決してマネしないでください。 7話:掛田氏、振られて渡米か?告白断る飯島さんの謎

2019年12月7日に放送されたドラマ『決してマネしないでください。』7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

7話では、掛田氏の告白シーンに注目。
飯島さんとのデートも成功し、雰囲気は上々でしたが…。

TV放送を見逃した方へ!

『決してマネしないでください。』の動画は「U-NEXT」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『決してマネしないでください。』7話のあらすじネタバレ

テレス(ラウール)の「スタート!」の声と共に、全力で走り出した掛田理(小瀧望)。掛田や有栖伊音(今井悠貴)たちはコーンスターチと水を混ぜた流体を作り、その流体の上を沈まないように全速力で走り抜ける実験をしていました。

そんな掛田たちの様子を楽しそうに見に来てくれた飯島京子(馬場ふみか)。掛田はそんな飯島の姿を見られるだけで満足していましたが、有栖たちにはもっと積極的に行動するようにけしかけられます。

ちょうど宇宙物理学に徐々に興味を持ち始めた様子の飯島に対し、掛田は飯島の仕事休みの日に、一緒に宇宙物理学関係の施設を見にいく約束を勢いでしてしまいます。初めての2人っきりの遠出に、道中舞い上がっていた掛田でしたが、目的の施設はなんと閉館でした…。しかし、飯島の機転により、楽しいひとときを過ごすことができた掛田は、次はクリスマスを一緒に過ごす計画を練ります。

クリスマスの予定を聞くために飯島に話しかけてみたのですが、掛田はうっかり口が滑り、「好きです」と告白をしてしまったのです。すると、しばらく何かを妄想し、考え込んでいた飯島は、なぜかぼう然としながら「ごめんなさい」のひと言を…。

ショックを受けて立ち尽くす掛田のそばを、偶然、高科教授(石黒賢)が通りかかります。すると掛田は何を思ったか突然、高科教授にカリフォルニア工科大学へ行くことを決めたと返事をしてしまうのでした。

掛田の突然のカリフォルニア行き宣言を聞き、今度は飯島が立ち尽くしてしまうのでした…。

『決してマネしないでください。』7話の視聴者の声は?

『決してマネしないでください。』7話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

掛田氏、飯島さんに告白キター!

まとめ猫

周囲が気を使ってくれたおかげで2人きりになってしまった科学展示会(←休みでしたが)デート、告白までの雰囲気がとても自然だっただけに、なぜ飯島さんが掛田氏の告白を断ってしまったのか気になります。まさか、キュリー夫人の妄想にヒントがあったりとか。うーん。

『決してマネしないでください。』7話まとめ

次週最終回ですが、掛田氏はカリフォルニア工科大学へ飛び立ってしまうのか?飯島さんの本心は明らかになるのか?とても気になります。あと、掛田氏のことが好きかもしれないゾンビちゃんさんの本当の姿を見ることができるのか?みんなでハッピーエンドになることを期待します。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。