ニッポンノワール 10話:清春の笑えないラストに視聴者も不意打ち!克喜君かわいそう

2019年12月15日に放送されたドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』10話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

10話では、ガスマスクの男の正体に注目。
亡くなったはずの才門要(井浦新)が犯人の存在を示唆します。

TV放送を見逃した方へ!

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』10話のあらすじネタバレ

山道で車を停め腕時計を見ると時刻は22時30分、捜査一課刑事・遊佐清春(賀来賢人)はペン型の注射器を首筋に刺し、正しい記憶が甦った時のことを思い返します。

碓氷薫(広末涼子)は10億円強奪事件で警察の地下組織・ニッポンノワールの実態を暴けず、今度は自ら死に容疑者を清春に仕立て、警察が組織の真相に辿り着くよう企てます。薫はこめかみに拳銃を突きつけるも、息子・碓氷克喜(田野井健)のために生きろと説得する清春の言葉に躊躇います。清春が拳銃で撃ち、薫の拳銃を弾き飛ばします。再び銃声が鳴り、薫の胸が赤く染まります。ガスマスクの男に拳銃で頭を殴られ、清春は意識を失いました。

喫茶店ボナーロの地下室で目醒め、清春はマスター・深水喜一(笹野高史)から新薬があるコインロッカーの鍵を受け取ります。その後、捜査一課課長・南武修介(北村一輝)に協力を依頼、特別捜査班の中に居る真犯人を焙り出すため盗聴させたのです。コインロッカーの新薬を取り出し、特別捜査班刑事・高砂明海(立花恵理)から血が付着したUSBメモリとDNA鑑定報告書を清春は受け取ります。

山小屋のガスマスクの男を、新薬を投与した清春は軽く捻り潰します。アルティメットプログラムの成功者は清春を含め2人、更に力を引き上げる新薬に適合するかは不明でした。ガスマスクを剥ぎ取ると、男の正体は公安部刑事・才門要(井浦新)。USBメモリの血は才門と一致せず、清春は犯人とは思っていません。問いただされた才門は、全てを明かします。

プロジェクトにはマインドコントロールもあり、強盗団4人は薫に暗示を掛けられ銀行を襲います。才門は清春に暗示を掛け、理事官・本城諭(篠井英介)を殺させました。アルティメットプログラムの適合者は克喜、年齢的に問題があり父親である清春が組織に狙われます。薫は清春が警察に追われれば、組織も手を出せないと考えたのです。
才門がガスマスクを使ったのは今日と留置所の2回、カモフラージュのベルムズリーダー・陣内を除けば、全てもう1人の男がやったことです。才門は、その男に新薬が渡らないようにするため山小屋に来ました。清春に薫殺害の記憶を植えつけようとした時、才門は中止させ喜一を訪ねます。清春を救うため、記憶を消しアルティメットプログラムを実行させたのです。
婚約者・星良(入山法子)のために組織に潜入した才門でしたが、組織の力を前に気力を失います。しかし、半年前の魁皇高校立てこもり事件の教師の姿を思い出し、組織と決別し清春と逃げました。清春の前から消えたのは、死んだふりではなくアルティメットプログラムが適合しなかったのです。突如銃声が響き、才門が撃たれます。

拳銃を構えた特別捜査班刑事・名越時生(工藤阿須加)とフリーライター・深水咲良(夏帆)が山小屋に現れ、名越の拳銃を撃ち弾き飛ばす清春。薫と強盗団を殺害した名越に拳銃を突きつけましたが、名越は清春を投げ飛ばします。新薬が使われ、新薬を手に入れ組織を支配しようとした名越に、清春を生かす意味はありません。

名越と清春の首筋に黒い血管が浮き上がり、2人は揉み合い壁を突き破り外に出ます。名越は実験場で才門を殺すことに失敗、暗示により出来ませんでした。才門を殺したのは、暗示から逃れるためでした。

咲良は2人を撮影しマインドボイスでライブ配信、10億円強奪事件とニッポンノワールの実態を暴きます。

新薬が適合しなかったのか、清春は吐血し膝をつきます。清春を見下ろす名越に克喜が飛びかかり、名越は克喜を振り払います。警視庁のガンと言われた清春の変貌ぶりに、名越が克喜は清春の息子と口走り、克喜が驚きます。克喜を踏み殺そうとする名越に、清春が飛びかかります。清春は、首筋から顔、そして手の甲まで黒い血管に覆われ、名越は軽く殴り飛ばされ力尽きます。清春も倒れ、「お父さん」と叫び駆け寄る克喜。克喜が清春の手を握りしめると、黒い血管が消えていきます。

車に乗り込む名越を南武が逮捕。咲良は電話で喜一に報告、栄養ドリンクに入れた新薬反発抑制成分が効き、喜一は安堵します。マインドボイスの動画は削除されましたが、既に動画は拡散されていました。父親の冤罪が晴れ、薄っすら涙を浮かべる芹奈(佐久間由衣)。喜一は地下室の10億円を確認、人体実験の犠牲者遺族に渡すよう薫から頼まれていたのです。清春にハンカチを差し出し克喜が隣に座りると、「誕生日おめでとう」と克喜を祝います。12月15日は克喜の誕生日だったのです。ふたりは手を繋ぎ、山小屋から家路へと向かうのでした。

清春、克喜、そして咲良が並んでソファーに座り、克喜がケーキのローソクの火を吹き消します。清春が席を外し部屋の外に出ると、突如銃撃されます。白いシャツが血で染まり、壁にもたれ掛かかり崩れ落ちた清春の右手の指先が微かに動きます。

「笑えねー」

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』10話の視聴者の声は?

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』10話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

こっちが笑えないラストにモヤモヤ

まとめ猫

清春と克喜が親子としての再会を果たした直後、清春がグフッと倒れてしまうのではと一瞬不安になりましたが、その後の誕生日会でハッピーエンドか!と思わせておいてのバットエンドでした。

リアルタイムで視聴した時は、単純にニッポンノワールの刺客に撃たれてしまったのだなと考えていましたが、新薬を打った時間のちょうど1時間後にドラマが終わったことから、新薬不適合者が亡くなるという1時間とリンクさせているという説を知り、納得しました。

正直あのような映像を見せられて、清春が生きているという風には思えませんが、最後の最後、意味深に手だけがピクッと動いているところをクローズアップしているので、生存説も出てきます。

清春が生存していれば良いのですが、新薬不適合で亡くなったのであれば、孤児として残される克喜が可哀想すぎますし、他殺であれば、克喜や咲良も無事では済まないでしょう。

わざわざ救いのないエンディングにしてまで、伝えたいことは何だったのか?続きはHuluなのか?意味が解せない最後でした。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』10話まとめ

才門要は生きていると思っていたし、名越時生は怪しいと思われていたので、蓋を開けたらそのままのオチで特に意外性はありませんでした。

清春と行動を共にする人物の中に、ニッポンノワールの現役メンバーが2名いたということになります。才門は婚約者・星良の無念を晴らすためスパイのような形で所属しており、名越は新薬を得てニッポンノワールを掌握しようとしていたのですね。

そういった意味では2名ともニッポンノワールにとっては反逆者ともとれますが、結局、名越扮するガスマスクの男によって殺害された薫の父・碓氷政明より上層にいると思われるニッポンノワールの黒幕が出てきていないので、映像が拡散されたからと言って、組織が壊滅したのかは不明です。

ガスマスクの男の正体が判明しただけでは、ニッポンノワールに抗って亡くなった登場人物だけでなく、視聴者にも無念が残ってしまいそう。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。