時効警察はじめました 7話:眼鏡を重ねた2人の愛が切ない!壇れい放つメガネダーツの怪

2019年11月29日に放送されたドラマ『時効警察はじめました』7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

7話では、眼鏡から始まった愛の悲しい結末に注目。
人気メガネ歌手、蝙蝠ユキオが残した「犯人はメガネ」の意味は?

TV放送を見逃した方へ!

『時効警察はじめました』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『時効警察はじめました』7話のあらすじネタバレ

三日月しずか(麻生久美子)は、浜田山(内藤理沙)と久我山(田中真琴)が固くて開けられないと、何故か三日月の所に持ち込んだ瓶の蓋を開けますが、その拍子で机の上に置いてあった霧山修一郎(オダギリジョー)のメガネに尻を載せてしまい、メガネは壊れてしまいます。

そこへ時効管理課の面々が、ラッキーな気分だとご機嫌で入って来ます。開運メガネをかけていました。開運メガネと言えば、「桃瀬メガネ」という話に。「開運パッカーン」でお馴染みの桃瀬メガネの社長、桃瀬多恵子(壇れい)には、夫が死んだ不幸な事件があったと熊本(岩松了)が話します。時効を迎えたという「人気メガネ歌手、蝙蝠ユキオ謎の平行四辺形殺人事件」に興味を示した霧山は、趣味で調べることにしました。霧山は、壊れたメガネをテープでつなぎ合わせてかけながら、三日月に事件の説明を始めます。

25年前、ライブハウス「タグタグ」で事件は起きました。その日、蝙蝠ユキオ(前野健太)のワンマンライブが行われる予定でしたが、いつまでも現れないユキオを心配して、ライブハウスオーナーの田畑博(梶原善)が楽屋に行くと、ユキオが胸から血を流して息絶えていました。遺体のそばには「犯人はメガネ」というダイイングメッセージが。解剖の結果、胸に4つの穴が見つかり、針のようなもので刺されたと判明。4つの穴は平行四辺形に並んでいました。

ユキオのトレードマークのメガネは大流行。紅白にも出場するほど人気があったユキオ。ダイイングメッセージからまず疑われたのは、ユキオをプロデュースしていた吉田和夫(芹沢興人)。ユキオと吉田は金銭をめぐって度々揉めていたとの声もありましたが、吉田にはアリバイがありました。吉田以外の関係者も全員メガネをかけており、捜査は難航。凶器も特定できず結局時効になったとのことでした。妻である多恵子はメガネをかけていなかったので、疑われませんでした。

霧山と三日月は遺留品を持って、多恵子のもとに向かいますが、途中で自動車に水たまりの水を飛ばされる多恵子に遭遇。「ついていない」と笑う多恵子。店に来た霧山と三日月。多恵子は改めて挨拶をします。開運メガネをかける三日月。店に置いてあるのは全部「開運メガネ」だと多恵子。ユキオの遺留品もメガネばかりでした。ユキオの事件を趣味で調べることにしたと、霧山は多恵子に伝えます。自分はついていないと訴える多恵子。ついていないから、開運をしていると話すのでした

霧山は、又来康知(磯村勇斗)に事件の凶器は何だと思うか聞きます。「棒状の先端が鋭利なものだとは分かるのですが、どういうものかは分からない」と康知。康知の見立てでは、傷と傷の横の間隔が13.5㎝で2つとも同じことから、プロの犯行かもしれないということでした。

霧山と三日月は、彩雲真空(吉岡里帆)の協力のもと、当時のプロデューサーの吉田に話を聞きに行きます。吉田は、ユキオは売れてから人が変わったと話しました。歌そっちのけで遊び惚け、ずっと支えてきた多恵子を粗末に扱っていたことが許せなかったと言います。外で愛人を12人作り、ギャラの値上げを要求。長年の友情も終わったと吉田は言いました。霧山が「事件当日、吉田さんは何をされてましたか?」と確認すると、吉田は何も答えず「閉店です」と告げます。アリバイを答えない吉田に不信感を持つ霧山と三日月。器用に使いこなすアイスピックも気になりました。

霧山に康知から電話が入ります、多恵子がダーツバーにいるとのこと。霧山、三日月、彩雲はその足でダーツバーへ行きます。霧山は多恵子のもとへ。霧山は多恵子にユキオとの出会いを聞きます。ユキオと多恵子が出会ったのは、高知で多恵子が女子高生だった頃。まだ売れてなかったユキオは、営業の余興でメガネを壊して多恵子の店にやって来ました。それが運命の出会い。それから毎日やって来るユキオと恋に落ちた多恵子。そしてメガネを重ねた2人。その後、2人で上京。ユキオは売れていくのでした。霧山は話を聞きながら「昔はメガネをかけていたんですね」と多恵子に言います。

時効管理課にもどり、霧山は十文字疾風(豊原功補)から、この事件の当時の担当者が衣(嶋田久作)警部補であると聞きます。十文字は、霧山、三日月、彩雲を引き連れて、とんかつ屋に行きます。衣警部補は退職後、とんかつ屋になっていました。吉田のアリバイを衣に尋ねる霧山。衣は「小顔のマッサージに行っていた」と答えます。どうやら吉田は恥ずかしくて話せなかった模様。衣も店を閉店させ、「ユキオナイト」に行くと言います。今でも命日に熱烈なファンが集まるとのこと。

