時効警察はじめました 8話:霧山「未来でまた会おう」は本心!三日月と視聴者キュン泣

2019年12月6日に放送されたドラマ『時効警察はじめました』8話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

8話では、スピリチュアル雨夜(山崎賢人)の洗脳に注目。
三日月「コーヒーイレロオイ」で霧山は恋に落ちるはず?

TV放送を見逃した方へ!

『時効警察はじめました』の動画は「ビデオパス」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『時効警察はじめました』8話のあらすじネタバレ

時効管理課に1人の外国人がおり、霧山修一郎(オダギリジョー)を探している様子。彼はFBI捜査官モーズリー。そこへ霧山が。霧山に力を貸してほしいとモーズリーは頼みます。

そんな中、遺留品のダンボールの中からヤシガニが逃げ出し、大騒ぎに。いつも通り、時効管理課に入って来た彩雲真空(吉岡里帆)も、ヤシガニと外人に驚きます。そんな中で「聖ノストラダムス高校 高飛び込み部コーチ転落死事件」の調査資料が出てきて、霧山は興味を示して調べることに。

事件は24年前。聖ノストラダムス高校で事件は起きました。昼休みに屋上から、その高校の高飛び込み部コーチ・祷巫女彦(少路勇介)が飛び降り死亡。祷コーチが飛び降りた屋上には、彼以外に人はおらず、通常であれば自殺と考えられる事案であったが、1つだけ奇妙なことが。それは、この事件を1週間前に予知した人物がいたということでした。その人物は、高飛び込み部の元エース・雨夜翔太(山崎賢人)です。

雨夜は現在「スピリチュアル雨夜」として活躍中。表舞台に出てきたのは9年前。動画配信サイトで立て続けに予言を的中させ、フォロワーも1000万人を超えていました。高校の頃は日本を代表する若手の高飛び込みの選手でしたが、練習中の事故で一時心肺停止状態。奇跡的に蘇生して、未来が視えるようになったと言います。

祷コーチは雨夜の母の弟で、身内で存命なのは雨夜だけでした。霧山と三日月しずか(麻生久美子)は遺留品を雨夜の家まで届けに行きました。霧山は不手際で遺留品を返していなかったことを雨夜に説明しますが、三日月を見た雨夜は用事はそれだけではないと見抜きます。

霧山は趣味でこの時効事件を調べていることを伝えます。祷コーチの自殺する動機が全くなかったことと、雨夜の予言が引っかかると伝える霧山。「何か裏の事情でもご存じだったとか?」と霧山が聞くと「コーチの姿が薄くなっていたので、何となく死ぬんじゃないかと思った」と雨夜は答えます。雨夜を見つめる三日月の様子が何やらおかしく、雨夜に心を奪われた様子。霧山は帰りながら三日月に「究極の嘘つきはフェロモンを出して女性を引き付ける」と言いながら、雨夜に疑いの目を向けるのでした。

彩雲を連れて、当時の担当刑事の橦木(刈谷俊介)を訪ねる霧山。祷コーチは部員へのパワハラが凄かったと言います。殺人だと思われたきっかけは、祷コーチの財布から誕生日ケーキの予約票が出てきたことです。飛び降りた日の日付になっていました。ケーキのプレートには部員の朝霞鈴音(二階堂ふみ)の名前が。しかし、2人の交際の情報はありません。事件の予言をした雨夜は、その頃は高飛び込み部の部員ではなかったとのこと。橦木は、雨夜は事故で不思議な力を得たと言っているが、嘘だと思うと言います。雨夜は事故の後、PTSDで半年ほど入院していたと。担当医は心理学者、只野教授(松重豊)であったとのことでした。

帰り道、彩雲は祷コーチの一方的な鈴音への好意を指摘。誕生日ケーキも異常だと言います。鈴音は雨夜のことが気になっていて、祷コーチは雨夜に嫉妬。鈴音の気持ちが雨夜にパタッと好きに傾く前に行動にでたと推察します。

霧山が帰宅すると、部屋の前で鈴音が待っていました。あの事件以来、止まっている時間を動かしたくて霧山の家に来たと言います。雨夜への思いも募らせていました。「祷コーチの死は殺人だと思いますか?」と霧山は率直に尋ねます。「はい。卒業の記念に高飛び込み部のみんなと埋めた、タイムカプセルにすべてが封印されている」と鈴音は言います。「僕が祷コーチの事件を調べているとどこで聞いたのですか?雨夜君ですか?」と霧山は聞きます。「味澤君です。」と鈴音は答えました。

霧山と三日月は、味澤宙夫(染谷将太)を訪ねます。味澤はドローンを使ってパパラッチをしていました。「ドロラッチ」と公言する味澤。味澤は事件当日のアリバイがあると言います。放送委員で昼休みは音楽を流していたと主張。鈴音が流してほしいとカセットテープを持ってきたので、鈴音が証人になると。鈴音がそんなことをするのは珍しいことだったので記憶に残っていると話します。「そのカセットテープはどこに?」と霧山に聞かれ、鈴音に返したと味澤は答えます。「ちなみにその時の曲は?」と聞かれ味澤は口ずさみます。味澤の歌をスマホで録音する三日月。

三日月が穴を掘り、霧山と鈴音は見守ります。そこへ雨夜もやって来ました。「久しぶり。22年ぶりだ」と雨夜は鈴音に声を掛けますが、不自然に頷いて雨夜の顔を見る鈴音。三日月はタイムカプセルを難なく彫り上げます。中にはカセットテープが。同じくカプセルに入っていたラジカセで再生してみると、「この曲か。僕が好きでずっと聞いていた曲だ」と雨夜は言いました。ふと、鈴音が居なくなっていることに気づく霧山と三日月。屋上に立っている鈴音。音楽を止め、三日月が屋上に駆け上がり鈴音の元へ。鈴音はボーっとしながら飛び降りようとしていたのでした。

