『時効警察はじめました』4話ネタバレあらすじ!中島美嘉の全身メロンCMが攻めていると話題

2019年11月8日に放送されたドラマ『時効警察はじめました』4話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

4話では、伝説のゾンビ映画「ロマンチックを止めるな」に注目。
主演の折原千香子(中島美嘉)出演のCMがなぜか全身メロンです。

TV放送を見逃した方へ!

『時効警察はじめました』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『時効警察はじめました』4話のあらすじネタバレ

時効管理課では、伝説のゾンビ映画「ロマンチックを止めるな」がリメイクされるという話で盛り上がっていました。実はこの映画は、映画撮影中に監督が殺されたというイワクつきで、結局犯人は分からず時効が成立していました。その当時捜査にあたったのは十文字疾風(豊原功補)、蜂須賀(緋田康人)でした。

皮肉にも事件のおかげで、映画は話題となりヒット。スクリーンに幽霊が映っていることも話題となり、監督を殺したのは幽霊ではないかと憶測まで流れたといいます。当時のマスターテープが倉庫にあるということで、霧山修一郎(オダギリジョー)は、この時効事件を調べてみることに。霧山は三日月しずか(麻生久美子)と、又来康知(磯村勇斗)と共にマスターテープを鑑賞します。

事件は25年前、まだ無名だった新人監督と役者が、郊外でゾンビ映画を撮影している最中に起こりました。全編長回しワンカット。1度もカメラを止めずに撮影されました。主演の折原千香子(中島美嘉)が棺を開け、驚いた顔で終わるはずだったラストシーンには続きがあり、ナイフで刺された監督の唐沢浩一郎(津田寛治)が倒れこみ、死体発見の瞬間がカメラに収められていました。
唐沢は、映画冒頭に役者としても出演していることから、長回し70分の間に殺されたことになります。また、「俺は自殺する」と書かれた台本が発見されましたが、遺体の刺し傷の跡から他殺と断定されるも、そのまま時効を迎えていました。

最初に疑われたのは、主演の折原千香子。映画関係者の宿泊先の女将(清水よし子)が、事件前夜、唐沢と千香子がもめているところを目撃。千香子は唐沢に向かって「殺してやる」と叫んでいたと言います。しかし千香子にはアリバイがあります。主役で出ずっぱりの中での殺人は不可能とされました。映画が話題になって一番得をしたのは千香子で、一気にスター階段を駆け上がりました。

霧山は、三日月からの誘いで、千香子が審査員を務めるゾンビエキストラオーディションに参加。千香子の呼びかけで、キャスト、スタッフも当時そのままで「ロマンチックを止めるな」のリメイク版が撮影されることになったのでした。オーディションには彩雲真空(吉岡里帆)も参加し、迫真の演技で千香子に合格を言い渡されました。

オーディションの後、霧山と三日月は千香子に事件の話を聞きます。当時のキャスト、スタッフの中に犯人が居ると霧山が疑っていると知り、千香子は撮影合宿に霧山と三日月を誘います。霧山が千香子に「あなたは監督を殺したいほど憎んでいたことがあるか」と聞くと、「あり得ない。私は心から監督を尊敬していた」と千香子は答えました。

撮影現場へバスで移動を開始。千香子らと共に、霧山、三日月、彩雲も同乗しました。三日月はゾンビのキャラ弁を霧山のために作ってきましたが、霧山は断ります。移動途中に彩雲は「みんな唐沢監督のことを本当に尊敬しているんですね。25年の時を経て、メンバー全員が集まるなんてよほどのことですよ」と話しかけますが、社内は静まり返ります。岸田(板橋駿谷)は「そんな単純なものではない」と呟きます。

ロケ地に到着します。「あの時のまま。思い出すわ」と懐かしむ千香子。霧山と三日月はゾンビエキストラに扮し、ロケ地を確認して周ります。状況から、カメラが回りながら気づかれずに監督を殺害するのは不可能だと判断します。

撮影が始まりました。体調不良の役者の代理として彩雲はメインキャストに。三日月は悔しがります。岸田はセリフを飛ばす癖を千香子から指摘されていました。

撮影終了後、宿に到着しますが、メインキャストの彩雲には個室が用意されているとのこと。霧山と三日月は2人で同室となり、三日月は喜びます。
宴会場での夕食。「監督のためにもリメイクを成功させ、世に送り出しましょう」と千香子は乾杯の音頭をとります。

宿の女将が再び訪れてくれたことに感謝して挨拶に来ました。霧山は、当時の証言をもう一度女将に聞きに行きます。女将は千香子と唐沢が事件前夜にもめていたと証言しましたが、その後、撮影のリハーサルだと聞かされたと話します。更に、千香子は唐沢から罵声を浴びた後、泣きながら彼氏に電話し、彼氏がわざわざ会いに来たと。唐沢はその直後、彼氏と別れることを千香子に強要。さもないと役から降ろすと言われた千香子は、「殺してやる」と叫んでいたと女将は話します。唐沢は、千香子の顔を見て「やっと感情が出てきた」と喜んでいたが、自分が見た限りでは悪魔が憑依したような顔だったと女将は話しました。

