決してマネしないでください。 8話(最終回):ゾンビちゃんは佐野ひなこ!未来の掛田夫妻が幸せ予言

2019年12月14日に放送されたドラマ『決してマネしないでください。』8話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

8話では、掛田氏と飯島さんの恋の行方に注目。
ホタルイカクリスマスツリーが飯島さんの心を揺さぶります。

TV放送を見逃した方へ!

『決してマネしないでください。』の動画は「U-NEXT」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『決してマネしないでください。』8話のあらすじネタバレ

飯島京子(馬場ふみか)に告白したものの、はっきりと断られてしまい、かなり落ち込む掛田理(小瀧望)。有栖伊音(今井悠貴)やテレス(ラウール)に励まされ、白石教授(マキタスポーツ)からもなぐさめられ、なんとか立ち直ろうとします。

その頃飯島は、食堂にランチを食べに来た高科教授(石黒賢)に、自分は恋に対してかなり臆病になっているという本音を語っていました。恋人になってしまうと、きっと新鮮な気持ちで2人の時間を楽しめなくなってしまうだろう…と恐れるあまり、掛田の告白も断ってしまったのでした。

12月25日の夜、いつも通り仕事を終えて帰ろうとする飯島に、掛田から1通のメールが届きました。指示通り物理学教室に行ってみると、そこには電気代のかからない、ホタルイカの発光バクテリアを利用して作られたクリスマスツリーのイルミネーションが。

それは掛田なりに考えた、物として残らない、重くならない飯島へのクリスマスプレゼントだったのです。好きな人が喜んでくれると思ったなら、プレゼントまであきらめる理由はない、そう思い直した掛田が一生懸命作ったツリー。そのことを知った飯島は、先に帰ってしまった掛田を一生懸命走って追いかけます。

有栖やテレス、そしてゾンビちゃん(佐野ひなこ)もついに着ぐるみを脱いで飯島を追いかけますが、掛田はだいぶ前に帰ってしまった様子。間に合わなかったか…、と飯島たちがあきらめかけたその時、向こうから走ってくる掛田の姿がありました。

やはりあきらめたくない、そう宣言する掛田と改めて向き合った飯島は、私たちはこの先もずっと笑っていられるのか、と問いかけます。それに対し、わからないと答えた掛田。でも、わからないことがわかるようになるのは、ものすごく面白い事だと力強く言う掛田に、飯島は微笑みながら言いました。「いつかそれがわかるように、一緒に実験させてもらってもいいですか?」と。

微笑み合う2人を、一緒に追いかけてきた有栖やテレス、ゾンビちゃん、そして仲睦まじい様子の老夫婦が見守っていました。その老紳士は、掛田と全く同じようにメガネをさわりながら、気持ちが通じ合った掛田と飯島のことを愛おしそうに眺めています。それはまるで未来の世界からタイムマシンでやってきた掛田のようでした。

白石教授の研究室ではいつも通り、新しいモノを開発しようと有栖やテレスたちがうれしそうに話しています。そこには掛田や飯島の楽しげな姿も。赤外線が見えるというカメラで記念写真を撮ろうとした時、掛田と飯島の小指にはなぜか運命の赤い糸が見えていたのでした。

『決してマネしないでください。』8話の視聴者の声は?

『決してマネしないでください。』8話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

掛田氏と仲間たち!楽しい時間をありがとう

まとめ猫

有栖とテレスはアリストテレスだったのかと最終話にして気づかされました。テレスのTシャツも毎回気になっていましたが、H2OのTシャツを着て、H2Oの「想い出がいっぱい」をラジカセで流していたのが一番ツボでした。

飯島さんが告白を断った理由は恋に憶病になっていたためで、掛田氏の渡米は数日だけという、可愛いボタンのかけ違いでしたが、ホタルイカツリーを見て走る飯島さんと、走り返ってくる掛田氏のシーンに純粋に感動しました。

掛田氏が気になっていたゾンビちゃんさん(佐野ひなこ)。2人が幸せになるのを見届け、自分が身を引いたところも爽やかで、謎の老夫婦(未来の掛田夫婦?)が「すぐに幸せが見つかる」と予言していたのも素敵でした。

飯島さんの同僚が研究室のところで羨ましがっていて、最後の記念撮影で有栖が写真に入れてあげたのもハートフルでした。

『決してマネしないでください。』8話まとめ

最初の2話は、訳がわからな過ぎてついていけないかもと心配でしたが、3話目くらいから科学をまじえた可愛らしいラブストーリとして楽しむことができました。ほのぼのとした雰囲気の中にコメディ要素もあり、正直他局の恋愛ドラマよりハマってしまったくらいです。小瀧望をTVで拝見したら、しばらくは「掛田氏」と声を掛けてしまいそう。楽しく温かい気持ちになれるドラマっていいですね。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。