時効管理課で、タイムカプセルから出てきたカセットテープの曲と、味澤が口ずさんだ歌の録音を聞き比べる霧山。すると霧山を連れに来ていたFBI捜査官モーズリーが一緒に歌い出します。録音の曲は「ハート泥棒の唄」というマサチューセッツ州で流行っている歌だと言います。それを聞いた霧山はお礼を言うのでした。又来康知(磯村勇斗)の調査によると、カセットテープは曲が上書きされているとのこと。高級なメタルカセットで普通のラジカセでは上書き前の曲が消しきれないので、ラジカセに入れると上書き前の曲が流れだしました。踊り出す康知。

霧山と彩雲は、只野に会いに行きました。世界的な心理学のエキスパートだった只野は、何故か今は焼き芋屋になっていました。霧山が雨夜の予言のことを話すと「それは洗脳だよ。洗脳による誘導でコントロールしているだけだ」と只野は言います。雨夜は会話の中で相手をトランス状態にさせ、ある行動をとるよう誘導。それはPDSTから雨夜を救うために只野がやったことでしたが、雨夜は人の心をもてあそぶ、別のモンスターになってしまったと只野は言います。

彩雲は雨夜のもとに1人で行った三日月を心配します。電話をかけても繋がりません。三日月は雨夜と向き合い、洗脳されていました。三日月の霧山への想いを理解した雨夜は、三日月を愛するように霧山の心に細工すると約束します。細工の言葉を探していると、三日月に付いてきた又来(ふせえり)が「コーヒー入れろ、おい」と言いながら部屋に入ってきて、何故かその言葉に決まるのでした。

時効管理課で霧山は、何故あのカセットテープに別の曲が差し替えられたのかを考えていました。熊本(岩松了)が曲がきっかけで嫌な思い出を思い出すと話しているのを聞き、何かに気づく霧山でした。

霧山と三日月と彩雲は雨夜の元に向かいます。途中で十文字疾風(豊原功補)に連れて行かれる彩雲。「最後のチャンスなのにー」という彩雲の叫び声が響いていました。

霧山は解明した事件の真相を雨夜に話し始めます。以下真相。
雨夜の予言は偽りで、祷コーチを殺害したのは雨夜。あらかじめトリガーを仕掛けたのです。催眠中の被験者にトリガーというきっかけを埋め込むと、それがもとである行動をするようになります。トリガーは言葉や行為だけではなく、例えば音楽でも可能。
祷コーチは雨夜によって「ハート泥棒の唄」をトリガーに埋め込まれ、高い所から飛び込む暗示をかけられていました。あの日、鈴音からの提供でその歌が流れていたのです。雨夜は鈴音を恐れていました。雨夜が祷コーチにトリガーを埋め込んでいたのを、鈴音は偶然聞いてしまっていたからです。
タイムカプセルの発掘の話を聞いて、雨夜はテープの曲を鈴音が聞いて過去の記憶を取り戻すことを恐れ、あらかじめ、タイムカプセルを掘り返し、別の曲を上書き。すぐ再生できるようにラジカセの電池も交換。上書きした曲を鈴音にトリガーとして埋め込みました。口封じのために、鈴音が曲を聞いて高い所から飛び降りるように。

雨夜は、鈴音に好意を持っていた祷コーチが自分に嫉妬し、故意で水面の波を止められ事故をひきおこされたと語ります。選手生命が絶たれた恨みを晴らしたのだと。その後、後催眠の研究を続け、スピリチュアル雨夜となったとのこと。

霧山は「誰にも言いませんよカード アメリカン」を雨夜に渡しました。カードの字を薄めにしてアメリカン。自分自身にトリガーを仕掛けた雨夜。もう1度生まれ変わるために飛び込みます。誰にも言いませんよカードが水面に浮いていました。

アメリカに旅立つ霧山。三日月は見送りに来ていました。三日月が「コーヒーイレロオイ」と言うと、霧山は三日月を抱きしめます。「未来でまた会おう」と霧山。三日月は泣き出します。彩雲と雨夜もやって来ました。雨夜は霧山にトリガーを仕掛け忘れたことを三日月に伝えます。三日月は空を見上げ霧山を見送るのでした。

『時効警察はじめました』8話の視聴者の声は?

『時効警察はじめました』8話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

「未来でまた会おう」がエモい

まとめ猫

「コーヒーイレロオイ」と泣き顔の三日月をみて困り顔の霧山。抱き寄せて耳元で「未来でまた会おう」ってカッコ良すぎ…。三日月は洗脳が成功したと思ったようですが、トリガーがしかけ忘れていたので、素で言ったセリフでした。さらに喜ぶ三日月。

上手く逃げられてしまったようなセリフでもありますが、そこが霧山っぽいのかな。切ない。

『時効警察はじめました』8話まとめ

スピリチュアル雨夜の山崎賢人はカッコいいし、「ウォーリーを探せ」のコスプレさせられてる松重豊とか嬉しいツッコミどころ満載の最終回でしたが、霧山くんの「未来でまた会おう」に心が持っていかれてしまいました。

『時効警察はじめました』は、ギャグが頑張りすぎて滑っていたり、レギュラーの登場人物が多すぎて回しきれていない印象がありましたが、全体を通してみるととても楽しいドラマでした。三日月さんの妄想をいつか現実の物とさせてあげたいです。

まねき猫

「未来でまた会おう」
視聴者としては続編でまた会えたら嬉しいですね。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。