時効警察はじめました 6話:彩雲『地獄の黙示録』が憑依!泥顔で卍固めを食らう吉岡里帆

2019年11月22日に放送されたドラマ『時効警察はじめました』6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

6話では、彩雲真空(吉岡里帆)の体当たり演技に注目。
最後、泥パック状態でリングに参戦、三日月と戦います。

TV放送を見逃した方へ!

『時効警察はじめました』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『時効警察はじめました』6話のあらすじネタバレ

違法駐車の取り締まりを行っていた三日月しずか(麻生久美子)。ガラの悪い男たちに絡まれますが、駆けつけた彩雲真空(吉岡里帆)が飛び蹴りとプロレス技で見事その男たちを撃墜します。時効管理課では、彩雲の雄姿からプロレスの話で盛り上がっていました。彩雲はベルトの連続防衛記録を持っている「高原本気(HARASHIMA)」の熱烈なファンだと言います。

そんな中で、プロレスラーが謎の死を遂げた、時効になった事件があったという話に。「人気プロレスラータイトルマッチ殺人事件」という名前に惹かれ、霧山修一郎(オダギリジョー)は調査に乗り出します。

25年前、ヘビー級王座を決めるタイトルマッチが行われたプロレス会場で、事件は起こりました。「気合プロレス」の看板選手の丸山真剣(佐々木大輔)が、チャンピオンの土倉髑髏(男色ディーノ)に挑み、みごと勝利。ベルトを手にした矢先、丸山は立ったまま息絶えていました。死因は脳内出血でした。試合中の怪我ではなく、試合前に何者かに殴打されてそのままリングに上がったので、脳内出血を引き起こしたという所見でした。
まず疑われたのは、土倉髑髏。そして、CEOの枕木葵(寺島しのぶ)、レフェリーのレッドシューズ猿又(柳葉敏郎)、本気を始めとする所属レスラーたち。しかし、いつ殴られたのかも曖昧で、凶器も発見されなかったことから捜査は難航。結局時効となりました。ベルトを巻いたまま息絶えた丸山の姿は「立ち往生」として現在も語り継がれています。

彩雲が最近通い出したプロレス団体が「気合プロレス」だったことが分かり、彩雲の案内で霧山と三日月は「気合プロレス」を訪問します。すると「今はプロのトレーニングの時間だから、立ち入り禁止です」と、葵と猿又に注意される3人。霧山は25年前の事件の遺留品を持ってきたことを、葵に伝えます。葵と猿又の間に不穏な空気が流れます。
別室に3人を案内した葵は、猿又に席を外させ、遺留品の箱を開けます。霧山が試合前の丸山の様子を葵に尋ねました。葵は「通常、選手は試合前にはセコンドと一緒にいることが多いが、あの日、丸山は集中したいからと言って1人で控室にいた」と言います。「丸山は、ずば抜けて強かったっていうの?簡単には傷を負わないっていうの?」と、語尾を上げる口癖で葵は話します。

霧山は、葵が丸山のことを話すときの「…ていうの?」と語尾を上げる言い方をすることから、嘘をついているのではないかと指摘します。飾ってある多くのトロフィーを3人が見ていると、高原の気配が。

当時、丸山の対戦相手だった土倉にも話を聞くことに。土倉は以前のイメージとはかけ離れた、幼稚園の先生になっていました。試合前に盛り上げるためのパフォーマンスとして、丸山の所へ襲撃に行くと、丸山に「そういうの、もういいから。恥ずかしくないの?」と言われたと土倉は言います。そのことで仕返しに行ったのではと、当時は警察に疑われたと言います。その襲撃の演出は葵のアイデアでした。霧山は「丸山選手とは仲が悪かったそうですね」と土倉に聞きます。土倉は「それは一方的に丸山君が自分を嫌っていただけ。彼は高原君以外の他のレスラーを全員敵視していた」と答えました。

真相を探るために、霧山と三日月も、彩雲に続いて「気合プロレス」の練習生になることに。彩雲と三日月が高原に技をかけてもらっている間に、霧山は葵のもとへ。霧山は、丸山と葵の考え方の隔たりによる対立について突き詰めようとしますが、葵は「昔の話っていうの?」と例の口癖で返します。
リングに霧山が戻ると、三日月と彩雲が戦っていました。そこへ猿又が。霧山は猿又がいつも裸足でいることを指摘。以前は「レッドシューズ猿又」だったが、第一線を退いたので靴を脱ぎ、今では「シューレス猿又」となったと言います。
猿又の話によると、高原は高校の頃、地元では有名なワルで、ここにやってきた時に丸山に喧嘩を売ったとのこと。生まれて初めて負けた高原は丸山の弟子になり、本気という名も丸山への憧れから付けたものだったと言います。高原は「気合プロレス」の象徴になりました。

彩雲は高原を疑い、「ベビーフェイスからヒールになるのは嫌じゃないんですか?」と高原に質問します。高原は「全然。きれいごとばかりじゃ退屈。悪の道も時には必要。」と言います。彩雲が「例えば殺人犯になるとか?」とけしかけると、高原は彩雲を睨み、「それはそれで新しい自分になれるかもね」と呟くのでした。
霧山も高原が犯人ではないかと睨みますが、アリバイがあるとのこと。その時間には、映画とクールランニングをしていたとのこと。曖昧なアリバイでした。

