ミス・ジコチョー 5話:守康弁護士(寺脇康文)いい奴だった!相棒の亀山感がにじむ

2019年11月15日に放送されたドラマ『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』5話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

5話では、事故調査委員会の守康弁護士(寺脇康文)に注目。
真奈子と敵対していましたが、公平な目を持っていました。

TV放送を見逃した方へ!

『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』の動画は「U-NEXT」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ミス・ジコチョー』5話のあらすじネタバレ

事故調査委員会の中間報告会で、許可なく手術中の動画を公開した天ノ真奈子(松雪泰子)は、責任を追求され解任投票が行われます。開票の結果、解任反対票が1票あり、天ノの解任は否決されました。反対票を投じたのは、意外にも弁護士の守康(寺脇康文)でした。

守康は、以前に病院の顧問弁護士でしたが、病院と癒着はありませんでした。お互いの誤解がとけ、助手の野津田燈(堀井新太)と3人で食事をします。

「私失敗しちゃった。」と、天ノは夜中にも関わらず守康を呼び出し、再現実験を行います。すると、電気メスから発火し、患者の患部が燃え始めます。

ある日、元医師の仙石(野間口徹)が出勤すると、大勢のマスコミが押し掛けて来ました。病院が医療事故の原因は、仙石のミスによると発表したと言うのです。焦った仙石は、自分の無実を証明するため、証拠の手術を撮影した動画があると言います。「カーット。」の声と共に映画監督に扮した天ノが現れます。マスコミは偽物だと気付き憤慨する仙石に、「真相究明のためには、手段は選ばない。」と答えます。

調査委員会は、報告会で仙石が提供した動画を公開し、手術中の医療事故を報告します。手術中に患部を消毒する際、看護師が整理食塩水の代わりに、アルコール消毒液を渡していたのです。2つの形状は似ており、間違いは必然だったのでした。

ただ天ノは、取り違えはヒューマンエラーだが、根本的原因ではなく、事故の直接的原因は医師と看護師の過重労働によるものだと指摘したのです。実は、隠ぺいの指示は、病院の事務長であり、事故調査委員会のメンバーでもある海崎(田山涼成)が出したものと判明します。今後、労働環境の改善を希望し、医療事故にの軽減を願う天ノでした。

『ミス・ジコチョー』5話の視聴者の声は?

『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』5話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

守康弁護士(寺脇康文)いい奴だった!相棒か!

まとめ猫

ラスボス感出てる寺脇康文演じる守康弁護士。最初はイヤーな奴でしたが、まさか味方になるなんて。そして他の事故調査メンバーが全員黒とは…。

『ミス・ジコチョー』5話まとめ

真奈子の母親の南雲博士が、実験を行い協力してくれましたが、後日高額な請求書が。また、仙石を騙すために行った、偽の撮影スタッフ達の請求書も重なります。真実を追求するのにはお金がかかるのですね。

まねき猫

「熱血列島」の仕上がり、中身無くて笑えました。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。