『時効警察はじめました』ドラマ1話ネタバレあらすじ!彩雲(吉岡里帆)十文字に捕獲される

2019年10月11日に放送されたドラマ『時効警察はじめました』1話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

1話では、時効事件に前のめりな新キャラ・刑事課の彩雲(吉岡里帆)に注目。
刑事がいると都合がいいという霧山に口を尖らす三日月が可愛いです。

TV放送を見逃した方へ!

『時効警察はじめました』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『時効警察はじめました』1話のあらすじネタバレ

時効になった事件をあくまでも趣味で捜査する霧山修一郎(オダギリジョー)が、マーライオンに似ているという食堂の玲子さんから、食堂の冷蔵庫に入れっぱなしだった10年前の事件の遺留品が入ったダンボールを預かってきました。

そのダンボールには「要冷蔵」と書かれていました。しかし、よく見ると「要冷蔵」ではなく、「要玲蔵(かなめたまぞう)」という人の名前が書かれています。読み間違えで、10年間冷蔵庫に保管されていたのでした。

要玲蔵(村松利史)とは、総武のウタマロと呼ばれていた男のことです。25年前、総武の冷凍倉庫から凍死した女性の遺体が発見されました。遺体の身元は神沼絹枝(伊勢志摩)。新興宗教の主催者で、要水産社長・要玲蔵の愛人でした。

倉庫の防犯カメラには、絹枝が倉庫に入る姿が写っており、その後、なぜか手動で外から鍵がかけられるという不思議な現象が起きていました。その頃、玲蔵と絹枝の関係は悪化していたため、玲蔵が犯人ではと疑われましたが、絹枝が死んだ同日同時刻に玲蔵も自宅で、部屋でイカを焼いていたため発生した一酸化炭素中毒で死んでいたのです。二人の死によって、この事件は迷宮入りしてしまいました。

この時効事件を調べることにした霧山は、三日月しずか(麻生久美子)と電車に乗って、絹枝の新興宗教を引き継いだ、娘の神沼美沙子(小雪)のもとに向かいます。美沙子は、玲蔵の妻でもありました。応対した花崎新一(六角精児)に、美沙子に会って遺留品を返したいと申し出ますが、流水の儀を行っていると断られます。そこへ、美沙子が現れ、霧山と三日月を招き入れました。

美沙子はパワーを持っていると、霧山に興味を寄せます。霧山は絹枝と玲蔵の時効になった事件のことについて美沙子に尋ねますが、美沙子は事故だと聞いていたと答えます。霧山は、この二人の死亡事故は偶然に起きたのではなく、必然に起きたのだと考えていると美沙子に伝えました。

帰り際に、二人が亡くなって得をした人物はいないかと霧山は美沙子に尋ねます。美沙子は知らないと答えましたが、その時蚊が美沙子の首筋に。花崎が叩いて殺しました。霧山は美沙子は何か隠しているとにらみました。嘘をつくと人は体温が上昇し、蚊が寄ってくることがあるからです。

絹枝と玲蔵の事件の当時の担当刑事に、霧山と彩雲真空(吉岡里帆)は会いに行きます。あれは二つの事件だとの見解でした。動機もあったのです。一つ目は玲蔵が絹枝を殺した事件。玲蔵は食品偽装をしており、その弱みを絹枝に握られていたこと。二つ目は絹枝が玲蔵を殺した事件。絹枝は金に行き詰っており、挙句の果てにまだ高校生だった自分の娘を玲蔵の妻にするという遺産目当てで何でもありのことをしていました。しかし、冷凍倉庫に手動で鍵がかかっていたのに防犯カメラには映像がなかったことや、炭火による一酸化炭素中毒の事実から、どうしても謎が解けず時効になったとのことでした。

霧山は風船屋のヘリウムボンベに目を向けます。ヘリウム以外の一酸化炭素のボンベはあるのかと聞くと、魚の鮮度を保つため昔は使っていたとのこと。今は法律で使えなくなっていますが、94年ぐらいまでは使われていたようです。霧山と三日月は、木炭から出た一酸化炭素と、ボンベから出た一酸化炭素は区別ができるのか又来康知(磯村勇斗)に確認しますが、区別は難しいとのこと。確信が近づいてきました。

