『ひとりキャンプで食って寝る』3話ネタバレあらすじ!森でハンターあかり(北香那)とニンニク三昧

2019年11月1日に放送されたドラマ『ひとりキャンプで食って寝る』3話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

3話では、森で遭遇するあかり(北香那)のキャラクターに注目。
ニンニク農家ハンターヤンキーお姉さんでカッコいいのです。

TV放送を見逃した方へ!

『ひとりキャンプで食って寝る』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ひとりキャンプで食って寝る』3話のあらすじネタバレ

大木健人(三浦貴大)が調子よく沢田研二の「TOKIO」を口ずさみながら料理をしています。刻んだネギをスキレットで炒め、そこに焼き鳥缶、ブラックペッパーを加え、一言「うまっ」。

今日は焼き鳥の缶詰料理を目的に、嬬恋の湖にほど近いキャンプ場へとやってきた健人。受付で薪を購入すると、一緒に熊よけの鈴も手渡されました。野生の動物も出る地域のようです。

キャンプサイトへとやってきた健人は、本日のメイン「焼き鳥缶のカルボナーラ」を作りますが、周囲は突然相撲を仕掛けてくる子供連れの家族や、爆音で音楽をかけワイワイやる若者グループで騒がしく、落ち着きたい健人は森へと移動します。

料理をつまみながらビールを飲んでいるとウトウトし、寝入ってしまった健人。焚き火に使えそうな枝を拾いに山へと入っていくと、森の中に行き倒れている女性を発見します。慌てて声をかけ、熊よけの鈴を鳴らして起こすと、女性はイタチの巣だと迷惑そうに言いながらむくりと起き上がりました。

髪の毛を染めギャルっぽい見た目ですが、ひどく訛った口調の女性は、猟のためにこの山に入ったあかり(北香那)でした。「東京から来たのか?肉は食えるか?」と問うあかりについていくと、先日捕れたばかりのイノシシを食べさせてくれると言います。

にんにくをたっぷりと効かせた、猪肉のアヒージョのような料理に、ゴマ油を加えたにんにくのホイル焼き、猪肉のねぎま串と、かなりにんにくが多めのメニューですが、それもそのはず、あかりの家はにんにく農家だったのです。脂身までおいしい最高の猪肉を食べ終え、デザートにも甘いにんにくを食べた二人はしばし談笑し、夜が更けていきます。

自分のテントへと戻った健人、どうやら少しにんにくを食べすぎてしまった様子です。ランタンを灯し、焚き火をしていると何やら野生動物の気配のようなものを感じ、少し警戒して鈴を鳴らしますが、焚き火の柔らかな熱と光がゆっくりと健人の心を解いて行きます。

翌朝目覚めた健人。炊事場で顔を洗っていると、昨日相撲を仕掛けてきた子供がまた相撲を挑んできます。「今度は負けないぞ!」と応戦する健人ですが、昨日たっぷりにんにくを食べたせいで、口が臭いと子供に言われてしまいました。

テントへ戻りコーヒーを挽いていると、イノシシを捕りに山へと向かうあかりが通り掛かり、大きなにんにくをプレゼントしてくれました。お礼にと「摩周湖の霧の缶詰」をお返しする健人、前日酸素の話をしていたあかりは喜んで、家でガキたちに吸わせると嬉しそうに去っていきました。

健人はもらったにんにくをオリーブオイルで熱し、焼き鳥缶、ネギを加えてパスタと和え、最後に海苔をふりかけて「焼き鳥の和風ペペロンチーノ」を作ります。そのおいしさとにんにく臭に「くさっ」と楽しそうな健人、笑いながら食べ終えてキャンプ場を後にします。帰りの道すがら、遠くの山から猟銃の銃声が聞こえ、健人はやや目をやりながら車を東京へ走らせるのでした。

『ひとりキャンプで食って寝る』3話の視聴者の声は?

『ひとりキャンプで食って寝る』3話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

三浦貴大さん、食べる演技が本気です

まとめ猫

今回は美味しそうな料理がたくさん登場しました!三浦貴大さんの食べ方も良いですね。熊が出るので後片付けはぬかりなく!

『ひとりキャンプで食って寝る』3話まとめ

今回のゲスト、ニンニク農家の猟銃娘あかりを演じた北香那。最近では『相棒 season18』の1話と2話で、船越英一郎演じるレンジャーの格闘技が得意な娘役として登場していました。ワイルドな役柄を上手に演じられる方ですね。

まねき猫

今回の劇中歌は、沢田研二の「TOKIO」!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。