ニッポンノワール 6話:才門は生きている?清春とのコンビが「あぶない刑事」と評判

2019年11月17日に放送されたドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

6話では、才門と清春の「あぶない刑事」感あふれるコンビ姿に注目。
才門が殉職しそうなシーンは「太陽にほえろ」のようです。

TV放送を見逃した方へ!

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話のあらすじネタバレ

「N.N File case. 17【Kiyoharu Yusa】」ディスプレイに表示されるテキスト。捜査一課刑事・遊佐清春(賀来賢人)が、2回目のフラッシュバックが起きてからの日々の行動が入力されて行きます。

逃亡中、清春は息子・碓氷克喜(田野井健)を連れ出し、闇医者・権藤に預けます。克喜の母で亡き薫(広末涼子)の仕事部屋に侵入、パソコンのデータや写真を物色。

逃亡から7日目、ガスマスクの男の正体を知るべく、ベルムズのリーダー・陣内ナギト(落合モトキ)の前に姿を現します。公安部捜査員に包囲されましたが、同じく逃走中の公安部刑事・才門要(井浦新)に助けられます。

その夜、とある部屋でキーボードを打つ謎の人物。その傍らには、ガスマスクがありました。「遊佐清春は、まだあの件に気づいていない……」とディスプレイに表示されます。

操作会議に公安部課長・仁平(相島一之)が同席する中、捜査一課課長・南武修介(北村一輝)は、警察の地下組織・ニッポンノワールの存在を明かします。南武と仁平が口論する最中、清春の居場所を特定したと仁平のスマホにメールが届きます。

閉鎖された病院にいる清春と才門、権藤は清春だけ診察室に呼びます。克喜の服用する薬は、精神安定剤の一種で大人でも命に支障を来す劇薬でした。迎えに来たフリーライター・深水咲良(夏帆)の連絡で、公安部捜査員に気づきます。清春は克喜を連れ才門と逃げ、捜査一課刑事・高砂明海(立花恵理)の部屋に身を寄せます。

克喜を伴いベルムズの失踪者・仁科を捜す清春は、甲斐隼人(片寄涼太)と出会います。3ヶ月前、仁科にバイトを紹介されましたが、ベルムズ絡みと知り断ります。バイトの勤務先は、警察病院でした。甲斐の協力で、ベルムズと警察病院の繋がりの確証を得た清春は、中央警察病院を見張る才門に連絡。しかし、大勢の捜査員が警備し、病院にすら入れませんでした。克喜のガルムフェニックスのキーホルダーを見て、清春は妙案を思いつき、放来撮影所を訪ねます。その夜、明海の部屋で、才門は警察病院の侵入計画を立てます。

明海は、捜査会議で才門の計画書を仁平に渡します。計画書には、ガルムフェニックス・ヒーローショーのチラシが添付していました。警察病院のロビーの特設会場には、捜査員が待機。ショーが終わり、取り囲む捜査員を振り切り逃げ出すガルムフェニックス。取り押さえマスクを外すと、清春ではなく西崎颯真(今井悠貴)でした。

騒動の隙に、清春と才門がエレベーターに乗り、甲斐に貰ったバイト資料を見て階数ボタンを「5、3、8、2」の順に押します。秘密の地下でエレベーターを降りた2人は、大勢の工作員に襲われます。銃に怯むことなく向かい続ける工作員。

清春は、防火扉を下ろし防ぎます。ところが、ガスマスクの男が待ち構えていたのです。才門と立ち向かい、倒れたガスマスクの男に馬乗りになる清春。マスクの目にNNマークが表示され意識を失います。

目覚めた清春は、血塗れの才門からUSBメモリを渡され、奥の部屋へ向かいます。タバコに火をつけようとした才門の手からライターがこぼれ落ち、座り込んだまま動かなくなります。薫の記憶が甦り、清春は克喜の人体実験の話を思い出します。辿り着いた部屋は薄暗く、清春がUSBメモリを挿すとパソコンが起動、照明が点灯します。様々な実験器具があり手術台に目を奪われていると、大勢の工作員が現れます。後ずさる清春、そこへ、南武が一課の捜査員を引き連れ現れます。

「11月11日 NNの実験場に潜入」「遊佐清春、覚醒まで残り34日」テキストが表示された後、ディスプレイの電源が落ちるのでした。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話の視聴者の声は?

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

清春と才門が令和の「あぶない刑事」だった!

まとめ猫

「星良の炒飯が食べたい」と言い残し、殉死したと思われる才門要(井浦新)ですが、公式サイトに担架で運び出される才門の画像がありますので、生存の可能性が!清春の相棒として再登場することを願います。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話まとめ

ガスマスクの男、前回はこれまでOPとEDが同じ人物であったことから、正体は咲良ではないかと考えましたが、今回、OP(清春)とED(咲良)でしたので、同じ人の法則が崩れましたかね。名越説、南武の行方不明の息子説、菅田将暉説など、謎が謎を呼んでいます。

まねき猫

清春の性格が丸くなったのは、息子のおかげか、栄養ドリンクのせいか?気になる。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。