時効警察はじめました 5話:栗原くりごはん(鈴木もぐら)紅白出場?米津玄師パロディが不意打ちと話題

2019年11月15日に放送されたドラマ『時効警察はじめました』5話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

5話では、伝説の2人組コント師「マリリン」に注目。
栗原くりごはん(鈴木もぐら)憎む、相方の娘・夏歩(趣里)が強烈キャラです。

TV放送を見逃した方へ!

『時効警察はじめました』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『時効警察はじめました』5話のあらすじネタバレ

時効管理課。彩雲真空(吉岡里帆)はSNSにはまっており、そこで知り合った夏歩(趣里)に時効警察のみんなが映った写真を送ります。彩雲が警官だと知った夏歩は、時効になった父の事件を調べて欲しいと依頼してきました。犯人を知っていると言います。

夏歩の父は伝説のコント師「マリリン」の1人、村瀬ベルギーワッフル(水川かたまり)でした。
生きている方は栗原くりごはん(鈴木もぐら)。現在も人気を博していました。ということで、霧山修一郎(オダギリジョー)は時効になっている「ラジオお笑い芸人殺人事件」を調べることになりました。

1994年当時、マリリンは既にマニアの間では大スターでした。彼らは毎週深夜2時間、生放送のラジオ番組を担当しており、ラジオ局の前では大勢の出待ちが居ました。
ある日、生放送でコントをすると栗原が宣言。その数分後、担架に乗せられた村瀬が現れました。死因はアナフィラキシーショック。ソバアレルギーだった村瀬の胃から、ソバの成分が検出されました。当時、コンビ仲は最悪で、すぐに栗原が犯人として疑われました。しかし、2人の楽屋は別で、ソバを与えるスキはありませんでした。密室殺人としてそのまま時効を迎えることに。ラジオブースからも楽屋からもソバは検出されませんでした。

彩雲は夏歩に会いに行きます。夏歩は丸い物を口に入れると呑み込む癖がありました。夏歩は父の村瀬を殺した犯人は栗原だと言います。

霧山と三日月しずか(麻生久美子)は栗原のもとへ。栗原の番組の本番中のスタジオに入る霧山と三日月。彩雲と夏歩も来ていました。栗原が言葉を発する度に笑いが起こります。
本番終了後、スタッフと話す栗原。「邪悪な気配を感じる」と振り向きます。視線の先には夏歩が。夏歩は「あなたは人殺し。あなたが殺したんですよね。私の父を。私は村瀬ベルギーワッフルの娘です」と叫びます。凍り付く周囲。栗原の事務所社長、安田能収(前野朋哉)は夏歩を追い出し、一緒に居た霧山、三日月、彩雲も後に続きます。廊下を歩いていると、「木能古」という名のADが呼ばれ、夏歩の横を通り過ぎました。痒みを訴える夏歩。

帰りのバスには、いつの間にかサネイエ(江口のりこ)が乗っていました。お笑いに詳しいからと霧山に呼ばれていたのです。霧山のアパートに三日月、彩雲、夏歩、サネイエがついて行き、そこで事件を振り返るのでした。
事件が起きた年は、お笑いとしては冬の時代。村瀬は突っ込みを担当。2人の主な活動場はショーパブでした。彼らはセンスが光るマニアックな人気を誇っていました。深夜ラジオも大人気。出待ちのリスナーの中には「ゲッツ」でお馴染みのダンディ坂野も居たと言います。
事件の翌週からは栗原が1人でラジオを担当。「自分が犯人です」というハガキが殺到し、名物コーナーに。その後、お笑いコンテストでチャンピオンを獲得。歌がヒットし紅白へ出場。長時間番組のマラソンランナーにも選出。ギャラの半分を村瀬の娘の夏歩に送っていると言う美談も流れ、大スターの地位を確立したとのことでした。
4人は帰ることに。夏歩はゴム草履を間違えて履いて、痒がります。

霧山は、事件の調査を頼んでいた又来康知(磯村勇斗)の所へ立ち寄ります。
康知によると、アレルゲンが含まれるワクチンを村瀬が打ったのではとも言われていましたが、病院でワクチン接種も断られていたことが判明。村瀬はソバを口にすると、直ぐにむくみや麻痺が起こるほどで、過去にそば殻の枕をしゃぶっただけで反応したという極度のアレルギー体質だったと言います。
また、村瀬のラジオ番組前のルーティンはスタッフ全員が知っていたそうで、毎回ラムネを3粒頬張り、ブースに入るとオープニングジングル中に水を飲む。殺人なら、ラムネと水が怪しいということになりますが、ラムネケースからもソバ成分は検出されず。残りのラムネは入っていませんでしたが、口にしてから2分で倒れている為、ラムネは関係ないとの結論。床に水たまりがあったという証言もありましたが、何の薬品も出てこなかったため、まさに生放送中の密室殺人であるということでした。

霧山と三日月は栗原に会いに行きます。良かれと思って今までギャラの半分を夏歩に送って来たのに、憎まれるなんて心外だと栗原は怒っていました。マリリンのネタは、通常村瀬が書いていたのに、あの事件の夜は栗原が書いたと聞き、霧山は「何であの日、急にネタをやろうとしたのか」と栗山に聞きます。「全然面白くなかった」と伝える霧山。