絹枝が亡くなっていた冷凍倉庫が、美沙子の命令で急に解体され始めていました。霧山は、そこである氷を発見します。そこに美沙子が現れました。霧山はボンベの一酸化炭素で玲蔵が殺されたする仮説を美沙子に話します。さらに、遺留品の中にあった「9171」と書かれた何かのレシートを見せ、何の数字か知ってるか聞きます。美沙子は冷凍倉庫にあった金庫の番号だと言います。霧山に意味ありげに近づく美沙子。そこへ教団員が流水の儀の時間だと知らせに来ました。

美沙子が出て行ったあと、霧山は花崎に、ずっと好きだった美沙子のために共犯者になったのではないかと尋ねます。花崎は美沙子の高校の同級生で、科学部員でもありました。冷凍倉庫の防犯カメラに映らない方法を聞かれたと花崎は答えました。美沙子が戻ってきました。霧山が美沙子に「9171」と書いたのは誰かと問うと、それは母の字だと答えました。

時効管理課に戻り、みんなとの時間の遅れの内容のやりとりから霧山は確信を得ました。霧山は、美沙子のもとに行き、あくまで趣味の捜査の結論として、25年前に起こった玲蔵と絹枝の殺人事件の共犯者は美沙子だと伝えます。

事件の日、修学旅行のお土産として美沙子は玲蔵にイカを買ってきて、炭火で焼いたと思わせる協力をしたこと。一方、絹枝を冷凍倉庫の金庫のお金を盗むために、防犯カメラのビデオが巻き戻る空き時間を狙って冷凍倉庫に入らせ、玲蔵に外から倉庫の鍵をかけさせる。倉庫に閉じ込められた絹枝は凍死し、その後、玲蔵も部屋の穴から入れられたボンベの一酸化炭素で死亡したこと。つまり、亡くなった二人が犯人で、お膳立てをしたのは美沙子であると霧山は示します。

しかし、絹江が冷凍倉庫に入っていく姿は防犯カメラに残されていますが、玲蔵が外からロックする場面は防犯カメラ映像に残っていないという謎が残ります。

さて、取り壊された冷凍倉庫から霧山が見つけたという氷の中には、美沙子がお土産のイカを購入した時のレシートが入っていました。レシートの裏には「1233」と書かれていますが、実はこれは霧山が美沙子の自供を引き出すための偽装工作です。本当のメモには「1234」と書かれていました。これは12時34分を意味しており、そこから3分間はビデオが巻き戻るため、防犯カメラに記録されません。そのトリックを美沙子に教えたのが花崎でした。

霧山は「1233」と書かれた偽装レシートを使い、操作した時間のメモを絹枝に渡したことを美沙子に示しますが、美沙子は「だって時間が違う」と口を滑らせてしまいます。「1234」と書かれた本当のメモは美沙子と絹枝2人で見ている為ごまかすことができず、美沙子は絹江の腕時計をあらかじめ1分進めておき、12時34分に見せかけて、実際は12時33分に冷凍倉庫に行かせていたのでした。絹江が入室した12時33分という時刻は、従業員用のタイムレコーダーが防犯カメラ映像に映り込んでおり言い逃れはできません。

美沙子は警察に行こうとしますが、霧山はこの事件は時効であるのでと、誰にも言いませんカード3D出し、認め印を押した後美沙子に渡すのでした。

『時効警察はじめました』1話の視聴者の声は?

『時効警察はじめました』1話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

吉岡里帆・いるいらない問題発生か。あなたはどっち派?

なるほど…

中年集団の中に1名だけフレッシュな子がいたら当然浮きますね。

彩雲が時効事件にハイテンションで喰いついたところに「(十文字)はい 彩雲 来る~。」の捕獲劇。

まとめ猫

三日月くんと彩雲ちゃんのポジションがまる被りだからモヤッとしちゃうのかも。最後、霧山三日月コンビで解決してくれているのが救いですが…毎度彩雲ちゃんは十文字さんに捕獲されるパターンがよいのでは?

『時効警察はじめました』1話まとめ

メインゲストの小雪さん(42歳)と三日月こと麻生久美子さん(41歳)、40代でお美しい二人の共演でした。

来週のメインゲストは向井理さん。ドラマ「きみが心に棲みついた」で吉岡里帆と共演してたのを思い出します。再会した二人の絡みも見てみたいです。

 

まねき猫

わちゃわちゃメンバーの中では、突き抜けたウザさの十文字さんが好き。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。