モトカレマニア 7話:「誰かの幸せは誰かの地雷」丸の内さくら(山口紗弥加)の名言が深い

2019年11月28日に放送されたドラマ『モトカレマニア』7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

7話では、どこか空気が重いホームパーティーに注目。
丸の内さくら(山口紗弥加)のお祝いのはずですが…。

TV放送を見逃した方へ!

『モトカレマニア』の動画は「FODプレミアム」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『モトカレマニア』7話のあらすじネタバレ

斉藤真・通称マコチ(高良健吾)と復縁し、幸せいっぱいの難波ユリカ(新木優子)。二人の仲を心配していた同僚と上司にも復縁したことを報告しました。そんな中、以前にユリカが温泉旅行で知り合った草木染め作家・蓮沼桃香(矢田亜希子)が来店します。前の夫と住んでいた一軒家を売りたいという桃香の担当になろうとしたユリカでしたが、今自分が抱えている他の案件が山積みのため、マコチに担当してもらうことになります。

丸の内さくら(山口紗弥加)は自分の小説を出版している会社から「ハッピーウーマン2019」を受賞します。賞を得ることで、次回出版予定の最終巻に世間からの注目を浴びさせようという策略を知ったさくらは、複雑な気持ちに。ユリカはさくらの受賞をお祝いするために、ホームパーティーを計画します。

飲食店に訪れた山下章生(浜野謙太)と来栖むぎ(田中みな実)は、偶然居合わせた加賀千鶴(趣里)に驚き、それぞれに気まずい思いを抱えます。なんとなく重い空気が漂う中、ユリカからホームパーティーの連絡を受けたむぎは、千鶴に「一緒に行きませんか」と誘います。

後日、さくらの家でホームパーティーが開かれます。ユリカ、マコチ、むぎ、山下、千鶴の他に、チロリアン不動産の大沢将(森田甘路)と白井忠文(関口メンディー)等も駆けつけます。恋愛トークが繰り広げられ、ところどころで千鶴がむぎに話をふり、山下とむぎの微妙な関係性にふれられます。それぞれに仕事を頑張っている二人の将来の話になり、焦るユリカとマコチはフォローに回ります。

パーティーの中盤では、ユリカの親友・周防ひろ美(よしこ)と、さくらの受賞をサプライズで祝いに来たという駒込和真(淵上泰史)も加わります。和真の突然の訪問に、さくらは心中穏やかでいられません。

婚活中の大沢と独身の白井を中心に、結婚の話題で盛り上がっていきます。離婚寸前の和真が居心地の悪さを感じ、途中で席を外すと、買い物へ行っていたマコチと鉢合わせます。さくらの元彼だと知ったマコチは、和真に「さくらさんを傷つけないでください」と伝えます。

ひろ美は大沢達が話した「結婚したら子供が出来なければダメだろ」という内容に、ひそかに傷ついていました。既婚者であるひろ美はなかなか子供を授かることができていなかったのです。ひろ美と二人きりになったさくらが優しく励まします。

パーティー終盤では、千鶴からいろいろと言われ続けてギクシャクしていたむぎと山下が、ひょんなことをきっかけに喧嘩してしまいます。一時、険悪なムードになってしまった二人でしたが、あらためて二人きりで将来のことについて話し合うことに。山下の良いところをたくさん見てきているむぎは、今も山下が好きだと感じていましたが、その気持ちと同じくらい仕事も大好き、と語ります。山下はむぎのためを思って、身を引く決意を固めます。「むぎちゃんの邪魔をしたくない」と伝え、二人は別れることに。

山下とむぎがお互いに好き同士なのに別れたと知り、結婚とは何なのか?と思い悩むユリカ。結婚はタイミングが大事なのか?とユリカに聞かれたマコチは、自分はユリカとの将来を真剣に考えているという旨を伝えます。

マコチの言葉に喜ぶユリカは、翌朝から料理やマコチのシャツのアイロンがけ等をはりきってこなしていくようになります。ユリカの態度に、マコチは少々困惑気味になります。

『モトカレマニア』7話の視聴者の声は?

『モトカレマニア』7話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

「誰かの幸せは誰かの地雷」にハッとさせられる

ペロリ猫

さくら先生は、誰かと結ばれるのが女の幸せと決めつける言葉に、ひろ美は、子供ができないなら結婚する意味がないという他人の言葉に傷つけられていました。

そこで、自分も気がつかずに他人の地雷を踏んでいるのだろうという一言が出てくるさくら先生が深い。山口紗弥加さんの話し方も魅力的です。

『モトカレマニア』7話まとめ

むぎと山下は別れてしまいました。好き同士だけど相手の幸せの為に別れるというというのは究極愛ともとれますが、個人的には山下が自主的に北海道に移住する覚悟があれば良かったのでは?と思ってしまいます。むぎが北海道での仕事を譲れないというのはわかりますが、山下にとっての今の仕事もむぎより大切だったのか疑問が残ります。

また、草木染め作家の蓮沼桃香(矢田亜希子)が再登場しましたが、予告を見ると翔に続く、当て馬第2弾のような存在になると予想できます。良き妻キャンペーンのようなユリカに戸惑うのはわかりますが、蓮沼桃香(矢田亜希子)のナチュラルな魅力にマコチは揺らいでしまうのでしょうか?

まねき猫

不動産屋さんなのにずっと住所不定なマコチが無理。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。