決してマネしないでください。 6話:Mr.マリック「テレスです」Tシャツで夜のラウールを怪演

2019年11月30日に放送されたドラマ『決してマネしないでください。』6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

6話では、唐突に登場したMr.マリック氏に注目。
「テレスです」Tシャツを着ており、本人もテレスだとのこと。

TV放送を見逃した方へ!

『決してマネしないでください。』の動画は「U-NEXT」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『決してマネしないでください。』6話のあらすじネタバレ

有栖伊音(今井悠貴)の誕生日を祝うBBQパーティが屋上で開催され、有栖は上機嫌です。パーティを企画した掛田理(小瀧望)には、思いを寄せている飯島京子(馬場ふみか)と一緒にお酒を飲み、ツーショット写真を撮る絶好のチャンスだという下心がありました。

白石教授(マキタスポーツ)が、絶対悪酔いはしない、とすすめてくれた酒を飲んだ掛田や有栖たちですが、飲んでいるうちに次第に意識がもうろうとしてしまいます。ドカン!という爆発音の記憶で思わず目覚めた時には、パーティのゴミが散乱したまま朝を迎えた屋上にいました。昨晩、掛田は有栖と屋上でそのまま寝てしまったようですが、2人とも記憶があいまいで、ひどい2日酔いの状態です。

屋上に残されたパーティのゴミに混じって、泥のついた大きなシャベルが見つかりました。掛田の手にもしっかり泥がついており、そして泥がついたゾンビちゃんのウサギのピンクのコスチュームがハンガーにかけられ、頭の被り物も放置されています。現場のただならぬ雰囲気を感じた掛田は、夜中に自分たちがシャベルで穴を掘り、ゾンビちゃんを埋めてしまったのではないか、という残虐な妄想にハマってしまいます。

恐ろしい妄想から脱却するため、スマホに残っている画像や、飯島の話を参考に、少しずつ昨晩のパーティの記憶をたどり始めた有栖と掛田。すると現場にMr.マリック(Mr.マリック)がいた記憶がよみがえってきます。たしか、テレス(ラウール)がマジックを披露するために変装したはずなのですが、どうも本物のMr.マリックのようでもあります。

マジックを楽しんでいるうちに、じゃがバターが無性に食べたくなってしまったゾンビちゃん。掛田はジャガイモの買い出しに一緒に行こうとゾンビちゃんを誘いますが、極度の人見知りで顔を隠しているゾンビちゃんにはとても無理でした。そこで、ちょうど以前、高科教授(石黒賢)が研究棟の裏山に向かってジャガイモをばらまいていたことを思い出した掛田は、有栖やMr.マリックと共に裏山に行き、シャベルでジャガイモを掘り当てることにしたのでした。

ジャガイモは見つかりましたが、夜間外出のため、研究棟から締め出されてしまった掛田たちは、同じく屋上でも締め出されてしまったゾンビちゃんのもとに戻れなくなってしまいました。そこで、有栖は持っていた屋上のカギをゾンビちゃんのいる屋上まで飛ばして届けるため、虫よけスプレーや、着火マン、などの手持ちの材料を使って、ジャガイモバズーカを即席で作製し、大きな爆発音と共に、屋上のカギをゾンビちゃんのもとに飛ばすことに成功したのでした。

すべてを思い出し、泥のついたシャベルや大きな爆発音の謎が解け、有栖とともにスッキリした掛田のところに、飯島からメールが届きます。掛田を元気づけるメッセージと共に、自分と掛田のツーショット写真を送ってくれた飯島はやはり天使だった!!念願の飯島とのツーショット写真を手に入れ、天にも昇るような気持ちになった掛田なのでした。

『決してマネしないでください。』6話の視聴者の声は?

『決してマネしないでください。』6話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

さんテレス(ラウール)になりきる

まとめ猫

テレスくんがMr.マリックになりきっている設定で、Mr.マリックがテレスくんになっているという逆転の発想!ラウールさんの年齢に配慮したものだったのですね。

『決してマネしないでください。』6話まとめ

飯島さんからツーショット写真を送ってもらい、等身大パネルを作りたいという妄想もかないそうな掛田氏。一方「一緒にじゃがいもを買いに行きましょう」とゾンビちゃんさんに訴えかけた掛田氏。ゾンビちゃんさんは掛田氏に恋してしまうのではないかとドキドキしました。

まねき猫

ラスト現れた、ロリータファッションの子が着ぐるみを外したゾンビちゃんさん?

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。