『シャーロック』ドラマ2話ネタバレあらすじ!菅野美穂が魅せる!ラブシーンと見紛う自白に釘付け

2019年10月14日に放送されたドラマ『シャーロック』2話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

2話では、ハートフル弁護士・青木藍子(菅野美穂)の悪女顔に注目。
藍子の抱える闇の部分が獅子雄によって詳らかになっていきます。

TV放送を見逃した方へ!

『シャーロック』の動画は「FODプレミアム」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『シャーロック』2話のあらすじネタバレ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が、若宮潤一(岩田剛典)の部屋に転がり込んだ翌日、江藤礼二(佐々木蔵之介)から、新宿駅で女性が亡くなった事件について連絡が入ります。「盛り上がりそうにない」と渋く言う獅子雄に、「魅力的なホトケだよ」とほくそ笑む江藤。

そこで、先ほど寝起きで首を寝違え、全く乗り気でない若宮と共に、遺体安置室を訪れた獅子雄。身分証などの遺留品から、遺体の身元が高橋博美と推測されるも、遺体の手首に「0314」の番号が貼られている事を発見します。江藤と共に「0314」の部屋を調べた獅子雄は、「0314」は高橋博美の成り代わりである可能性を示唆します。そして、獅子雄は失業中の若宮を助手として、連れ回し始めるのでした。

「0314」の身辺調査を始めた獅子雄らは、部屋に残された婚約指輪の送り主・佐々木守(内村遥)を訪問。高橋博美が、2年前に不倫騒動を起こしていた事を知ります。佐々木の親が勝手に調査した結果でしたが、佐々木守の心も冷え切っていました。

そこで、獅子雄らは不倫騒動の際に代理人を務めた弁護士・青木藍子(菅野美穂)を訪問。「0314」の顔写真を見せ、高橋博美かを確認すると、高橋博美本人で間違いないとのこと。その夜、青木の事務所「ダーリントン法律事務所」のアルバイト・河本美沙(岸井ゆきの)から連絡があり、突然の電話に喜ぶ若宮。翌日会うことになります。実は「0314」の顔写真を見た際の青木の態度を不審に思った獅子雄が、様子を探るために仕組んでいたのでした。

一方、「0314」所持していた身分証の発行日から、平成30年4月から成り代わりが始まったにも関わらず、不倫の事実はそれ以前の2年前という矛盾に気がついた獅子雄は、嘘をついてる青木の調査を続けます。

翌日、若宮と河本がデートを楽しむ中、河本は自己破産しており、青木に債務整理をしてもらった過去を告白します。そして、河本は顔写真の人物「0314」が、高橋博美ではない事を認め、確認したいことがあるので、翌日改めて連絡する事を若宮と約束するのでした。

その頃、獅子雄は過去に青木が担当した事件の殺人犯の元へ。「0314」の正体は、両親を殺した殺人犯の妹・山下佐和子(三浦透子)だと確信を得ます。妹はマスコミに追い回されていました。そして、青木のグループセラピーに乗り込んだ獅子雄は、自分の話として「両親を殺したせいで、妹がいなくなった」と意味ありげに話し始めます。そんな獅子雄に親身に寄り添ったような青木は、高校の時、シングルマザーの母親が自殺したという自らの辛い過去を語るのでした。

江藤の調査により、和解後も不倫解消しなかったため、青木が無理やり別れさせたという本物の高橋博美は、1年半前に特殊な鈍器で撲殺され死亡していたことが判明します。獅子雄は、高橋博美を殺しその戸籍を山下佐和子に与えたのが青木であると推理。そこで、河本の身を案じた若宮と獅子雄は、「ダーリントン法律事務所」へ急ぐのでした。

その頃、山下佐和子の写真や戸籍乗っ取りについて青木に問い詰める河本。河本と山下佐和子は顔見知りでした。しかし、青木に過去の恩を着せられ、逆に追い詰められてしまいます。そのとき、獅子雄らがその場に踏み込み、河本は助け出されます。そして、獅子雄が、青木に博美の殺害と戸籍乗っ取りについて、凶器の特殊な鈍器が青木の事務所内に置物であるという証拠を突きつけると、観念した青木が事の顛末を語り、事件は解決するのでした。

『シャーロック』2話の視聴者の声は?

『シャーロック』2話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

菅野美穂の悪女演技は真骨頂!自白シーンにドキドキ

ペロリ猫

自白シーンでは、青木藍子(菅野美穂)の背中に、どういう訳か腕を回す誉獅子雄(ディーン・フジオカ)。「やっぱり面白い」「美しい」というセリフもあり、ラブシーンのようでドキドキしてしまいましたよ。

『シャーロック』2話まとめ

今回は、ボイスチェンジャー初登場(事件解決の役には立っていない)、パスタに難癖をつけ食べない誉獅子雄(ディーンさん本人が小麦アレルギー)、デート中のワトソン君(岩田剛典)に「押せ」のスタンプを送るおちゃめ誉獅子雄など、小ネタは多くありましたが、1話と比較すると全体的にスケールダウンし、平常時の『シャーロック』の空気感が描かれていたように感じました。

比較的単調なストーリー展開でしたが、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)×青木藍子(菅野美穂)、若宮潤一(岩田剛典)×河本美沙(岸井ゆきの)の絵面があまりにも美しすぎて、ずっと見ていられる状態でありました。

また、青木藍子(菅野美穂)は、シャーロックにとって特別な存在「アイリーン」なのではないかという考察もありました。すると、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の中にもやはり何か芽生えているのでしょうか?若宮潤一(岩田剛典)も、河本美沙(岸井ゆきの)に好意を持っている様子です。

今後、何らかの形での再会を期待したいと思います。

まねき猫

ワトソン君の家の鍵はどうしていつも開いてるの?

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。