『ミリオンジョー』ドラマ3話ネタバレあらすじ!真加田の影武者で永野登場!間接照明でGO?

2019年10月23日に放送されたドラマ『ミリオンジョー』3話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

3話では、真加田の影武者として連れてこられた佐藤(永野)に注目。
見た目は微妙ですが、髪型だけ一致しています。

TV放送を見逃した方へ!

『ミリオンジョー』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ミリオンジョー』3話のあらすじネタバレ

編集会議の場で、合作の話をしたいと真加田恒夫(三浦誠己)に会いたがる編集長・橋爪文彦(菅原大吉)。すぐに動かない呉井聡市(北山宏光)に、橋爪は「俺と会わせたくない理由でもあるのか」と言います。呉井は「そんなわけない。真加田さんに電話をしてきます」と席を外します。慌てた呉井は、真加田の影武者探しを頼んでいた岸本薫(深水元基)に電話を入れ、今週中に影武者を探せと伝えます。行動が遅くて不自然な呉井に、他の編集者たちは大丈夫かと心配していました。そこへ呉井が戻り、「金曜日なら時間がとれるそうです」と伝えました。橋爪は安心します。

石田(武田航平)と話しながら呉井がデスクに戻ると、森秋麻衣(今泉佑唯)が立っていました。呉井は石田から、担当している漫画家だと森秋を紹介されます。森秋は「ミリオンジョー」の下書きのコピーを見ていたのでした。森秋は小さいころから「ミリオンジョー」の大ファンだと言います。真加田担当の呉井を羨ましがり、「真加田さんと会ってみたい」と話すのでした。呉井は「真加田さんは、人を寄せ付けないから」と遠回しに断ります。石田と森秋は打ち合わせに向かいますが、振り返って森秋は意味ありげに呉井を見ていました。

寺師良太(萩原聖人)から、欄外コメントが本人のものではないとネットで書かれていたことについて電話がかかってきます。大丈夫だと言い張る呉井に、寺師は「原作があっても漫画家が違えば別のものになってしまう」と呉井の甘さを指摘します。更に「おまえ、ミリオンジョーを馬鹿にしてないか?そんな奴が書いた漫画が面白いわけがない」とも言います。
それは昔の話で、今は「ミリオンジョー」を一から読み返して度肝を抜かれたと呉井は寺師に訴えます。呉井は「マジックスターズが昔から大好きだったので、感性は似ていると思う。俺に任せてください」と自信を募らせて寺師に話します。それを聞いた寺師は、とりあえずネームを切るように言うのでした。

呉井が出社すると、ミリオンジョーのファンの左子(津田寛治)が、欄外コメントは編集者が書いたとネットのコメントに書かれていたことを呉井に突っ込んできました。そこへ岸本から連絡が入り、呉井は慌てて出て行きます。

呉井は岸本の部屋に行きます。岸本が振るう手料理を食べる呉井。岸本は「ミリオンジョーの捏造はどうですか?あまり進んでいないでしょ?長い付き合いだからわかります」と呉井に声をかけました。少なくても2年は捏造連載を続けるという呉井に、岸本はバレるリスクを考えると半年で終わらせるのがいいところだと、楽観的すぎる呉井に訴えます。

そこへ岸本の彼女が帰ってきました。呉井は帰ります。彼女は、冷蔵庫の中から、人の指を発見します。岸本が真加田の遺体を処理した際、こっそり持ってきたと思われます。「これは切り札だ」と言う岸本。岸本を良く知る彼女はそれ以上何も聞きませんでした。

呉井が、他人が書いたとは思わせない完璧な「ミリオンジョー」を作ってやると意気込んでネーム作成に取り掛かっている一方で、寺師は新キャラクターがうまく書けずに困っていました。真加田の遺体を処理する現場の悪夢にうなされ、呉井の話に乗ったことを後悔する寺師。

橋爪と真加田の面会日が迫る中、岸本からは一向に影武者が見つかったとの連絡が来ません。呉井は何度も岸本と連絡を取ろうとしますがつながらないのです。結局顔合わせ当日になっても連絡は取れず、橋爪に変更を申し出ようとしますが、やっと岸本から影武者が見つかったと連絡が入ります。

呉井と寺師のもとに、岸本が影武者の佐藤宏治(永野)を連れてきます。目を細めて見ると真加田とそっくりだと岸本は言います。フリーターだと言う佐藤に呉井は「ミリオンジョー」は知っているか尋ねますが、先ほど1巻だけ読んだとのこと。「マジックスターズ」のことは全く知らないと言います。寺師は焦りますが、呉井は間接照明でごまかして、佐藤で乗り切ることを決めました。

約束の時間になり、橋爪が真加田の部屋にやってきました。やけに暗い部屋に驚きます。真加田は風邪をひいていると呉井は言います。真加田の振りをしている佐藤は咳き込みます。風邪が移ったらまずいと、呉井は遠くのソファから話すように橋爪に促します。橋爪との会話の中で、佐藤は「ミリオンジョー」を「マジックジョー」と言い間違え、呉井たちは冷や冷やします。

橋爪は必死で合作の了承を得ようとしますが、計画通り、佐藤は「合作はやらない」と言い続けます。呉井は、真加田の体調が良くないのでと面会を終わらせようとしますが、橋爪は肝いりの企画を諦めきれず、最後に一つだけと、「マジックスターズ」の作者甲野晃(渡辺裕之)と直接話してほしいと言います。甲野が「ミリオンジョー」の登場人物の生い立ちに興味があると言っていたと言います。甲野に電話をかける橋爪。さて、どうするか…。

『ミリオンジョー』3話の視聴者の声は?

『ミリオンジョー』3話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

真加田の影武者で永野登場!目を細めて見よ!

まとめ猫

真加田の影武者で永野が出てきてウケました。今思うと、髪型的に最初から永野ありきだったのかなとは思いますね。呉井の「間接照明買ってこい」もアレでしたが、永野演じる佐藤が「マジックジョー」言っちゃうのもカオスです。
そして本物の真加田がカッコ良く見えてきた。

『ミリオンジョー』3話まとめ

絶体絶命のピンチで終わった3話。冷蔵庫に「見てはいけないもの」を入れている岸本も不穏ですし、存在感を増すミリオンジョーマニアの漫画家・森秋麻衣(今泉佑唯)のやらかしそうな視線も気になります。

まねき猫

国民全体を騙すにしてはキラキラしている呉井さん。
その自信はどこから来るの?

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。