リカ ドラマ7話:リカ全力疾走にターミネータ降臨!タクシーに追いつく笑撃ギャグ

2019年11月23日に放送されたドラマ『リカ』7話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

7話では、「ターミネーターリカ」に注目です。
本間が乗るタクシーを全力疾走で追いかける姿に目がはなせません。

TV放送を見逃した方へ!

『リカ』の動画は「FODプレミアム」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『リカ』7話のあらすじネタバレ

雨宮リカ(高岡早紀)から、転落死した坂井政司(内田健司)みたいになりたくないだろうと脅された金沢千秋(夏奈)は、リカに探偵である原田信也(柏原収史)の情報を教えてしまいます。そしてリカが本間隆雄(大谷亮平)の会話を聞くためと用意した盗聴器まで仕掛けます。

そんなことに気づいていない本間は、会社を訪れた原田を会議室に呼び出します。リカが盗聴している中、本間と原田はリカについて花山病院のことやストーカー対策について話します。ストーカー呼ばわりされたリカは「リカはストーカーなんかじゃない」と激怒します。

原田は本間のデスクを見て、娘の亜矢(稲垣来泉)との写真もしまっておくように助言します。本間は原田の助言通り、写真をバッグにしまい、受付にリカを決して通さないように告げてから会社を出ました。しかし、会社を出てすぐに本間の目の前にリカが現れます。リカは本間に「私はストーカーなんかじゃない」と誤解を解こうとしますが、恐怖を感じた本間は必死にリカから逃げます。タクシーに乗ってなお、尋常ではないスピードで走って追いかけてくるリカ。本間は何とか高速道路に乗って難を逃れます。タクシーを降りた本間はすぐに原田に連絡し、原田から直帰するように助言されます。

一方リカは、自宅に帰っていました。そこに千秋から本間のデスクに飾ってあった娘との写真がメールで送られてきます。千秋は本間が写真をしまう前に撮影していたのです。リカは写真を眺め「かわいい」とほほ笑みます。その後、この写真の右サイドに亜矢を挟むようにして自身の全身写真を貼るリカ。

本間も娘との写真を眺めながら自宅にて仕事にとりかかっていました。しかし、昼間のリカの恐怖が忘れられず苦しめられる本間。そこに原田から本間の自宅を張り込み中だと連絡が入ります。本間は終電の時間まで張り込みをするも、その日は特に異常なく終わります。

翌日、本間と原田はまた会議室で話していました。千秋はそのことをリカに報告するもリカはミシンに夢中で連絡に気づきません。そして、原田は本間に花山病院のスタッフリストを見せます。そこに千秋がコーヒーを持ってきて自分とリカとの関係がばれるのではないかと恐怖していました。

その頃リカは、ミシンで作っていた子供用のワンピースを眺めながら満足そうに微笑んでいます。そしてやっと千秋からの連絡に気づき、千秋に電話をし、本間と原田の会話の内容を聞き出します。千秋は原田が本間の自宅にも通って、リカが来るのを見張っているのではないかと伝えます。電話を切ったリカは原田の写真の見ながら「死ねばいい」と呟きます。

その晩、雨が降る中、本間の自宅を見張っていた原田。終電の時間まで異常なく、本間に張り込み終了のメールをして、帰ろうとしたとこで、振り返るとリカが立っていました。注射器のようなものを振りかざすリカ。そして翌日、原田が隅田川に転落して溺死したニュースが流れます。

本間は今度こそ警察に連絡しようと決心します。そこに警視庁捜査一課、菅原忠司(藤岡正明)が現れます。菅原は原田の警視庁時代の同期でした。本間は菅原を会議室に案内しようとします。すると千秋が会議室を見てくると言って「もう無理」と言いながら盗聴器を外しました。

本間は菅原に原田との最後のメールを見せます。菅原は原田の件は事件性なしと判断されたが、菅原自身は原田の所持品から携帯とタブレットが無くなっていることを不審に思っていると本間に話します。そして、その問題の携帯とタブレットはリカの家にありました。本間は菅原にリカを捜査するように懇願します。菅原は公に捜査はできないが個人的に捜査してみると本間に約束します。

夜になり、本間は自宅にて妻の葉子(徳永えり)にリカのことを話します。本間は葉子に自分にとって一番大切なのは葉子と娘の亜矢だけだと話しました。

一方リカは盗聴器が接続できないことに気が付き、千秋に電話します。しかし電話は繋がりません。「逃げたのね…」とつぶやくリカ。ふと、千秋から送られてきた本間と娘の写真を見て、亜矢の名前と小学校を知ってしまいます。会社でも千秋と連絡が取れずにいました。千秋の実家の番号を調べるように言われ、千秋のエントリーシートを見ると花山病院の文字が。本間はすぐに菅原に連絡しました。

その後、仕事をしていた本間に葉子から亜矢がいなくなったと連絡が入りました。菅原に連絡し、急いで自宅に帰る本間。葉子からリカに連絡して亜矢のことを聞くように言われ、非通知の着信拒否を解除します。するとすぐにリカから電話がきました。リカが原田のことを知っていたと知る本間。そして、亜矢のこともかわいいと話すリカに本間は取り乱して大声を出してしまいます。リカは怒鳴られるのが一番嫌だと幼少期に虐待させられた話をします。本間落ち着きを取り戻し、リカに亜矢を返すように説得しますがリカは「私たち家族になるんだから」と言って話が通じず、リカは一方的に電話を切ってしまいます。すぐに菅原に亜矢はリカのところにいると電話する本間。

そしてリカの家には、亜矢と思われる少女がベッドに横たわっていました。

『リカ』7話の視聴者の声は?

『リカ』7話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

ターミネーターリカ、タクシーに追いつく

汗猫

予告編の段階でターミネーターと話題騒然だったリカの全力疾走シーンキタ!

リカもキレキレでしたが、リカに追われて怯えて叫んでいる大谷亮平の演技もクセになります。タクシーに乗って逃げた隆雄がハアハアしていて、リカが息切れしていないのもターミネーター。

『リカ』7話まとめ

恐怖が加速していきますが、ターミネーター以外にもおかしなところがあり、写真切り貼り家族写真と自称28歳メモには笑ってしまいました。

さて、我慢できず逃げ出してしまった金沢千秋(夏奈)ですが、第1部の感じだと、リカから逃げた人は一応命は助かっています。恋愛ターゲットには執着するけど、利用するための手駒には執着しないと思われるので、金沢千秋(夏奈)は生き残ると予想します。

まねき猫

隆雄の娘の亜矢(稲垣来泉)ちゃんが心配…。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。