霧山は、諸沢(光石研)と又来康知(磯村勇斗)に「仁王立ちで死ぬことなんてあるんですか?」と尋ねました。通常は、死後硬直は死後2時間から始まって、12時間ほどで全身に広まるが、激しい運動をする人や、筋肉が付いた人は、死ぬ直前まで激しい運動をしていたとしたら、直後に固くなることもあり得るとのことでした。康知は、殴られてできた傷跡の写真を見て、「ずいぶん、変な形ですね」と言いました。霧山は、康知に調査の依頼をするのでした。

三日月と霧山は、再び「気合プロレス」へ。葵と猿又も来ていました。霧山は葵の前で躓いてしまいました。咄嗟に葵は霧山の背後からプロレス技をかけ、霧山は後頭部から落下。体が自然に反応してしまってと謝る葵。よろけて立ち上がった霧山が、葵の杖を借りますが、葵は直ぐに杖を取り返すのでした。

時効管理課に戻ると、彩雲は、高原が事件当日、他団体のコーチに技を教えてもらうために会いに行っていたと情報を掴んできました。高原本気は白だと確定。三日月が「…ていうの?」と葵の言い方を真似していると、熊本(岩松了)が「…ていうの?って、アメリカ人みたいだね。」と一言。霧山は何かに気づいたようでした。

霧山は、三日月と共に葵のもとへ向かいます。そして、葵に突き止めた真相を告白。
25年前、父の跡を継いでCEOに就任した葵。ドラマ仕立てのプロレスを推奨する葵のやり方に、看板選手だった丸山は反発。葵は、諦めずに丸山の説得を続けましたが、丸山との溝は深まるばかり。そして、あのタイトルマッチの日。丸山を強引にドラマの演出に巻き込もうと、土倉を送り込んだが失敗。
葵が再び説得に行くと、丸山は「学芸会やってろ。お前のプロレスと俺のプロレスは違う。俺のは勝つか、負けるかだ」と言い放ちました。その言葉で殺意を抱いた葵。葵は一時期、アメリカのメジャープロレスに所属していたことがあり、プロレスのエンターテイメントを学芸会と侮辱されたのは許せなかったのです。葵の口癖の「…いうの?」は、英語の「you know?」から来ていたのでした。アメリカ暮らしをしていた葵だからこその口癖だったのです。
葵は控室に置いてあったトロフィーで、丸山の頭を殴打。霧山は、前日のトロフィーの写真を見せ、トロフィーの「E」の文字が欠損していることを示します。「E」は、KWE(気合レスリングエンターテイメント)の「E」。数字の3のように見えていた丸山の頭の傷は、トロフィーの「E」の部分でできた傷だったのです。その欠損したトロフィーの「E」は、葵の使用している杖に付いていました。

話を聞いていた猿又が「お嬢、終わりにしよう。罪の意識に苛まれ、あれからトレードマークの赤い靴がはけなくなった」と口をはさみました。猿又が、その後の真相を語り始めました。あの日、葵と丸山の揉みあう音を聞きつけ、猿又が控室に入ると、葵が丸山に突き飛ばされていました。咄嗟に丸山を止めに入った猿又。その時、葵がトロフィーで丸山の頭を殴打。鈍い音がして丸山は床に倒れます。「あとは俺に任せろ」と猿又は葵に伝え、控室の外に出しました。すると、丸山が起き上がり、「猿、止血してくれ。タイトルマッチだ。行かなきゃならない」と。丸山は命を亡くしてもチャンピオンになりたかったのでした。丸山も、葵や猿又と同じように心からプロレスを愛していたのでした。

真相が明らかになり、リングに上がる葵、猿又。霧山と三日月も後に続きます。そこへ「ちょっと待った。コラー」と顔面が泥だらけの彩雲が現れました。ダンボールで作った偽物の「誰にも言いませんよカード」を差し出します。霧山が「誰にも言いませんよカード」を渡すところを見たいのに、いつも見れない彩雲は、それならと自分で作ってきたのでした。三日月が、練習を重ねていた「卍固め」で彩雲を抑え込みます。

霧山は「誰にも言いませんよカード」に認め印を押して、葵に渡しました。葵は「正義ぶっていた私が、一番ヒールだったの?」と呟くのでした。

『時効警察はじめました』6話の視聴者の声は?

『時効警察はじめました』6話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

ダークサイドに堕ちた彩雲!ソレ地獄の黙示録

まとめ猫

ただ「誰にも言いませんよカード」を渡すところが見たいだけ!という彩雲ちゃんキレキレでしたね!吉岡里帆の体当たり演技お見事でした。しかしプロレスの才能があるのは、彩雲でなく三日月の方だとか(by シューレス猿股)。

『時効警察はじめました』6話まとめ

今回は彩雲回でしたが、ゲストの柳葉敏郎が演じる、「レッドシューズ猿又」改め「シューレス猿股」が小刻みに良い動きをしていて目が離せませんでした。

まねき猫

来週から最終章。あと2回で最終回です。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。