『Re:フォロワー』ドラマ1話ネタバレあらすじ!エアリアル様(佐藤流司)の言葉とボイスが美しい

2019年10月5日に放送されたドラマ『Re:フォロワー』1話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

1話では、「クレシダ」メンバーそれぞれの役割に注目。
特にエアリアル様(佐藤流司)の台詞回しが独特な雰囲気です。

TV放送を見逃した方へ!

『Re:フォロワー』の動画は「Hulu」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『Re:フォロワー』1話のあらすじネタバレ

飲食店アルバイトの男が、バイト先の冷蔵庫に潜り込むという悪質動画を消去する寸前、あるアカウントにより拡散され、さらには男の個人情報まで拡散されてしまいました。拡散したアカウントの名前は「クレシダ」。最後に「成敗」と返信をし、クレシダメンバー・池永一十三(西銘駿)は一人、芝生の上で笑うのでした。

全ての始まりは二年前。

二十歳になる前日、フォロワーもフォローもいないSNSで一人メッセージを残し続ける池永。
するとフォロワーが0から1へ変わったのです。@AIRREALという名前のアカウントから届いたメッセージは「お前の力になってやる」。「もう一つの世界から始めよう」と続けて言葉が届いたのです。これが、クレシダの始まりなのでした。

ある図書館に集まっていたのは、池永、原田優作(塩野瑛久)、鯨岡友木(和田雅成)、城江公人(佐藤流司)。集まったとはいっても、会話は全てスマホのSNSを通して行われていました。この四人が「クレシダ」という巨大インフルエンサーの正体なのです。クレシダ宛てに悩みや不満を送ると、選ばれた者にのみ台詞を与え、問題を解決してくれるという噂で、謎の人物としてネットを騒がせているようです。

池永が数ある相談の中から、依頼となるメッセージを一つを選びました。相談内容は「居場所がない、家族を取り戻したい」というもの。早速四人は作業にとりかかります。相談者は町田慎吾(川本成)。彼が用意した朝食には手も付けず、仕事に出かける妻・陽子(片岡明日香)と高校に通う息子・達也(水沢林太郎)。町田は会社をリストラされ、主夫となっていたのでした。

町田のアカウントをもとに、早速調べ始める鯨岡。すぐにとあるサイトを二つ、見つけ出すのでした。それを確認した城江が動きだしました。呟いた一説はウィリアム・シェイクスピアの「テンペスト」。原田は町田の妻・陽子が働く店に行き、陽子と接触することに成功。池永はというと、ある場所へと潜入することとなったのでした。

そして町田にはクレシダから連絡がきます。「家族を失うぞ」という言葉にも「このままの家族ならいらない」と返事をする町田。クレシダはそんな彼に「なら覚悟しろ。新しい家族をやろう」とメッセージを残したのです。

クレシダのメンバーが本格的に動き始めます。

原田は財布を失くしたという嘘を吐き、仲良くなった陽子と食事に出ていました。陽子を口説くことに成功した原田は、そのままホテルに連れ込むことに成功。鯨岡が見つけたサイトの一つである人妻デートクラブには町田の妻・陽子が登録されており、そしてもう一つ、美男子デートクラブというものを見つけ、そこに所属していたのは町田の息子・達也なのでした。陽子がシャワーから出てベッドをめくると、そこにいたのは原田ではなく、息子の達也。その瞬間カメラのシャッター音が鳴り響き、二人の目の前には池永の姿がありました。

種明かしはこうです。達也がいる美男子デートクラブに潜入した池永は、達也に「年上の金持ちの彼女がいるが捨てられそう。若さだけが好きなのかな」と相談をもちかけると、金持ちという言葉に乗った達也。その彼女を試すためという嘘の理由で、原田が陽子を案内した部屋へ達也を行かせていたのでした。

そして、その写真は町田へと届けられ、立て続けにクレシダから「後はお前の自由だ」というメッセージが届きました。帰宅した二人の態度は何も変わりません。町田は届いた画像をそのままにSNS上に拡散したのでした。翌日、達也に詰め寄られ、陽子にも拡散した画像を見せた町田は言うのです。「新しい世界を始めようと思う」と。町田は達也の頬を叩き、陽子に自分も悪かったと謝ったのでした。

『Re:フォロワー』1話の視聴者の声は?

『Re:フォロワー』1話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

エアリアル様(佐藤流司)のイケボに支配される人多数

まとめ猫

エアリアル様こと佐藤流司さんの魅力がわかる1話でした。
役名は城江公人(しろえきみと)です。念のため(笑)私はエア様と呼びます。

『Re:フォロワー』1話まとめ

図書館に集まるクレシダメンバー全員の役割がわかりやすい1話でした。

西銘駿と塩野瑛久のW主演ですが、今回は西銘駿の出番が多かったように思います。これからの4人の活躍に期待ですね。

クレシダ事件という謎はありますが、基本的に1話完結でテンポよく楽しめます。

まねき猫

最後の一手は依頼人に任せるというのが、ナルホドでした!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。