『ミリオンジョー』ドラマ2話ネタバレあらすじ!覚悟を決めた呉井(北山宏光)!ぶっ飛んだ展開へ

2019年10月16日に放送されたドラマ『ミリオンジョー』2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

2話では、覚醒する呉井(北山宏光)の表情に注目。
冷静に考えなくても悪い行為に手を染めるのですが、その瞳は輝いているのです。

TV放送を見逃した方へ!

『ミリオンジョー』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ミリオンジョー』2話のあらすじネタバレ

ミリオンジョーの作者の真加田恒夫(三浦誠己)の死を隠蔽しようと決めた呉井聡市(北山宏光)と寺師良太(萩原聖人)。呉井のもとに編集長の橋爪文彦(菅原大吉)から、原稿の催促の電話が入ります。

呉井が慌てて橋爪に原稿を届けると、橋爪はじっくりと目を通します。何かバレやしないかと、呉井は汗びっしょりで緊張しますが、読み終えた橋爪は、「こんなに面白けりゃ、文句は言えない。やっぱり、真加田恒夫はずば抜けた天才だ」と感動しています。ほっとする呉井に、「あっ」と橋爪。びくびくする呉井に、「欄外コメントがなかった」と言います。呉井は「先ほどもらったので、入れておきます」と答え、何とかその場を切り抜けるのでした。

寺師に無事校了が終わったと連絡し、寺師と真加田の家で再び会うことを約束した呉井は、コンビニに寄ります。客が「ミリオンジョー」の話で盛り上がっている様子を見ながら、呉井は真加田のことを考えていました。

「ミリオンジョー」の初版400万部を祝して、真加田の家にあったビールで勝手に乾杯する呉井。寺師も誘いますが、この後も用事かあると言って飲みません。ミリオンジョーの内容が正気の沙汰じゃないと2人で話していると、入浴を終えた真加田が部屋に入ってきました。「風呂、早いですね」と呉井が声をかけると、「僕、養護施設育ちだから」と真加田は答えました。正気の沙汰じゃないと呉井達が話していたのを聞いていた真加田の反応は意外なもので「うれしいね。面白い漫画を描くことが仕事。正気じゃないくらいが丁度いい」と言いました。

タクシーの中で呉井がそのことを思い出していると、運転手(木下ほうか)が話しかけてきました。ミリオンジョーの大ファンで、人生を救ってくれた漫画だと言います。来週号を読むまでは死ねないとも言いました。その言葉を聞きながら、呉井は幼い頃のことを思い出していました。

「マジックスターズ」の影響を受け、呉井は漫画家になる夢を持っていました。いじめられていましたが、漫画が支えになっていたのです。自作の漫画を出版社に持ち込んだこともありましたが、画力と構成力はあるが、オリジナリティーが無いと言われ、漫画家になることは諦め、自分の才能のなさを認めることになるため、真加田の才能を見て見ぬふりをしてきたのだと悔やみます。

ミリオンジョーに寄せられたファンレターを読み、涙を流す呉井。ミリオンジョーのバトンを受け取ることを決意します。呉井は、真加田を死んでいないことにして、このままミリオンジョーの連載を続けることにしたいと寺師に話します。呉井がネームを切り、寺師が絵を描くことを提案。絵はともかく、天才の真加田のゴーストは呉井には務まらないと、寺師は反対します。

すると、呉井は寺師を真加田が死んでいる作業部屋に連れていきます。よく平気で部屋に入れるなと寺師は驚きます。呉井は以前見つけた、真加田が書いた今後のストーリーの創作ノートを寺師に見せました。これを使えばいいと呉井は言います。寺師の借金のことも知っている呉井は、真加田の印税の額も話し、寺師を納得させるのでした。

仕事場に戻ると、ミリオンジョーの原稿を読んでいた左子(津田寛治)が、原稿の中のめずらしい間違いを見つけます。こんな間違いをいつもはするはずのない真加田を、どこか具合でも悪いのかと心配する左子。焦った呉井は、次のシーズンの伏線だと伝えます。

呉井は地元の友人の岸本薫(深水元基)に連絡し、真加田の遺体の処理を頼みます。岸本は即座に引き受けました。寺師は仲間を増やすことを心配しますが、大丈夫だと呉井は答えます。

呉井、寺師、岸本は真加田の遺体を車に乗せ山中に向かいます。3人で穴を掘り、息が上がった呉井と寺師は車で休み、途中からは岸本が一人で遺体を埋めました。得体のしれない雰囲気の岸本に、寺師は不満を漏らします。汚れ役を引き受けた岸本は、真加田の資産の半分はもらわないと割に合わないと冗談を言って、2人を慌てさせますが、仲良くやりましょうと握手を求めるのでした。

ネットの掲示板に、欄外コメントへの指摘を見つけ、呉井は焦ります。真加田の原稿には欄外コメントが無かったため、呉井が書き足したものだったのです。

編集会議では「グローリー」40周年企画の目玉に、「マジックスターズ」と「ミリオンジョー」の合作を出すことが決定。橋爪が、真加田と直々に会いたいと言います。何とか避けようとする呉井に橋爪は会わせたくない理由でもあるのかと問い詰めるのでした。

『ミリオンジョー』2話の視聴者の声は?

『ミリオンジョー』2話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

北山宏光の迫真演技!視聴者に伝わりまくる

まとめ猫

呉井役の北山くんがビクッとするたび、私も一緒にビクッとなってしまいます。
「後戻りするなら今だけど、どうするの?」と最終確認してくる、呉井の友人・岸本薫(深水元基)が意外とまとも?

『ミリオンジョー』2話まとめ

まねき猫

とうとう山中に埋められてしまった真加田さん。演じている俳優さんはキモイ人ではありませんでした。髪型が面白かっただけでお顔はイケメンですものね。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。