2019年12月7日

モトカレマニア 8話:桃花の「匂わせ」が元旦那への当て付けだった件!次回最終回

2019年12月5日に放送されたドラマ『モトカレマニア』8話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

8話では、家を売りたい女・蓮沼桃香(矢田亜希子)に注目。
SNSでの「匂わせ」にユリカが振り回されます。

TV放送を見逃した方へ!

『モトカレマニア』の動画は「FODプレミアム」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『モトカレマニア』8話のあらすじネタバレ

難波ユリカ(新木優子)は斉藤真・通称マコチ(高良健吾)との結婚を期待するあまり、ついつい重い行動をとってしまいます。心の中でひそかに戸惑うマコチですが、ユリカの笑顔が見たいため、受け入れようとします。

ユリカ達の同僚・白井忠文(関口メンディー)は、ホームパーティーで泥酔し、丸の内さくら(山口紗弥加)の自宅に泊まっていました。さくらの優しい雰囲気に惹かれ始めた白井は、恋心を抱くようになります。

来栖むぎ(田中みな実)はユリカ、さくらとの三人だけの女子会で、あらためて山下章生(浜野謙太)への心情を打ち明けます。「彼が好きだから、自分の生き方で彼を縛りたくない」と話すむぎを心配するユリカ達。むぎはさくらが駒込和真(淵上泰史)と曖昧な関係であることを見抜き、「それは恋ではなく、過去への執着では?」と指摘します。むぎの言葉を聞いていたユリカも、心がざわめきます。

マコチは家を売ろうとしている蓮沼桃香(矢田亜希子)に、頻繁に呼び出されるようになっていました。ユリカは同僚の大沢将(森田甘路)からは「公私混同だと思われないよう、蓮沼さんには二人が交際していることは秘密にした方が良い」と言われます。

しかし、何気なくチェックした桃香のインスタグラムで、マコチの腕や靴、バッグ等が写りこんでいる画像が何枚も投稿されているのを発見し、頭が混乱してしまいます。まるでマコチと特別な関係であることを思わせるような『匂わせ女子』のやり方に、ユリカは不安を覚えます。

一方、北海道へ帰る荷物をまとめてバスに乗ろうとしていたむぎは、最後の挨拶に来てくれた山下と会います。山下の優しさに胸をうたれながら、むぎは「これで綺麗な思い出にできる」と言い残し、去って行きます。

山下はむぎへの思いを断ち切ることができず、ひどく落ち込みます。山下の様子を心配していた加賀千鶴(趣里)は、自分の思いを吐露します。初めは山下の条件だけを見て、結婚相手として相応しいと思っていただけだったこと、山下がむぎに一途なところを見て、気になるようになっていたこと…。今は本当に山下のことが好きであることを告白しながら、千鶴は「山下さんが失いたくない人は誰ですか?」と問いかけます。

マコチと桃香のことが気になるユリカは、上司の安藤一朗(小手伸也)に相談にのってもらいます。桃香のインスタグラムやマコチのLINEの返信にふりまわされているユリカに、安藤は「きちんと聞いた方が良い。彼は嘘をつくような人ではないよ」とアドバイスします。

桃香の個展の準備を手伝っていたマコチは、夜遅くまで桃香と二人きりでした。二人で並んで座りながら「今度、元夫が今の彼女を連れて来る」と話していた桃香は、ふと窓の外を見た後、突然マコチの肩に頭を乗せてきます。驚くマコチですが、桃香が落ち込んでいるのだと思い、そのまま受け入れます。

そんな二人の様子を、窓の外からユリカが目撃していました。見つめ合う二人はまるでこれからキスをする寸前にも思えて、ショックを受けたユリカは走り去ります。

その後、何も知らずに帰宅したマコチに、悲しみをぶつけます。桃香との関係を疑われているマコチは必死に弁明します。そしてマコチも、以前からずっと気になりつつもユリカに聞くことが出来ずにいた、「俺のどこが好き?」という言葉を投げかけます。ユリカはマコチの質問に対して、言葉が出ません。「自分の気持ちが信じられない」と戸惑い、ユリカは外へ飛び出してしまいます。

一方その頃、桃香は自身のインスタグラムを眺めながら、これまでの自分の行動をふりかえっていました。実は、桃香が投稿した『匂わせ画像』は全て、元夫へ向けたあてつけ行為だったのです。窓際でマコチの肩に頭を乗せた行動も、外を通りがかった元夫に見せつけるためでした。「バカだな…」と桃香は呟きます。

さくらは和真から、妻が自分達の関係に気づいている様子であることを伝えられます。そして「離婚するから、待ってて欲しい」と和真に告げられ、悩んでいました。

街中をさ迷うユリカは、ふと背後から近づく足音に振り返ります。背後には、山下が立っていました。その瞬間ユリカは泣き崩れ、「こんな時いつも、来てくれるのはマコチじゃない…」と嘆きます。マコチは必死にユリカを追いかけてきていましたが、見つけられずにいました。

『モトカレマニア』8話の視聴者の声は?

『モトカレマニア』8話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

「匂わせ」ダメ絶対!

ペロリ猫

番組公式で「最強の匂わせ女子」と煽っているし、ユリカの親友ひろ美「これは宣戦布告」などと言っているので、ついそういう目線で見てしまうのですが、蓋を開けたら、桃花は元旦那に対して「私も次の男性がいる」と思わせたいだけでした。

それ自体は共感できるもので、いわゆる「匂わせ」とは少し違いましたが、彼女持ちの男性を利用する桃花、キッパリできないマコチにはイライラさせられます。

ただ、ユリカが大沢将(森田甘路)の「ユリカとマコチの交際は秘密に」というアドバイスに従ってしまったのも良くなかったと思います。ユリカと桃花は元々プライベートな知り合いで、恋バナもしているのですから。一言言っておけば防げるトラブルだったような気もします。

『モトカレマニア』8話まとめ

現時点で、お互いを思い合う気持ちが一番共感できるのは山下とむぎのカップルでしょうか。むぎが北海道を選んだので、次のボールは山下に。千鶴の言葉がどう響くのか注目です。

さくら先生には白井(関口メンディー)が現れました。駒込和真(淵上泰史)はどこか不誠実という印象ですが、本当の気持ちはわかりません。さくら先生と駒込和真には、一度しっかり腹を割って話していただきたいものです。

ユリカとマコチは、相手が自分をどう思うのかを気にし過ぎてしまったり、自分の気持ちがわからなくなってしまう病になってしまいがちで、自分も相手も信じられていないので厄介ですね。

まねき猫

来週最終回。みんなの笑顔が見たい。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。