てきて食事をし始めると「明日は1日変種との打ち合わせで留守にする」と伝えるのです。それを聞いた従業員達はとても嬉しそうにしていました。

翌日、伊賀観(福士蒼汰)をはじめ、朝からレストランの開店準備をする従業員達は、歌を歌ったりとご機嫌な様子。また、茶柱が立つ、アイスの棒が当たる等とラッキーな事が立て続けに起こります。川合太一(志尊淳)が発注ミスをしても、まだ開店までに時間があり、心にも余裕がある為、誰も怒ることがありませんでした。

その頃、仮名子が出版社に行くとバタバタしていた上、打ち合わせの日程を間違えていると追い返されてしまいました。豪華な食事にもありつけず、腹ぺこの仮名子が仕方なくレストランに帰ろうとすると、タクシーで道路が渋滞したり、ハイヒールが壊れたり、雨が降ってきたりと不幸な事が続きました。

ようやく「ロワン・ディシー」に帰ると、入念な準備のおかげできらびやかな店内はいつも以上に繁盛。従業員達もいつも以上に穏やかに接客をしており、和やかな空気が流れていました。そんな中、常連客の小枝繁(矢柴俊博)が幹みのり(上田遥)にプロポーズ。成功すると、店内は祝福ムードとなり幸せな空気に包まれました。

その様子をおもしろくなさそうに見つめる仮名子。いつもの指定席とは別の席に座らされ、余り物の特製プレートを出された仮名子の怒りは頂点に達します。しかし、特製プレートをたいらげ、心もお腹も満たされた仮名子は幸せを感じます。ところが、仮名子は「幸せは長くは続かない」などと不吉なことを口にするのでした。

数日後、仮名子の言葉通り、常連さんのお引っ越し、口コミサイトの最低評価、予約が全くない状態など「ロワン・ディシー」にアンラッキーな出来事が立て続けに起こり、売り上げ低迷が続いてしまいました。

そんな中、店に飲食店経営コンサルタント・中聖人(白井晃)が現れます。敵対心をあらわにする仮名子に対して、伊賀らは仮名子が言い負かされる姿を見ようと好意的。様々なアドバイスをするけれど仮名子は全てにダメ出しをしました。

最終的に人件費が問題だと言われました。誰かがクビになると不安になる従業員達。「このままでは人件費の為に働くようなもの、お客様の為に働かないと」という中に対して、仮名子は「お客様の為に働いていない、自分の為にレストランをやっていると」堂々と言い切るのでした。そんな仮名子の勢いに圧倒された中は、店をあとにします。

クビの心配もなくなり一同は一安心。その後、誰かクビになるなら誰だったかという話題になり、クビにするなら伊賀だったと仮名子は言い、一同は唖然としました。伊賀自身も自分はないと思っていた為ショックを受けました。しかし、その真意は「伊賀は優秀だから他の店から引き抜きが来たら、引き抜き代金を貰う為」と話すけれど、伊賀本人の耳には届いていません。

その時、出版社から連絡が来て出版社が潰れ、仮名子の新作は出版できなくなることが伝えられました。経営のための軍資金のあてがなくなった仮名子は、オーナー業に専念することを宣言。その時、息子を父の転勤先のジンバブエに連れて行こうと、伊賀の母・伊賀勝代(財前直見)が現れるのでした。

白井晃、田中義剛、井上順

9話の感想

30代女性

takoyakiyaketane

仮名子が店にいないことが、伊賀らにこんなにも幸せをもたらすとは!何もかもが順調に進み、幸せそうに微笑む伊賀らの姿がとても印象的でした。

そんな伊賀らに対して、仮名子の不運続きは不憫でしたが、普段の傍若無人な態度がひどいだけに、たまには辛い思いをするのもいいのではと思ってしまいました。

順調に経営を続けているように見えた「ロワン・ディシー」ですが、相次ぐ不運で客足が遠のき、軍資金のあてもなくなり、ついに解散の危機が!?

「ロワン・ディシー」は解散してしまうのか、伊賀は勝代と共にジンバブエへ行ってしまうのか、最終回が楽しみです。

30代女性

はっぴーぱんだ

仮名子がいないことによってレストラン内の空気全体が幸せな空気に包まれているのがとても面白かったです。仮名子が疫病神過ぎて笑えました。

仮名子がレストランに帰ってきた瞬間に不幸になるのかと期待しましたが、その様なことがなく、常連さんのプロポーズが成功した時は思わずテレビの前で「おー!」と声を上げ拍手をしてしまいました。常連カップルさんの恋の行方は1話から気になっていたので、結婚すると決まった時はとても嬉しかったです。引っ越してしまうのが悲しいのですが幸せになってほしいです。

今回の仮名子は最初から最後まで不幸で自己中らしさが薄れていましたが、それでも「自分の為にレストランをやっている!」と堂々と言う姿が清々しく、自己中な仮名子らしさが見られたのが良かったです。

10話(最終回)の動画・ネタバレ

10話では、舘ひろしの正体が明かされます。

ジンバブエに行くことを決意したものの、目論みが外れる伊賀くんの漂流に注目です。

10話の感想

30代女性

takoyakiyaketane

伊賀がジンバブエに連れて行かれてしまうのでは!?と心配していましたが、勝代の目論見が失敗に終わり、「ロワン・ディシー」に残ることになり安心しました。ところが、安心したのも束の間で、仮名子が解散を宣言してしまうとは・・・。衝撃的でした。

解散後も各地で「ロワン・ディシー」を続け、常連客も相変わらず通っている様子は、とても微笑ましかったです。1話に登場した謎の紳士(館ひろし)の正体も判明し、すっきり終わることができました。

全体を通して、仮名子や伊賀らの掛け合いのテンポがよく、川合太一(志尊淳)の笑顔に癒される、とても楽しめる作品でした。

30代男性

どうしようもない

声の出演だけで出ていた舘ひろしの正体は伊賀くんだったのか。というのが率直な感想です。第一話からずっと考えていた謎が解けました。

「お客様と友達になってはいけない。お客様との丁度良い距離感が大事」というオーナーの言葉に代表されるようにこのドラマは常に距離感を大事にしていたドラマだったのではないかと思います。人との距離感を取りながら自分の居場所を作っていく。状況は常に変わり続ける中で柔軟に対応していくしかないということをオーナーの言葉をとおして学んだ気がします。

最後に

動画配信サービス「Paravi」ならば、再生中に煩わしい広告(CM)もなく、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』を1話から最新話まで高画質でご覧になれますので、見逃した回があればチェックしてみてください。

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』最終回まで、このページで情報を随時更新してお届けしてきました。またお暇な時に見に来てくださいね。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。