2019年9月15日

『これは経費で落ちません!』8話ネタバレあらすじ!沙名子&太陽のオフィスラブにキュン死

2019年9月13日に放送されたドラマ『これは経費で落ちません!』8話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

8話の見どころは、山田太陽の大学時代の後輩(元カノ)荒井樹菜がやらかす所業。

新専務が海外から戻ってきて、ざわつく天天コーポレーションにも注目です。

TV放送を見逃した方へ!

『これは経費で落ちません!』の動画は「U-NEXT」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『これは経費で落ちません!』8話のあらすじネタバレ

森若沙名子(多部未華子)は、彼氏の山田太陽(重岡大毅)が会社前で女性と抱き合っているところを偶然見かけてしまいます。その女性は、先日太陽から、大学時代の後輩と紹介された荒井樹菜(筧美和子)でした。ストーカーに狙われているという理由で太陽に助けを求めてきたのですが、太陽はたまたま通りかかった同僚・鎌本義和(高橋洋)に樹菜の世話を押し付け、その場を去ります。

会社では、社長の息子・円城格馬(橋本淳)が海外から戻ってきて専務になり、社内改革に乗り出しますが、なにやら波乱が起こりそうです。

一方、企画の中島希梨香(松井愛莉)がキャンペーンのノベルティとして、トートバッグのサンプルを経理部の女性社員達に渡し、使い勝手を教えてくれるよう依頼していました。社員同士、サンプルの話が盛り上がっているちょうどその時、経理部を挨拶回りで訪れた円城専務。サンプルを目にした瞬間、その経済効果を疑問視し、昨年までの費用対効果を分析するよう経理部員に命じて去ります。

営業部では、「天天ガールズ」というキャンペーンガールのオーディションをしますが、その中に、樹菜の姿がありました。今回の審査員の一人である鎌本と親しくなっていた樹菜はオーディションに合格。

その頃、社内秘であるはずのトートバッグのサンプルがネットオークションに高値で出品されており、企画の中島が激怒。社内で犯人捜しをするというトラブルになります。やがて犯人は樹菜で、鎌本におねだりして入手したものを出品していたことが判明します。真相は、トートバッグ入手に困った鎌本が太陽に無茶振り。太陽の妹がトートバッグを欲しがっているという噂を聞いた森若さんが太陽に手渡し、そのバッグが鎌本経由で樹菜に渡ったのです。樹菜はキャンペーンガールから外されることとなります。

一方、社内の合理化を推進したい円城専務は、今後業務の一部をアウトソーシングする予定だと部長らに宣言。部長たちは先行きの不安を感じ、途方に暮れてしまいます。

販売促進効果が無いという理由で、キャンペーングッズの件は延期という通達がでますが、経理部の佐々木真夕(伊藤沙莉)が率先して企画の中島に協力。今回のノベルティはきっと赤字にはならない見込みがあるはずと、森若さんや他のメンバーも協力しながら経費削減の策をねり、専務説得の企画書を製作します。

太陽に疑わしい気持ちを抱いていた森若さんは、プライベートと仕事のトラブルに巻き込まれながらも、一緒に仕事をしているうちに、お互いの気持ちのもつれを解消していきます。最後は、太陽に呼び出され「森若さん一筋である」と抱きしめられるのでした。

恋人も、友人も、仕事仲間も、お互いが喜ぶ姿を見て自分も嬉しい気持ちになっていく様子が伺え、最後は驚きのハッピーが訪れます。

『これは経費で落ちません!』8話の視聴者の声は?

『これは経費で落ちません!』8話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

沙名子&太陽が可愛くてずっと見てられる

お互いの手招きの仕方(社内編)。

沙名子さんがオコなので、足を踏まれたり、発言を許されなかったりの仕打ちを受けています。

最後はこの通り、仲良しです。

『これは経費で落ちません!』8話まとめ

8話は、佐々木真夕(伊藤沙莉)回でもありました!

大好きなアーティスト「アレッサンドロ」のパネルを高額で落札し、生命維持費と発言。

そんな「アレッサンドロ」のライブをすっぽかしてまで、恩義を感じている同僚・中島希梨香(松井愛莉)を助けた行為は尊かった!そして訪れた、帰り道のコンビニでアレッサンドロに親切にされるという奇跡的幸運。良かったですね!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。