霧山、三日月、彩雲もライブハウスへ。オーナーの田畑に会い、話を聞きます。田畑の話によると、ユキオと多恵子は結婚式もこのライブハウスで行ったとのこと。メガネの交換をして2人は幸せそうでしたが、多恵子はユキオの浮気相手の写真が週刊誌に載った時は怒ったと言います。多恵子はメガネアイドルでした。その時の週刊誌を田畑は持っていました。不倫相手はみんなメガネをかけていたと記事には書かれています。ライブハウスでは、ユキオを偲んでみんなが声を上げて歌っていました。その中で泣いている女性が。週刊誌に載っていたユキオの不倫相手でした。

霧山は多恵子のもとに向かいます。「今日はご主人の命日でしたね。皆さん盛り上がっていましたよ」多恵子に声をかける霧山。「アイドルをやられていたそうですね」と言う霧山に多恵子は「才能がなかった。あと運も。今夜付き合ってくれない?1人でいるのは辛いから」と言いました。

翌日、眠そうな顔で霧山が時効管理課に入って来ました。多恵子のダーツに付き合っていたと言います。テープでつないだだけの霧山のメガネを見て、サネイエ(江口のりこ)はホッチキスを取り出しますが、ホッチキスの調子が悪く針が飛び散ります。その針を見た霧山は何かに気づいた様子でした。

霧山と三日月は、ライブハウスにいる多恵子に真相を伝えに行きます。

以下、霧山の考えた真相。25年前、楽屋でユキオを殺害したのは多恵子。多恵子はユキオのライブのために、物販グッズの用意をしたり、ライブ当日もスタッフとして働き、献身的にユキオを支えていました。そんなある日、アイドルにならないかと声をかけられ、メガネアイドルに。人気が出てきたところ、突然メガネをはずしてしまいました。メガネ屋で根っからのメガネっ子だった多恵子が自分からメガネを外したのは、ユキオの指示あったからだと霧山は推察。メガネを外した多恵子はアイドルの持ち味を無くして引退。その後、ユキオの方は歌が大ヒット。売れっ子歌手となり、その後は12人の愛人をもつという結果に。

ユキオの胸の平行四辺形の傷について。桃瀬メガネのショーケースに入っていたメガネを店員から借りてきた霧山。メガネのツルのカバーを外すと、先端が鋭利に削がれていました。元メガネ屋で手先の器用な多恵子ならこれくらいの加工ができると霧山は推察。これがホッチキスの針みたいにユキオに刺さったと。傷の横幅とツルとツルの幅を照合すればおのずと判明するはずであると。「犯人はメガネ」というダイイングメッセージは「犯人はメガネを使った」という意味だったとのこと。

霧山が考えた真相を聞いた多恵子は「私にはメガネを外させたくせに、愛人は皆メガネをかけていたのが許せなかった。」と言いました。自分に振り向いて欲しくて、多恵子は結婚式で交換したメガネのツルを加工。2人でやったダーツの矢のように尖らせて、結婚記念日に渡そうと。しかし、ユキオは別居の話を出し、愛人と電話を始めてしまい、ショックを受けた多恵子は、加工したメガネを次々とユキオの胸に向かってダーツのように投げ、ユキオは死亡したと多恵子は話すのでした。自分にとってユキオがすべてだったが、ユキオの心は自分から離れていたと多恵子は言います。

霧山は多恵子の言葉を否定して、ユキオが別居したいと言ったのは、不倫相手と暮らすためではなく、新しい曲の創作の時間が必要だったためだと説明します。霧山はリリースされなかった未発表曲の映像を多恵子に見せます。バックで歌っている人たちは愛人と言われた12人。愛人ではなくコーラス隊だったのでした。電話で話していたのはコーラス隊の人。この曲は多恵子へのサプライズプレゼントだったので、多恵子には黙っていたのです。このビデオも命日のユキオナイトに来ていた元コーラス隊の女性から借りたものでした。「犯人はめがね」というダイイングメッセージも、捜査が多恵子に及ばぬように、最後の力を振り絞ってユキオが書いたものではないかと霧山は言います。

映像の中のユキオに呼びかける多恵子。霧山は「誰にも言いませんよカード・ミュージック」を出します。ボタンを押すと、ユキオの未発表曲が流れるようになっていました。認め印を押す霧山。「メガネをかけようが、外そうが関係なかったんですね」と多恵子。「見えていることが真実とは限りません。心のメガネを曇らせてはダメだぞということです」と霧山は伝えました。

時効管理課で。三日月は霧山に、霧山が使っていたのと同じメガネをプレゼントします。喜ぶ霧山。霧山の開運メガネは十文字に。開運メガネのお陰で、駅前で稲川淳二を見たと喜ぶ十文字でした。

『時効警察はじめました』7話の視聴者の声は?

『時効警察はじめました』7話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

時効警察メガネ祭り

まとめ猫

眼鏡姿の檀れいさんが可愛かった!しかし、相手を誤解させてまで、サプライズなんてするものではないですね。三日月さん霧山の眼鏡を壊してしまいましたが、すっかり同じものを見つけ出せたのは愛の力ですね。

『時効警察はじめました』7話まとめ

彩雲くんと康知くんの恋が突然始まったようです。お似合いだと思いますが、今頃?

まねき猫

来週最終回!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。