入浴後、霧山は千香子に2人で飲みなおそうと誘われます。「犯人は見つかりそう?」と聞いてくる千香子に霧山は「今のところ、一番怪しいのはあなた」と答えました。「私はあの人を憎んでいたけれど、殺したいと思うのと殺すのは別。私は彼をいまでも尊敬している」と千香子は言います。「自殺の可能性は?」と霧山が聞くと「自殺なのかもしれないわね。彼はあの作品に命を懸けていた」と千香子は答えるのでした。

鑑識課の諸沢(光石研)が、霧山に呼び出されてやって来ました。刺し傷の再検証を霧山に依頼されていたのにその分析結果を忘れて、又来康知が後を追って届けに来ました。結果は、あらためて他殺であるとのこと。台本に書かれた字も、唐沢の自筆でした。また、出ずっぱりだった千香子が画面から消えた空白の3分間が判明しました。諸沢と又来に協力を頼み、3分間で監督を殺して帰って来れるのかを検証しますが、難しいという結論に。

そこへ岸田が来ました。犯人は幽霊だと話し、幽霊が映った映像を霧山に見せます。映像の窓に幽霊らしき人影が映っていました。十文字からも霧山に電話が。犯人は幽霊だと言い張る十文字。当時の聞き込みの最中に、窓の外に人影が見えたと話します。

NG連発で、霧山と三日月はクビになり強制送還。時効管理課で、十文字が破ってしまったポスターを張り合わせる様子を眺め、霧山はあることに気づいたのでした。

事件の真相を解明した霧山はロケ現場を再度訪問。霧山は解明した事件の真相をキャスト、スタッフの前で伝えます。「犯人は折原千香子。その他全員はそのことを知っているはず。そうでないとなりたちません。そもそも、映画は長回しの1発撮りではなく、後で編集したものでした。」と。

あの日唐沢は、撮影を途中で止めて千香子にダメ出しを始めました。そこで、理性を失った千香子はナイフで唐沢を刺してしまいます。その後、みんなで相談。撮影済みの前半と後半を繋ぎ合わせることにしました。そして、最後に唐沢の死体を発見するシーンを入れれば、アリバイは成立すると考えたのでした。最期の死体発見の映像は、すべて演技だったのです。証拠は岸田の放った言葉「おい、救急車」でした。人のセリフを跳ばすクセがある岸田は、死体を発見する前のタイミングでこの言葉を発していました。それこそが、演技だという証明になります。

幽霊が映っていた件は、映像を繋ぎ合わせた繋ぎ目に、千香子の彼氏が映ってしまっていたことが原因でした。千香子を心配した彼氏は、目立たないように長い髪を前にたらして窓の外から見守っていたのです。

そして、事件の黒幕は殺された唐沢本人でした。千香子に刺された唐沢は、死の間際に千香子をかばいました。救急車を呼ぶことを拒否し、警察に自首をしようとする千香子を止め、最後まで主演を演じ切ることで映画を完成させることを望んだのです。「千香子、絶対捕まるな。俺は自殺すると書く。俺は自殺だ。撮影を続けて公開までこぎつけろ。絶対に上映を止めるな」と。

千香子は霧山の見解を聞き、「罪を隠したかった訳ではない。上映禁止になっているこの映画を、監督のためにリメイクしようとしていた」と伝えます。これで肩の荷が下りたとすべてを公表しようとする千香子。

霧山は、この事件は時効を迎えている為、口外することはありませんと言います。「誰にも言いませんカードZ」を取り出し認め印を押す霧山。ちなみにZはゾンビのZ。最期という意味も込めてあると言います。

時効管理課で。千香子のリメイク映画に幽霊が映っているということで確認すると、窓の外に立つ諸沢の姿が。諸沢は銀幕デビューを喜びますが、現在はCGで簡単に消去できるとのことでした。

『時効警察はじめました』4話の視聴者の声は?

『時効警察はじめました』4話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

中島美嘉が全身メロン!チョコモナカジャンボに聞こえる音楽

まとめ猫

中島美嘉が演じる折原千香子。体当たりの女優さんのようです。
女医は同局のドクターXの匂いが。

『時効警察はじめました』4話まとめ

中島美嘉メロン、唐突な加トちゃん、三日月&彩雲クンの湯舟ツーショット、「カメ止め」ネタなど盛りだくさんでしたが、「深夜ドラマって凄く面白いですよ?テレ東とか」にとどめを刺された今回でした。

まねき猫

流れで『孤独のグルメ』見ちゃう人多数?

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。