ニッポンノワール 9話:ガスマスクの男は才門か名越?2名説も浮上で考察乱れる

2019年12月8日に放送されたドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』9話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

9話では、山小屋に現れたガスマスクの男の正体に注目。
マスター・深水喜一(笹野高史)が真相を語り、清春の記憶も回復します。

TV放送を見逃した方へ!

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』9話のあらすじネタバレ

喫茶店・ボナーロでマスター・深水喜一(笹野高史)と対峙する捜査一課刑事・遊佐清春(賀来賢人)。喜一の名前がある警察の秘密組織・ニッポンノワールのメンバーリストを突きつけます。

亡くなった捜査一課刑事・碓氷薫(広末涼子)が組織に辿り着けたのは、父の元警察庁長官・碓氷政明(大和田伸也)がメンバーだったからです。星良(入山法子)も父の喜一がメンバーだったから、プロジェクトに携わったと清春は考えました。更に、喜一は科捜研を定年、10年間の空白の後、ボナーロを開店したのでした。状況証拠が揃う中、喜一は肯定も否定せず、今は話すことはないと言います。捜査員2人が現れ、清春は逃走。

放来撮影所に戻り、清春は喜一の娘でフリーライター・咲良(夏帆)にメンバーリストを見せます。にわかに信じられず、咲良は撮影所を飛び出し、ボナーロで喜一に会いましたが、何も言い出せず店を後にします。喜一は12月15日に丸をつけた2019年のカレンダーを見て、「あと3日」と呟きます。

清春は、息子・克喜(田野井健)が貰ったガルムフェニックスの下敷を見て思いつき、決め台詞『Let’s think』を入力。薫が残したUSBメモリのロックが解除され、フォルダリストが表示されます。その中の『ultimate program』フォルダを開き、清春は呆然とします。

特殊捜査班の面々に突き上げられ、捜査一課課長・南武修介(北村一輝)はニッポンノワールの人体実験を明かします。そんな中、特殊捜査班刑事・高砂明海(立花恵理)のスマホのバイブ音が鳴ります。放来撮影所で、清春はUSBメモリーを明海に渡します。

克喜と親子の時間を過ごした翌朝、よく眠る克喜の頭に手を添え、清春は撮影所を後にします。12月15日、清春は覚醒するのが今日だと知っていたのです。喜一は、清春をボナーロの地下へと案内。

清春に施した人体改造、ultimate programの開発者は喜一でした。定年後、ニッポンノワールに誘われ、既にプロジェクトは進行していました。目的は未成年の犯罪者を国に従順な人間に変えることです。ところが、政府は軍事転用を目論み、それがultimate programです。喜一は反対しましたが、星良を人質にとられ研究に没頭。プログラムを開発すれば、親娘共々開放されると考えたからです。しかし、星良はプロジェクトの全容を暴こうとし殺されます。喜一は実験データを全て破棄し、組織を抜けます。プロジェクトは消滅したはずでしたが、薫から継続していることを知らされます。組織の実態を暴くため星良が研究データを抜き取り、それを利用されたのです。喜一は咲良に手を出さないことを条件に、ultimate programを強化する新薬を開発。その新薬は、10億円とともにある1つしかありません。新薬の全データを破棄したのです。在り処を知るのは、清春の記憶だけでした。

喜一は真実を追い求める清春にNNマークの映像を見せ、清春は気を失い倒れます。清春と喜一の話を聞いた咲良は、喜一を責めるのでした。

その頃、碓氷とベルムズリーダー・陣内凪人(落合モトキ)が、レストランでガスマスクの男に襲われ射殺されます。

清春の記憶が甦り、薫を殺害したのは清春でした。薫が10億円と新薬を奪ったのは、清春に罪を着せるためでした。妊娠し人生を狂わせられた薫は、清春を恨んでいたのです。目覚めた清春は、薫殺害を悔やみます。清春に聞こえた銃声を尋ね1発と答えると、喜一は壁に逆NNマークを投影し清春に見せます。

特殊捜査班・江國光成(杉本哲太)の報告を受け、南武が泣き崩れます。DNA鑑定の結果、陣内が失踪した南武の息子と判明したのです。南武のスマホのバイブ音が鳴ります。清春は電話越しに、全ての記憶が戻ったことを打ち明け直接会って話すと告げます。「それと課長に頼みがあるんですが」

清春が分室に現れ、南武が1人いました。特殊捜査班の面々が、分室の防犯カメラ映像を別室から見守ります。薫を殺害したのは自分だと清春は言います。清春は防犯カメラを拳銃で撃ち抜きます。別室のモニターから映像は消えましたが、盗聴器は清春に見つかっていません。

10億円と新薬は、共犯者に計画を打ち明けた場所にありました。清春が南武に銃口を向け、吐かせようとします。俺の狙いは、金だと清春は言います。別室に銃声が響き、特殊捜査班の面々が慌てて分室に向かいます。清春の姿はなく、南武が倒れていました。南武がシャツのボタンを外すと、防弾ベストの左胸に銃弾がめり込んでいました。

ガスマスクの男が山小屋で床板を剥がしたところに、清春が現れます。山小屋には、10億円も新薬もありません。薫を殺害した記憶は実は改ざんされたもので、清春は本当の記憶を取り戻していたのです。薫が計画を打ち明けたのは1人、打ち明けた場所は山小屋です。隠し場所が山小屋だと思うのは、真犯人しかあり得なかったのでした。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』9話の視聴者の声は?

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』9話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

ガスマスクの男の正体が気になって眠れない

まとめ猫

清春と南武が芝居を打ってわざと盗聴させたメンバーの中にガスマスクの男がいる可能性があり、一番怪しいのは名越といわれています。または死んだとされる才門ですが、実は生きており、自分の目的のために動いていると考えることもできます。清春に克喜が危ないと知らせにきたガスマスクの男は才門なのかもしれません。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』9話まとめ

最終回は、ニッポンノワールと手下の公安部、ガスマスクの男、南武率いるの特殊捜査班の三つ巴となりそうです。薫を殺害の犯人、ガスマスクの正体、そして元警察庁長官・碓氷政明より上にいる「黒幕」の存在が誰なのか、目が離せません。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。