『ミリオンジョー』ドラマ5話ネタバレあらすじ!佐藤(永野)やらかす!森秋のハニトラで正体バレ?

2019年11月6日に放送されたドラマ『ミリオンジョー』5話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

5話では、ポンコツ佐藤(永野)のやらかしぶりに注目。
外出中、森秋麻衣(今泉佑唯)の誘いにまんまと乗ってしまいます。

TV放送を見逃した方へ!

『ミリオンジョー』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ミリオンジョー』5話のあらすじネタバレ

森秋麻衣(今泉佑唯)は真加田恒夫(三浦誠己)のマンションの前に居ました。不気味に微笑みを浮かべています。

呉井聡市(北山宏光)は寺師良太(萩原聖人)に、「ミリオンジョー」の主人公の絵を佐藤宏治(永野)に教えてほしいと頼みます。銀行で佐藤がお金を下ろすとき、真加田本人だと確認するために、絵を描かせられるかもしれないと呉井は言います。試しに佐藤に主人公の絵を描かせてみますが、ひどすぎる絵に、呉井、寺師、岸本薫(深水元基)は絶句します。

編集部では読者アンケートの速報が出ます。1位のミリオンジョーは、2位にたった1票差で詰め寄られていました。橋爪文彦(菅原大吉)と左子(津田寛治)の視線を感じながら、呉井は寺師たちのもとへ向かいます。

佐藤が女性モデルの動画を見ていると、岸本は、そんな暇があったら絵の練習をしろと怒ります。1票差に詰め寄られた原因が何なのか、呉井と寺師が考えていると、呉井達の「ミリオンジョー」は面白くないと、岸本は話します。何が違うかははっきりとわからないという岸本。寺師は理由が分からないのが問題だと話し、ネームに原因があるのではと推測します。ネットでは評判が良かったので、時期に票数は戻るはずだと言う呉井に、寺師は「戻らない。大人には良いが、少年たちからは全く指示されていない」と分析します。呉井は書き上げたネームを破り捨て、全部見直して子供たちに受けるものを描くと強く言い放ちました。

外で呉井と岸本と話す佐藤の姿を、森秋が遠くで覗いていました。「あれが真加田先生?」と森秋は写真を撮ります。「真加田先生、また来ます」と森秋は呟きました。

編集部で読者アンケートの確定結果が張り出され、ミリオンジョーは2位に落ちていました。驚く呉井。その結果を見て左子が呉井を呼びつけます。「どうなっているんだ?この状況を真加田さんは知っているのか?」と聞きます。アンケート結果は漫画家の命そのものであると伝え、担当を下りるよう呉井に厳しく言います。「俺だったらもっと真加田さんを生かすことができるのに。やる気がないならやめちまえ」と叫ぶ左子。

その頃、石田(武田航平)は「トライゼッタ」の作者の本杉テツヤ(岡田浩暉)に、「ミリオンジョー」を抜いて1位になったと伝えていました。震えながら、本杉は喜びます。「やっと、この時が訪れた」と大声で叫ぶのでした。

呉井は深夜の会社の倉庫に忍び込み、アンケートハガキを盗み出します。寺師に盗んだアンケートハガキを見せますが、ルール違反を指摘されます。アンケートは20分の1を票として換算することにしており、50票を確保したい呉井は、1000枚のアンケートを書くことを提案します。そのために、グローリーを1000冊用意したのでした。アンケートには住所を書くことも必要であり、呉井が盗んできた先週のアンケートハガキの住所を写すことにしました。岸本と佐藤はグローリーからアンケートハガキを取り出す作業をしていましたが、不器用な佐藤に岸本は暴言を吐きます。佐藤への態度がきついと、寺師は岸本を注意しますが、岸本は佐藤をけなし続けます。

呉井達の努力の甲斐があって、無事ミリオンジョーは1位を取り戻します。呉井たちはほっとするのでした。佐藤は、少しでも役に立ちたいのでと、アンケートハガキをポストに投函してくることを申し出ます。岸本は心配しますが、呉井は佐藤を信じて任せます。小分けして別のポストに投函するよう呉井や岸本は佐藤に伝えましたが、佐藤は面倒くさくなり、同じポストに一気に入れてしまいました。その後、雑誌の立ち読みをして時間をつぶします。

時間をつぶしすぎて、急いでマンションに帰る佐藤。マンションの前で「真加田先生」と森秋が声をかけました。「漫画家の森秋です」と自己紹介をし、帰ろうとする佐藤の腕をつかみ、仕事の事や私生活の相談にのってほしいと上目遣いで頼みます。唾をごくりと呑み込む佐藤。

その頃、呉井達は酔っ払って、お金が入った時のことを考えて語り合い、浮かれていました。

佐藤と森秋はホテルに入り、2人でビールを飲んでいました。佐藤はシャワーを浴びに行きます。
森秋はそのすきに、佐藤のリュックを抱きしめ、リュックの中をチェックし始めます。マジックスターズの単行本を発見し感動する森秋。さらにノートを発見します。めくってみると、そこにはミリオンジョーの絵や、キャラクターの設定、真加田の基本情報などが書かれていました。

訝しく思った森秋は、財布から運転免許証を取り出し氏名を確認します。そして今シャワーを浴びている人物の正体に気がついてしまったのでした。

『ミリオンジョー』5話の視聴者の声は?

『ミリオンジョー』5話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

佐藤(永野)がダメ人間すぎる…

まとめ猫

佐藤の扱いについては岸本が正解なのでしょう。
役に立ちたいとか言ってたけど、初めから外で息抜きする気満々だったんじゃないかと思います。まさかのシャワーシーンにまで急展開するとは思いませんでしたが…

『ミリオンジョー』5話まとめ

佐藤宏治が本名で真加田恒夫はペンネームという言い訳ができなくもないですが、練習ノートを見てしまった森秋麻衣(今泉佑唯)の目には、シャワー永野は偽真加田と認定されてしまったように思います。3人仲良く飲んでいられるのも今のうち、ということでしょうか。

まねき猫

「トライゼッタ」作者の本杉テツヤ(岡田浩暉)、キャラ濃そう。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。