霧山と三日月は、続いてマリリンの元マネージャー、中村(野間口徹)の所へ行きます。お笑いの稽古場には夏歩の姿もありました。三日月は「ネタを書かない方の人は何をしているんですか?」と聞きます。コンビによって様々だが、マリリンの場合は、村瀬はネタ、栗原は衣装と小道具を担当していたとのこと。中村はこうも言っていました。栗原は1人でやっていく才能は無いと思っていた。一方、村瀬は天才だったが、凡人の良さをわかってやれないところがあったと。テレビに興味のない村瀬はテレビに出たい栗原とよく揉めていたとのことでした。また、栗原が売れたのは、当時のラジオで構成作家を務めていた安田の力もあったと中村は言っていました。

霧山と三日月は、安田社長のもとへ。当時、村瀬のそばで勉強させてもらっていたと言う安田に、霧山は村瀬のネタ帳が見つかっていないと伝えます。動揺する安田。2人が帰った後、安田は事件の日、安田が用意した水を「虫が入っていた」と言って捨て、「本番前で集中したいから、スタジオにしばらく入って来るな」と言った、栗原の様子を思い返していました。

ベンチで事件当日のブース内の写真を見る霧山に、三日月が炭酸を買ってきました。走ってきたので、ペットボトルを開けた瞬間に泡が噴き出します。炭酸を飲んでゲップも。霧山は「そういうことか」と呟きました。

真相を掴んだ霧山は、三日月、彩雲、夏歩と共に栗原のもとに向かいます。栗原に霧山が考えた事件の真相を発表します。

村瀬にネタをプレゼンした栗原は、ひどくけなされ、怒りを覚えて村瀬の殺害を計画。村瀬の極度のソバアレルギーを知っていた栗原は、丸めたソバ粉をラムネでコーティング。ラジオでもネタに合わせて衣装に着替えていたマリリン。食べきるように3個だけ用意したソバ粉入りラムネをケースに入れ、衣装のポケットに忍ばせておきます。本番前で集中している村瀬は、疑いもなく衣装の中のラムネを食べます。村瀬がいつも、ラムネを丸のみしていることも栗原は知っていました。丸い物を丸のみする癖は夏歩にしっかり遺伝しています。しかし、本番中に殺害するためには、丸のみしたラムネを早く溶けさせるための工夫が必要でした。

すると、耐えきれなくなった安田が真相を暴露。あの時、水に虫なんて入るはずがない。栗原は水を炭酸水にすり替えていた。炭酸の効力を上げるためにペットボトルを振っていた。床に広がっていたシミは、ふたを開けた時に噴き出た泡だと言いました。

栗原の仕業で、ヘッドフォンの耳あての部分はきのこにすり替えられ、指紋を付けないように栗原がつけていたゴム手袋をわざと村瀬が障る位置に置かれていました。村瀬にはきのことゴムのアレルギーもあり、父からのダイイングメッセージのごとく娘の夏歩にも遺伝していました。最終的に、村瀬の胃の中で炭酸とラムネが作用しあい、ゲップを出して死んだのです。
村瀬の死後、安田と栗原は、村瀬のネタ帳を利用して天下をとろうと決めたのでした。ネタ帳を夏歩に帰し、安田は土下座して謝ります。

霧山は「誰にも言いませんよカード・ハイブリッド」を出します。ラジオのアンテナがついたハガキのデザインになっていました。このカードは渡したくないと、取り上げる夏歩。世間にこのことを広めたいと言う夏歩に、栗原はギャラの半分を送っていたことを言い返してきます。夏歩は、そのお金は一銭も使わず、全国の養護施設に芸人の笑いを届けるために使ったと言いました。安田は、「もう一緒に続けられない。栗原を笑う人は次第にいなくなる。そうなったら、芸人は死んだも同然だ」と言い放ちました。

夏歩は村瀬の幻を見ます。Vサインを作り、それで口角を上げる村瀬。父、村瀬の真似をして夏歩もVサインで口角を上げます。夏歩はカードを霧山に返し、霧山は認め印を押して栗原に渡します。カードをみつめる栗原。「ざまあみろ、初めてあんたが面白い」と夏歩。「笑われている」と安田は栗原に伝えるのでした。

『時効警察はじめました』5話の視聴者の声は?

『時効警察はじめました』5話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

唐突な紅白の米津玄師ネタに釘付け

まとめ猫

すっかり忘れた頃に、紅白の米津玄師再現がくるとは…!
紅白を見た人は脳がしっかり覚えていて、「アレ米津じゃね?」と思い返してしまう。
何となく笑っちゃいけない雰囲気だったけど相当シュールだったよね。

『時効警察はじめました』5話まとめ

夏歩(趣里)が、亡き父・村瀬ベルギーワッフル(水川かたまり)の幻を見て、泣きながら頑張って笑顔を作るシーンは胸に来るものがありました。スイッチを切ったはずのマッサージイスが動いていたので、本当に夏歩パパが降りてきていたのかなと思います。霊は電気と相性が良いといいますし。

まねき猫

彩雲ちゃんは、ウザさを楽しむことにしました。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。