『ミス・ジコチョー』ドラマ4話ネタバレあらすじ!怪しい野間口徹がキーマンか?次回へ続く

2019年11月8日に放送されたドラマ『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』4話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

4話では、キーマン・元医師の千石(野間口徹)に注目。
問題の手術後、病院を退職し医師を辞め製薬会社へ転職しています。

TV放送を見逃した方へ!

『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』の動画は「U-NEXT」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ミス・ジコチョー』4話のあらすじネタバレ

テレビの取材を受けていた工学部教授・天ノ真奈子(松雪泰子)は、事故調査委員会より医療事故の疑いのある、心筋梗塞手術の調査依頼を受けます。

遺族が葬儀の最中、遺体にに残された大きなガーゼと、ガーゼに隠された赤い奇妙な跡を発見し医療ミスを疑い、病理解剖をしなかった病院に対する不信感から訴えが起こりました。事故調査委員会で、天ノは委員長で弁護士の守康(寺脇康文)と、意見の食い違いが発生し何度も衝突します。

直接遺族と面談した天ノは、「失敗の匂いがする。」と医療事故の可能性が高いと確信します。病院での聞き込み調査では、執刀医師・椎名(山中聡)、手術担当看護師の一糸乱れぬ回答に、逆に不自然さを覚える天ノ。手術後、病院を退職し医師を辞め製薬会社へ転職した元医師の千石(野間口徹)だけが、異なる回答をしました。手術中の記録映像保存期間も過ぎ、証拠を見出だせず苦戦する天ノ。再現実験でも、仮説を証明出来ず失敗に終わります。

母親で工学者の南雲喜里子(余貴美子)から、医師の資格がない天ノが医療事故の調査に任命されたのは、ただ人寄せパンダに利用されただけだと言われ、落ち込みます。仲間達は、中華料理をやけ食いする天ノを励まします。しかし、天ノは再現実験中のオペスタッフのうろたえた表情から、自分の仮説は真相に限りなく近いことを確信します。

事故調査委員会の中間報告会に出席した天ノは、「現時点では、病院の過失は認められません。」と答えざるをえませんでした。ところが、調査報告会が終わろうとした時、天ノの携帯に着信がありました。携帯を助手の野津田燈(堀井新太)に渡し指示を出します。そして、手術中に起こった過失が、患者を死なせる直接の死因であり、致命傷になったと発表します。

会場には手術中の患者に掛けているおい布が炎上する動画が写し出されるのでした。

『ミス・ジコチョー』4話の視聴者の声は?

『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』4話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

野間口徹さんが怪しい!敵か味方か?

まとめ猫

真奈子に動画を送った謎の人物は誰なのか?野間口さん演じる元医師が怪しい?
それ以前に、フェイクかもしれない動画を証拠として公開してしまった真奈子に勝算はあるのか、次回が気になります。

『ミス・ジコチョー』4話まとめ

イヤーな感じの弁護士・守康(寺脇康文)も登場し、今回は1話完結ではなく、次回へ続く形となりました。医療ミスを訴える遺族役の菅良太郎(パンサー)の役どころが、いかにも金の亡者風なので世間の心証が悪く、天ノ真奈子(松雪泰子)達の立場を不利なものにしています。腹に一物抱えてそうな千石(野間口徹)が次回のキーマンとみて間違いないでしょう。

まねき猫

今回、鈴木拓(ドランクドラゴン)も出演しています。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。