2019年9月9日

『ノーサイド・ゲーム』9話ネタバレあらすじ!黒幕脇坂降臨!滝川の真意と浜畑の闘志に涙

2019年9月8日に放送されたドラマ『ノーサイド・ゲーム』9話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

9話の見どころは、まさかの黒幕登場です。本当の敵は滝川常務ではなかった!ラグビー部の存続は風前の灯。このままなくなってしまうのでしょうか?

TV放送を見逃した方へ!

『ノーサイド・ゲーム』の動画は『Paravi』にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『ノーサイド・ゲーム』9話のあらすじネタバレ

カザマ商事の買収に対する取締役会に、社長(西郷輝彦)が参加。滝川常務(上川隆也)によるプレゼンが進められる中、買収話に意義ありと申し出た経営戦略室の脇坂(石川 禅)が君嶋(大泉洋)を招集します。

君嶋と元上司・脇坂の追求により、君嶋常務は責任を取り関連会社への出向という形で失脚、功績を認められた脇坂は常務へと昇進しました。

常に君嶋に厳しく、アストロズは不採算部門であるといっていた滝川常務が失脚し、これで試合に集中できると思っていた君嶋でしたが、常務となった脇坂はラグビーに対する態度を一変させ、ラグビー部を廃部させようとします。「何をしても無駄だ」と冷たく言い放つ脇坂に、何も言えなくなった君嶋。脇坂こそがラグビーを廃部にしてやろうと思っていた黒幕だったのです。

一方、勝ち続ければこれからの存続があると信じているラグビー部は、リーグ戦を順調に勝ち進み、連勝記録をどんどん伸ばしていきます。浜畑(廣瀬俊朗)のポジションに七尾(眞栄田郷敦)を配置。新たな戦力となった七尾でしたが、かつて試合で怪我をしたトラウマから、スクラムの中に入っていけないことを柴門監督(大谷亮平)に見抜かれてしまいます。

七尾が外され浜畑に変わった時、浜畑もタックルを受け膝を痛めます。膝を痛めたまま試合に出ようとする浜畑に、七尾は自分が変わると申し出たものの、浜畑は「怪我が怖いのは皆同じ」「でも負けてしまったら何もない」と言い、自らの体を犠牲にして七尾に男気と勇気を見せるのでした。

全勝優勝に向けてなんとか勝った試合、君嶋はスタンドに失脚した滝川の姿を発見します。「自分でチケットを買ってみる価値のある試合だった」という滝川。滝川自身ラグビーをやりたかったのだけど、親の事業の失敗のためバイト漬けの日々で叶わなかったこと。カザマ商事を買収については、学生時代、金持ちだった風間(中村芝翫)から貧乏であることをバカにされており、見返すために頑張ってきたことを語ります。

滝川と会話する中で、滝川を追い詰めるために作成した書類に、自分の知らない銀行口座の明細が添付されていたことを知った君嶋。さらに、君嶋を府中工場に飛ばしたのは自分ではないと滝川に告げられた君嶋。本当の敵は自分が一番信じていた人物、脇坂だと悟ったのでした。

『ノーサイド・ゲーム』9話の視聴者の声は?

『ノーサイド・ゲーム』9話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

脇坂が黒幕とは!ホワイト滝川の株は爆上がり

『ノーサイド・ゲーム』9話まとめ

一番の見どころは黒幕大どんでん返し。敵のふりした味方と味方のふりした敵、一番信じていた人に裏切られた君嶋さんが辛そうでした。一方で、膝を負傷した浜畑が七尾に「黙ってみとけ」と言い残し、試合に向かう尊い姿も見どころです!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。